『若草物語』(オルコット/麻生九美 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト >若草物語

若草物語

若草物語

  • オルコット/麻生九美 訳
  • 定価(本体1,260円+税)
  • ISBN:75363-4
  • 発売日:2017.10.11

150年の間
世界中の女子が夢中で読んできた名作
鮮度抜群な新訳!

作品

「あるべき家庭生活ではなく、家族一人ひとりの喜怒哀楽を描くことでより真実味のあるホームドラマに仕立てたところが、『若草物語』の画期的な側面だった」(訳者)。今も全世界で愛されるベストセラー!


物語

メグ、ジョー、ベス、エイミー。感性豊かで個性的な四姉妹と、南北戦争に従軍する父親に代わり家を守る堅実な母親との、1年間の物語。隣家のローレンス氏や少年ローリーらとの交流を通し、少女たちは大人に近づいていく。ティーンエイジャーの日常を生き生きと描く、不朽の名作!


解説

麻生九美


ルイーザ・メイ・オルコット Louisa May Alcot
[1832‐88] アメリカの小説家。進歩的な思想家・教育者である父ブロンソン・オルコットと母アビゲイルの次女としてフィラデルフィアで生まれる。家計を助けるため、16歳ごろから執筆を始める。同時に家庭教師やメイドなどさまざまな仕事もしながら書き続け、四姉妹の日常生活を描いてベストセラーとなった自伝的小説『若草物語』で作家としての地位を築く。以後、家計の貧困からは解放されるが、旺盛な執筆活動を続ける。父の他界を見送った2日後である1688年3月4日、55年の生涯を閉じる。著書はほかに『病院のスケッチ』『気まぐれ』『仕事:経験物語』など多数。なお、『若草物語』は第4部まで刊行された。
[訳者]麻生九美 Asou Kumi
東京生まれ。翻訳家。早稲田大学卒業。訳書に、『ナージャ わが道をゆく』(サレルノ=ソネンバーグ)『ナマズ入江の大洪水』(バーマン)『アベルの島』(スタイグ)『永遠の少年少女――アンデルセンからハリー・ポッターまで』(ルーリー)『フェルトリネッリ――イタリアの革命的出版社』(カルロ・フェルトリネッリ)『パブリッシャー―出版に恋をした男』(マシュラー)など多数。
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト