『孤独な散歩者の夢想』(ルソー/永田千奈 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > 孤独な散歩者の夢想

孤独な散歩者の夢想

孤独な散歩者の夢想

  • ルソー/永田千奈 訳
  • 定価(本体990円+税)
  • ISBN:75257-6
  • 発売日:2012.9.12
  • 電子書籍あり

怨嗟、愉悦、嘆き......ルソー晩年の内なる声が聞こえてくる。

作品

精神の自由な戯れ、理性と感性の狭間で浮かんでくるさまざまな想い。ここにはあの"偉人ルソー"はいない。迫害妄想に悩まされたのち訪れた平穏のなかで書かれた、ルソー最後の省察。


内容

晩年、孤独を強いられたルソーが、日々の散歩のなかで浮かび上がる想念や印象をもとに、自らの生涯を省みながら自己との対話を綴った10の"哲学エッセイ"。「思索」ではなく、「夢想」に身をゆだねたその真意は? 他作品との繋がりにも言及した中山元氏による詳細な解説が付く。


訳者あとがきより

独り言にしては声が大きい。だが、こちらに話しかけているのかどうか、定かではない。現代の場合、よくよく見れば、なんだ携帯電話、いやスマホで通話中だったのか、となるところである。本書を訳していて、ふとそんな光景が浮かんだ。偉大なる思想家を前に、現代の光景を引き合いにだして恐縮だが、『孤独な散歩者の夢想』には、対話と独り言のあいだを漂っているような印象があるのだ。自分自身との対話、ということになるのだろうか。......

永田千奈さんの『孤独な散歩者の夢想』うらあとがき

本作を訳しているあいだ、永田千奈さんの頭のなかで繰り広げられた妄想のルソーさん?!(2012.10.19up)

『孤独な散歩者の夢想』うらあとがき/永田千奈

夜のお店に行ったことはないが、ホステスさんはこんな気持ちで働いているのではないだろうか。

ある晩、年配の客がやってくる。客はルソーさんという。店のママさんによれば、「昔はえらかった」人らしい。このルソーさん、愚痴が多い。

「僕ねえ、病み上がりなんです。いや、病気じゃなくてね、転んだんです。犬にぶつかって。そしたら、皆、僕が死んだと思ったらしいんです。ひどいと思いません? 皆が僕のこといじめるんですよ。そんな、人の恨みを買うようなこと、した覚えないんですよ。それなのに......」

水割り一杯で、すでに泣きが入っている。
「僕はねえ、ほんとうに正直な人間で、嘘なんて、一回もついたことない。いや、一回だけあるか。うーん。一回だけじゃないなあ。あれ、ほかにもあるわ。うーん、どうしてだろう」

とぼとぼと考えながら帰っていったルソーさんは、翌晩もやってきた。
「あんた、スイス行ったことある? ビエンヌ湖って知ってる? 知らないよねえ。有名じゃないもん。いいとこだよ。誰もいなくて。ああ、帰りたくなっちゃったなあ。写真もないからさあ、自分で思い出すしかないんだよね」

かくしてルソーさんは何度も店に現れ、一人語っては帰っていく。植物図鑑持参で、ウツボグサについて二時間語った日もあれば、欠けた指先を見せながら、子供時代のけがについてどこか自慢げに話した日もあった。私はそれをただひらすら聞き、「うんうん、そうですよね」などと適当に相槌を打ちつつ、こっそり書きとめておく。
「僕ね、母を知らずに育ったんで、年上の女性(ひと)に弱いんです。昔、世話になったご婦人がきれいな人でねえ。僕が今あるのは、あの人のおかげですよ」
ルソーさんは老いた目に涙を浮かべていた。ハンカチを差し出す間もなく、おしぼりで涙をぬぐうと、ルソーさんは店を出て行ってしまった。


以上は『孤独な散歩者の夢想』を訳しているあいだ、私の頭のなかで繰り広げられ妄想である。その晩をさかいにルソーさんは店にこなくなった。「あの人、最近こないねー」などと言いつつ、私はそれが彼の死を意味していることを知っている。愚痴っぽい爺さんだと思ったが、その言葉にはほかの人にはない深みや重みがあり、今更ながらに、「あの人、嫌いじゃなかったなあ。もっと、お話聞きたかったなあ」などと思う、だめホステスの私がいる。ルソーさん、パンテオン(偉人廟)の住み心地はいかがですか。こんどパリを訪れることがあったら、会いにゆきますね。

Close
ジャン=ジャック・ルソー
[1712-1778] フランスの思想家。スイスのジュネーヴで時計職人の息子として生まれる。16歳でカトリックに改宗。家庭教師等をしながら各地を放浪し、大使秘書を経て、37歳で応募したアカデミーの懸賞論文『学問芸術論』が栄冠を獲得。意欲的な著作活動を始める。『人間不平等起源論』と本書『社会契約論』で人民に主権があると主張し、その思想はのちのフランス革命を導くこととなった。主著に『新エロイーズ』『エミール』『告白』など。
[訳者]永田千奈
東京生まれ。翻訳家。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒。主な訳書に『ある父親』(ラカン)、『それでも私は腐敗と闘う』(ベタンクール)、『サーカスの犬』(ルーボディ)、『海に住む少女』(シュペルヴィエル)、『女の一生』(モーパッサン)などがある。
《関連刊行本》
『社会契約論/ジュネーヴ草稿』(ルソー/中山 元 訳)
『海に住む少女』(シュペルヴィエル/永田千奈 訳)
『孤独な散歩者の夢想』(ルソー/永田千奈 訳)
『女の一生』(モーパッサン/永田千奈 訳)
『人間不平等起源論』(ルソー/中山 元 訳)
『クレーヴの奥方』(ラファイエット夫人/永田千奈 訳)
『ひとさらい』(シュペルヴィエル/永田千奈 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト