『桜の園/プロポーズ/熊』(チェーホフ/浦 雅春 訳) - カフェ光文社古典新訳文庫 Blog

カフェ光文社古典新訳文庫 Blog:毎月のトークイベント「カフェ光文社古典新訳文庫」のレポートなど
光文社古典新訳文庫からのお知らせを中心に、翻訳書籍についての
情報をお届けし、読書の楽しみをみなさんと分かち合う場です。


ホーム > 『桜の園/プロポーズ/熊』(チェーホフ/浦 雅春 訳)

桜の園/プロポーズ/熊

桜の園/プロポーズ/熊

  • チェーホフ/浦 雅春 訳
  • 定価(本体876円+税)
  • ISBN:75259-0
  • 発売日:2012.11.13

登場人物が際立つ絶妙のセリフまわし翻訳史に残る会心の新訳!
抱腹絶倒の一幕物2編も収録!!

作品

美しく咲いた桜の園に5年ぶりに当主ラネフスカヤ夫人が帰ってきた。彼女を喜び迎える屋敷の人々。しかし広大な領地はまもなく競売にかけられることになっていた(「桜の園」)。滑稽で支離滅裂ぶりが笑いを誘うボードビル2つを併せて収録、チェーホフ喜劇の真髄を味わう。


内容

チェーホフは深刻な芝居と軽佻浮薄な(と考えられてい る)ボードビルのあいだに差異をおいていなかった。そ れを知ってもらうために、『プロポーズ』と『熊』を本書 に収め、長めの解説をつけた。(訳者)


アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ
[1860−1904] ロシアの作家。南ロシアのタガンローグ生まれ。モスクワ大学医学部入学と同時に新聞・雑誌への執筆を始め、生涯に600編にのぼる作品を残した。ロシア文学伝統の長編と決別し、すぐれた短編に新境地を開いた。晩年には戯曲に力を注ぎ、『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』の4作品は世界的な名作との呼び声が高い。44歳の誕生日にモスクワ芸術座で『桜の園』を初演。直後、体調を崩して病状が悪化し、7月療養先の南ドイツで死去。代表作に『退屈な話』『かわいい女』『犬を連れた奥さん』『中二階のある家』『いいなずけ』などの短編がある。
[訳者]浦 雅春
1948年生まれ。東京大学教授。チェーホフを中心としたロシア文学、ロシア・アヴァンギャルド芸術の研究を手がける。著書『チェーホフ』ほか、『鼻/外套/査察官』(ゴーゴリ)、『ワーニャ伯父さん/三人姉妹』『かもめ』『馬のような名字 チェーホフ傑作選』(チェーホフ)、『メイエルホリド 演劇の革命』(E.ブローン、共訳)、『牛山羊の星座』『チェゲムのサンドロおじさん』(イスカンデル、共訳)などの訳書がある。
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


メニュー

新着情報

近刊

光文社古典新訳文庫感想文コンクール2012 pdf_title_blog03.gif