『アッシャー家の崩壊/黄金虫』(ポー/小川高義 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト>アッシャー家の崩壊/黄金虫

アッシャー家の崩壊/黄金虫

アッシャー家の崩壊/黄金虫

  • ポー/小川高義 訳
  • 定価(本体880円+税)
  • ISBN:75331-3
  • 発売日:2016.5.12

怪奇の館、名探偵、暗号解読......
エドガー・アラン・ポーの"傑作中の傑作"を集めた新訳短篇集第2弾!

作品

陰鬱な邸に旧友を訪ねた私。神経を病んで衰弱した友と過ごすうち、恐るべき事件は起こる......。ゴシックホラーの名作「アッシャー家の崩壊」、名探偵デュパンの類稀な洞察力が発揮される「盗まれた手紙」、暗号解読と宝探しが痛快な「黄金虫」など、ポーの代表的短篇7篇と詩2篇を収録。


めくるめくポー・ワールドを堪能せよ!

収録作品
  • アッシャー家の崩壊
  • アナベル・リー
  • ライジーア
  • 大鴉(おおがらす)
  • ヴァルデマー氏の死の真相
  • 大渦巻への下降
  • 群衆の人
  • 盗まれた手紙
  • 黄金虫(こがねむし)
エドガー・アラン・ポー
[1809−1849]アメリカの作家、詩人。推理小説の祖とも言われる。計算された恐怖を創作する「理詰めの芸術派」。旅役者の両親に早く死なれ、27歳のとき13歳の従妹と結婚するが病気で先立たれ、職に恵まれず酒に溺れる。断酒会に参加したものの40歳で死去。主な作品に「黒猫」、「モルグ街の殺人」、「アッシャー家の崩壊」、「黄金虫」、詩集「大鴉」がある。
[訳者]小川高義
1956年生まれ。東京工業大学名誉教授。著書に『翻訳の秘密』。訳書に『低地』(ラヒリ)、『さゆり』(ゴールデン)、『骨』(フェイ・ミエン・イン)、『オリーヴ・キタリッジの生活』(ストラウト)、『老人と海』(ヘミングウェイ)、『緋文字』(ホーソーン)、『黒猫/モルグ街の殺人』(ポー)、『若者はみな悲しい』『グレート・ギャッツビー』(共にフィッツジェラルド)ほか多数。
《関連刊行本》
『黒猫/モルグ街の殺人』(ポー/小川高義 訳)
『若者はみな悲しい』(フィッツジェラルド/小川高義 訳)
『老人と海』(ヘミングウェイ/小川高義 訳)
『緋文字』(ホーソーン/小川高義 訳)
『グレート・ギャッツビー』(フィッツジェラルド/小川高義 訳)
『アッシャー家の崩壊/黄金虫』(ポー/小川高義 訳)
『アウルクリーク橋の出来事/豹の眼』(ビアス/小川高義 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト