紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#52「フランスが愛した作家コレット、『青い麦』と『シェリ』の魅力」河野万里子さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で2019年4月25日(木)開催 - 光文社古典新訳文庫

ホーム > イベント/講座アーカイブ , ホーム > 編集部便りアーカイブ > 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#52「フランスが愛した作家コレット、『青い麦』と『シェリ』の魅力」河野万里子さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で2019年4月25日(木)開催

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#52「フランスが愛した作家コレット、『青い麦』と『シェリ』の魅力」河野万里子さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で2019年4月25日(木)開催

img_kinokuya_konomariko01.jpg

思春期を迎えた幼馴染みどうしのぎこちない恋愛を描いた『青い麦』、元高級娼婦と若い恋人との愛の顚末をたどる『シェリ』など、数々の恋愛小説で世界を魅了した、20世紀前半のフランスを代表する作家コレット。その斬新な設定や、読者を引き込む心理描写の妙は、自身の恋愛を色濃く反映したものでもありました。

20歳で結婚し、夫のゴーストライターとしてベストセラー(『クローディア』シリーズ)を著したコレットは、離婚・独立後は、執筆のかたわら、踊り子として舞台に出演したり、同性愛体験や義理の息子との恋愛、生涯三度も結婚したりと、奔放で自由な愛に生きたことで知られます。彼女の人気は絶大で、1920年と1953年にはフランス最高の栄誉であるレジオンドヌール勲章が与えられ、逝去の際にはフランス政府によって国民葬が営まれています。

彼女の死から60年以上経った現在でも、彼女の半生を描いた、キーラ・ナイトレイ主演映画『コレット』が今年5月18日より全国で上映されるなど、コレット人気は衰えるところがありません。

今回の読書会では、2010年に『青い麦』を新訳され、今年5月に『シェリ』の刊行を間近に控えた翻訳者の河野万里子さんをお迎えし、コレット自身とその作品の尽きせぬ魅力について語っていただきます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #52
フランスが愛した作家コレット、『青い麦』と『シェリ』の魅力 河野万里子さんを迎えて
《日時》2019年4月25日(木)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
《定員》50名
《参加費》無料
《参加方法》3月30日(土)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後、ご希望の方には講師の著書・翻訳書にサインをお入れします(為書きは入れられませんのでご容赦ください)。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[河野万里子(こうの・まりこ)さんプロフィール]
上智大学外国語学部フランス語学科卒業。翻訳家。主な訳書に『自閉症だったわたしへ』(ウィリアムズ)、『潜水服は蝶の夢を見る』(ボービー)、『星の王子さま』(サン=テグジュペリ)、『悲しみよ こんにちは』(サガン)、『キュリー夫人伝』(E・キュリー)、『カモメに飛ぶことを教えた猫』(セプルベダ)、『いのちは贈りもの~ホロコーストを生きのびて』(クリストフ)ほか多数。上智大学非常勤講師。
青い麦

青い麦

  • コレット/河野万里子 訳
  • 定価(本体619円+税)
  • ISBN:75219-4
  • 発売日:2010.11.11
  • 電子書籍あり

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月30日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト