《書評》『トム・ソーヤーの冒険』―日本経済新聞2012年7月22日 - カフェ光文社古典新訳文庫 Blog

カフェ光文社古典新訳文庫 Blog:毎月のトークイベント「カフェ光文社古典新訳文庫」のレポートなど
光文社古典新訳文庫からのお知らせを中心に、翻訳書籍についての
情報をお届けし、読書の楽しみをみなさんと分かち合う場です。


ホーム > 書評 > 《書評》『トム・ソーヤーの冒険』―日本経済新聞2012年7月22日

《書評》『トム・ソーヤーの冒険』―日本経済新聞2012年7月22日

トム・ソーヤーの冒険

日本経済新聞・読書ページ「活字の海で/児童文学を新訳の文庫で 海外の名作の刊行相次ぐ」(2012年7月22日)の記事で、6月に刊行した『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン 土屋京子/訳)を取り上げていただきました。

古典新訳文庫と新潮文庫の『トム・ソーヤーの冒険』をはじめ、海外の児童文学を新訳の文庫本で刊行する動きが相次ぎ、その内容も大人が読み返しても楽しめるものになっていると詳しく紹介されています。

『トム・ソーヤーの冒険』の訳については↓

「平易な文章で読みやすいという印象を払拭するような、格調高い文体で全編が彩られている。マーク・トウェインが19世紀に執筆した原著の表現により近づけたという完訳版だ。

 翻訳した土屋京子氏は当初、現代ふうの簡潔な文に置き換えることも考えた。しかし「トムはただの無邪気でわんぱくな少年ではない。見えっぱりだったり叱られていじけたりと、子供の繊細な内面をトウェインは丁寧に描写している」と感じ、原文の硬質な言葉や入り組んだ表現を生かすことにしたという。」


また、古典新訳文庫ではこれまでも『秘密の花園』や『鹿と少年(子鹿物語)』を出していることにも触れ、編集長の駒井のコメントも紹介していただきました。

「日本では子供向けに内容を抜粋した抄訳の本が多かった。『トム・ソーヤーの冒険』でも『塀塗り』など一部の章だけが多くの人の記憶に残っている。全体像を知らないのはもったいないという気持ちが強く、手に取りやすい装丁と価格で全訳本を出したかった。」


そして、ヴィレッジブックスの「新訳"おとなの少女文学"」シリーズ、新潮文庫からは、「新訳名作コレクション」の一環で『トム・ソーヤーの冒険』、『オズの魔法使い』、『海底二万里』が3ヶ月連続で出版されるというという、まさに"相次ぐ児童文学の新訳刊行"。
いよいよ夏休みシーズン到来。大人の夏休みに、子供の頃に読んだ名作をもう一度手に取ってみてはいかがでしょうか。


『トム・ソーヤーの冒険』は光文社古典新訳文庫感想文コンクールの対象図書です。
中学生、高校生だけではなく、大学生・一般の読者のみなさんからの応募も受け付けています。ぜひ、ご応募ください。
光文社古典新訳文庫感想文コンクールの詳細は>>

cover149.jpg
『トム・ソーヤーの冒険』
トウェイン/土屋京子 訳
定価(本体933円+税)



  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年7月24日 光文社古典新訳文庫編集部 |


メニュー

新着情報

書評

近刊

光文社古典新訳文庫感想文コンクール2012 pdf_title_blog03.gif