『失われた時を求めて6 第三篇「ゲルマントのほうⅡ」』(プルースト/高遠弘美 訳) - 光文社古典新訳文庫

ホーム > 刊行本リスト > 失われた時を求めて6

失われた時を求めて6

失われた時を求めて6 第三篇 「ゲルマントのほうⅡ」

  • プルースト/高遠弘美 訳
  • 定価(本体1,260円+税)
  • ISBN:75381-8
  • 発売日:2018.7.11
  • 電子書籍あり

個人全訳の決定版
物語屈指の名場面を擁する第6巻
ヴィルパリジ夫人のサロンで目にした壮大な滑稽劇

作品

第三篇「ゲルマントのほう」は『失われた時を求めて』のなかでも、社交界の皮相さを通じて、スノッブな人間たちが織りなす壮大な滑稽劇を見事に描きつくした類い稀な小説である。本巻の最後は悲しいエピソードで幕を閉じることになるけれど、そこにふと顔を出す人物たちの滑稽さを描くときにもプルーストは容赦ない。(訳者)


物語

ヴィルパリジ夫人のサロンに招かれた語り手は、ドレフュス事件や藝術の話に花を咲かせる社交界の人びとを目の当たりにする。一方、病気の祖母の容態はさらに悪化し、語り手一家は懸命に介護するのだが............。第三篇「ゲルマントのほう」(一)後半と、(二)前半を収録。〈全14巻〉

img_20120307_pr.jpg
プルースト「失われた時を求めて」の魅力
高遠弘美さん×古屋美登里さん
2012年3月7日(水)収録
YouTube[古典新訳文庫チャンネル]>>
マルセル・プルースト
[1871−1922]フランスの作家。パリ郊外オートゥイユで生まれる。9歳のとき喘息の発作を起こし、以来、生涯を通じて宿痾となる。十代は母親の愛情を一身に受けて育ち、パリ大学進学後は社交界に出入りするかたわら文学に励む。三〇代の初めに両親と死別、このころから本格的にエッセイやラスキンの翻訳を手がけるようになる。1912年、『失われた時を求めて』の原型ができあがり、1913年第一篇「スワン家のほうへ」を自費出版。その後もシリーズは続き、1922年第四篇「ソドムとゴモラII」が刊行されるが、気管支炎が悪化し、全七篇の刊行を見ることなく死去。最終巻は1927年になって刊行された。
[訳者]高遠弘美
1952年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。明治大学教授、フランス文学者。著書に『プルースト研究』『乳いろの花の庭から』。訳書に『消え去ったアルベルチーヌ』(プルースト)、『完全版突飛なるものの歴史』『悪食大全』『乳房の神話学』(以上ロミ)、『珍説愚説辞典』(カリエール&ベシュテル)、『完訳Oの物語』(P・レアージュ)など多数。編著に『矢野峰人選集』。共著多数。
《関連刊行本》
『失われた時を求めて6 第三篇「ゲルマントのほうⅡ」』(プルースト/高遠弘美 訳)
『失われた時を求めて5 第三篇「ゲルマントのほうⅠ」』(プルースト/高遠弘美 訳)
『失われた時を求めて4 第二篇「花咲く乙女たちのかげにⅡ」』(プルースト/高遠弘美 訳)
『失われた時を求めて3 第二篇「花咲く乙女たちのかげにI」』(プルースト/高遠弘美 訳)
『失われた時を求めて2 第一篇「スワン家のほうへII」』(プルースト/高遠弘美 訳)
『失われた時を求めて1 第一篇「スワン家のほうへI」』(プルースト/高遠弘美 訳)
『消え去ったアルベルチーヌ』(プルースト/高遠弘美 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト