『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』(オブライエン/南條竹則 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > 不思議屋/ダイヤモンドのレンズ

不思議屋/ダイヤモンドのレンズ

不思議屋/ダイヤモンドのレンズ

  • オブライエン/南條竹則 訳
  • 定価(本体1,000円+税)
  • ISBN:75301-6
  • 発売日:2014.11.12
  • 電子書籍あり

豊﨑由美さん推薦!
「幼心を顕微鏡でのぞいてみれば、いともたやすく驚異の世界に入っていける。
そのことを思い出すために、F‐J・オブライエンの小説がある。」

作品

完全な顕微鏡を完成させた素人学者が、覗いてみた水滴の中に完璧な美をもつ女性を見出す「ダイヤモンドのレンズ」。ロボット物の古典として評価の高い「不思議屋」。独創的な才能を発揮しポーの後継者と呼ばれるオブライエンの幻想、神秘、奇想に富む8作を収録した傑作短篇集。


内容

「妖美という言葉が真に当てはまる小説をいくつか挙げてみろと言われたら、わたしは躊躇いなく『ダイヤモンドのレンズ』をその一つに数えるでしょう」(訳者)。怪奇幻想小説の新訳で大注目の南條竹則氏。その南條氏が、自身の思い出とシンクロする表題作を含め、愛着ある作品ばかりで編んだ珠玉の八篇をお贈りします。


収録作品
  • ダイヤモンドのレンズ
  • チューリップの鉢
  • あれは何だったのか?──1つの謎──
  • なくした部屋
  • 墓を愛した少年
  • 不思議屋
  • 手品師ピョウ・ルーが持っているドラゴンの牙
  • ハンフリー公の晩餐

〈あとがきのあとがき〉「ロマン派+SF的」というオブライエンの特異性 『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』の 訳者・南條竹則さんに聞く
音楽をこよなく愛する者が、音楽とカバラをテーマにした驚異の小説を訳す ──『人間和声』の訳者・南條竹則さんに聞く
『秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集』「温泉郷でブラックウッドを翻訳す」 南條竹則さんに聞く
"最速重版"の記録をもつブラックウッド短篇集『秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集』刊行時(2012年1月)のインタビュー
フィッツ=ジェイムズ・オブライエン
[1828-1862] アイルランド生まれのアメリカの小説家。ダブリン大学で教育を受けた後、ロンドンに出るが、遊蕩三昧の生活で遺産を使い果たしてしまい、24歳でニューヨークに渡る。新聞・雑誌に小説や評論を寄稿しながら贅沢な生活を送っていたが、貧困に陥り、南北戦争勃発を機に北軍に入隊。ようやく赴いた前線で敵方の将校との決闘になり、その時に受けた傷がもとで34歳の若さで亡くなった。
[訳者]南條竹則
東京生まれ。小説『酒仙』で第5回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。著書に小説『満漢全席』『あくび猫』『りえちゃんとマーおじさん』、エッセイ『恐怖の黄金時代──英国怪奇小説の巨匠たち』『ドリトル先生の英国』、主な訳書にアンソロジー『怪談の悦び』、『ねじの回転』(ジェイムズ、共訳)、『アーネスト・ダウスン作品集』、『新アラビア夜話』(スティーヴンスン、共訳)、『木曜日だった男 一つの悪夢』(チェスタトン)、『白魔』(マッケン)、『天来の美酒/消えちゃった』(コッパード)、『秘書綺譚』(ブラックウッド)など。
《関連刊行本》
『秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集』(ブラックウッド/南條竹則 訳)
『盗まれた細菌/初めての飛行機』(ウェルズ/南條竹則 訳)
『白魔』(マッケン/南條竹則 訳)
『木曜日だった男 一つの悪夢』(チェスタトン/南條竹則 訳)
『新アラビア夜話』(スティーヴンスン/南條竹則・坂本あおい 訳)
『天来の美酒/消えちゃった』(コッパード/南條竹則 訳)
『人間和声』(ブラックウッド/南條竹則 訳)
『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』(オブライエン/南條竹則 訳)
『ケンジントン公園のピーター・パン』(バリー/南條竹則 訳)
『カンタヴィルの幽霊/スフィンクス』(ワイルド/南條竹則 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト