『プークが丘の妖精パック』(キプリング/金原瑞人・三辺律子 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Books > プークが丘の妖精パック

プークが丘の妖精パック

プークが丘の妖精パック

  • キプリング/金原瑞人・三辺律子 訳
  • 定価(本体880円+税)
  • ISBN:75121-0
  • 発売日:2007.1.11
  • 電子書籍あり

イギリスの歴史の情景を生き生きと描いたファンタジー。
邦訳が待望された、児童文学の代表作


作品

イギリスで時代を超えて愛され、読み継がれてきた珠玉の児童文学。
妖精を案内役に、キプリングが紡ぎ出す世界は、大人の心にも歴史の芳醇な香りを残す。


物語

ダンとユーナの兄妹は、丘の上で遊んでいるうちに偶然、妖精のパックを呼び起こしてしまう。パックは魔法で子供たちの前に歴史上の人物を呼び出し、真の物語を語らせる。伝説の剣、騎士たちの冒険、ローマの百人隊長......。兄妹は知らず知らず古き歴史の深遠に触れるのだった。

ラドヤード・キプリング
[1865-1936] イギリスの詩人・小説家。インドのボンベイで、芸術に縁の深い家に生まれる。7歳で妹とイギリスに送られ孤独な少年時代を送るが、このころ文才が目覚める。過度の読書で目が悪くなり軍人志望を断念、インドに戻り文筆活動に。多岐にわたる創作意欲は晩年まで衰えなかった。1907年ノーベル文学賞受賞。主な作品に『ジャングル・ブック』『少年キム』など。
[訳者]金原瑞人
1954年生まれ。法政大学社会学部教授。翻訳のほか、エッセイ、評論など幅広く手がけている。訳書に『幸せな王子』(ワイルド)、『タイムマシン』(ウェルズ)、『ブラッカムの爆撃機』(ウェストール)など多数。
[訳者]三辺律子
白百合女子大学大学院修了。翻訳家。訳書に『龍のすむ家』(ダレーシー)、『呪われた航海』(ローレン)、『だれも知らないサンタの秘密』(スノウ)、『心の宝箱にしまう15のファンタジー』(エイキン)など多数。
《関連刊行本》
『武器よさらば(下)』(ヘミングウェイ/金原瑞人 訳)
『武器よさらば(上)』(ヘミングウェイ/金原瑞人 訳)
『プークが丘の妖精パック』(キプリング/金原瑞人・三辺律子 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト