『チャタレー夫人の恋人』( D・H・ロレンス/木村政則 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト>チャタレー夫人の恋人

チャタレー夫人の恋人

チャタレー夫人の恋人

  • D・H・ロレンス/木村政則 訳
  • 定価(本体1,700円+税)
  • ISBN:75297-2
  • 発売日:2014.9.11
  • 電子書籍あり

従来の作品イメージをくつがえす新訳。
現代を生きるコニーとメラーズたちへ!

作品

この作品ほど誤解と中傷にさらされてきた作品はない。過激な性描写のみが話題にされ、ロレンスが描こうとした「生の喜び」というテーマは長い間忘れ去られてきた。登場人物たちの苦悩や絶望は、きわめて現代的であり、今を生きる我々にとって隣人と呼べる存在なのだ。


物語

上流階級の令夫人であるコニーは、戦争で下半身不随となった夫の世話をしながら、生きる喜びのない日々を送っていた。そんなとき、屋敷の森番メラーズに心奪われ、逢瀬を重ねることになるが......。地位や立場を超えた愛に希望を見つけようとする男女を描いた至高の恋愛小説。


〈あとがきのあとがき〉D・H・ロレンスの速さと荒さ、その異質性 『チャタレー夫人の恋人』の訳者・ 木村政則さんに聞く

D・H・ロレンス
[1885−1930] イギリスの小説家。イギリス中部の小さな炭坑町イーストウッドで労働者階級の家に生まれる。幼少時から書物を愛し、大学に入ると本格的に詩や小説を書くようになる。ロンドン郊外で小学校教師を務める一方、文芸誌に詩と短篇が掲載されたのをきっかけにパウンド、ウェルズなどとも交流。最愛の母の死をきっかけに故郷に戻り、長篇『息子と恋人』を完成させる。その後、大学教授の妻であったドイツ人の女性と駆け落ちして結婚。小説『虹』が発禁処分となったり、スパイ容疑で居住地を退去させられたりという逆境にもめげず精力的に創作を続け『恋する女たち』『カンガルー』『翼ある蛇』などを発表。晩年、結核を患いつつも、1928年に『チャタレー夫人の恋人』を書き上げた。
[訳者]木村政則
1968年生まれ。英米文学翻訳家。専門は20世紀イギリス小説。著書に『20世紀末イギリス小説──アポカリプスに向かって』。訳書に『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』(モーム)、『バン、バン!  はい死んだ──ミュリエル・スパーク傑作短篇集』などがある。

《関連刊行本》
『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』(モーム/木村政則 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト