『ひとさらい』(シュペルヴィエル/永田千奈 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト>ひとさらい

ひとさらい

ひとさらい

  • シュペルヴィエル/永田千奈 訳
  • 定価(本体920円+税)
  • ISBN:75280-4
  • 発売日:2013.11.8

不幸な子供ばかりをさらうビグア大佐の秘密とは......
若き日の澁澤龍彦も愛した、切なくも官能的な物語。

作品

大佐の過激な「親心」には誰もが同情を寄せる。一方、それが欲情や嫉妬といったごく単純な感情のために悲劇的結末を招くことに衝撃を受けるだろう。「家族のありかた」を描いたシュペルヴィエルの傑作、第二弾。


物語

貧しい親に捨てられたり放置されたりしている子供たちをさらうことで自らの「家族」を築き、威厳ある父親となったビグア大佐。だが、とある少女を新たに迎えて以来、彼の「親心」は、それとは別の感情とせめぎ合うようになり......。心優しい誘拐犯の悲哀がにじむ物語。待望の新訳!


ジュール・シュペルヴィエル
[1884−1960]ウルグアイの首都、モンテヴィデオで生まれた。両親はフランス人。10歳のときにフランスに戻り、フランス語で書くことを選ぶ。2つの国に引き裂かれた人生から、独特の複眼的な視点による、幻想的な美しい作品を描いた。詩人、作家。詩集『重力』など。本作『ひとさらい』は1926年の作品。戦後日本の詩人たちに大きな影響を与え、現在に至るまで、コアなファンをもっている。
[訳者]永田千奈
東京生まれ。翻訳家。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒。主な訳書に『ある父親』(シビル・ラカン)、『それでも私は腐敗と闘う』(イングリッド・ベタンクール)、『サーカスの犬』(リュドヴィック・ルーボディ)、『海に住む少女』(シュペルヴィエル)、『女の一生』(モーパッサン)、『孤独な散歩者の夢想』(ルソー)などがある。

《関連刊行本》
『海に住む少女』(シュペルヴィエル/永田千奈 訳)
『孤独な散歩者の夢想』(ルソー/永田千奈 訳)
『女の一生』(モーパッサン/永田千奈 訳)
『クレーヴの奥方』(ラファイエット夫人/永田千奈 訳)
『ひとさらい』(シュペルヴィエル/永田千奈 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト