光文社古典新訳文庫: コラムアーカイブ

ホーム > コラム記事一覧

コラム 記事一覧

[2018年6月05日]
<あとがきのあとがき> 飛行士作家サン=テグジュペリの豪気な性格は、あの詩的な作品にも生きている!?
──『戦う操縦士』の訳者・鈴木雅生さんに聞く
[2018年1月26日]
<あとがきのあとがき>オイディプスは、今も日々生かされている。
──新訳で照らしだす、古くあたらしい光
『オイディプス王』の訳者・河合祥一郎さんに聞く
[2018年1月11日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.4 松岡享子さんに聞く(8)
[2017年12月11日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.4 松岡享子さんに聞く(7)
[2017年11月10日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.4 松岡享子さんに聞く(6)
[2017年10月11日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.4 松岡享子さんに聞く(5)
[2017年9月11日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.4 松岡享子さんに聞く(4)
[2017年8月10日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.4 松岡享子さんに聞く(3)
[2017年7月10日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.4 松岡享子さんに聞く(2)
[2017年6月12日]
<あとがきのあとがき> ほんとうの「にんじん」は、どこにいるのか?──ジュール・ルナールの不思議 『にんじん』の訳者・中条省平さんに聞く
[2017年6月10日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.4 松岡享子さんに聞く(1)
[2017年3月29日]
〈あとがきのあとがき〉いまこそジュネが必要だ──「言葉」と「幻想」と「思考」のアラベスク  社会に刺さる棘/永遠の鏡としてのジャン・ジュネ 『薔薇の奇跡』の訳者・宇野邦一さんに聞く
[2017年2月21日]
〈あとがきのあとがき〉もう一人のニーチェを掘り起こす 「いま、ここで、生きるということ」──『この人を見よ』の訳者・丘沢静也さんに聞く
[2017年1月30日]
〈あとがきのあとがき〉100年前からもうポストモダン!?  唯一無二の作家、ウラジーミル・ナボコフの不思議な魅力 『偉業』の訳者・貝澤哉さんに聞く
[2016年11月24日]
〈あとがきのあとがき〉ゴリオは、娘をダメにした変態オヤジかも?
『ゴリオ爺さん』の訳者・中村佳子さんに聞く

前ページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト