『人間不平等起源論』(ルソー/中山 元 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > 人間不平等起源論

人間不平等起源論

人間不平等起源論

  • ルソー/中山 元 訳
  • 定価(本体780円+税)
  • ISBN:751628
  • 発売日:2008.8.7
  • 電子書籍あり

人間はどのようにして自由と平等を失ったのか?格差社会に生きる現代人に贈るルソーの代表作

作品

ルソーは人類の歴史を語りながら、人間がどのように「進歩」することで「退歩」してきたかをさまざまに考察する。そして人々が自由に生きることのできる社会の可能性を模索する。(訳者)


内容

わたしたちは、フランス革命を導いたルソーの代表作である本書と『社会契約論』に繰り返し立ち戻ることで、国民がほんとうの意味で自由で平等であるとはどういうことなのか、どうすれば国民が真の主権を維持できるのかを、自分の問題として問い直すことができるはずである。


ジャン=ジャック・ルソー
[1712-1778] フランスの思想家。スイスのジュネーヴで時計職人の息子として生まれる。16歳でカトリックに改宗。家庭教師等をしながら各地を放浪し、大使秘書を経て、37歳で応募したアカデミーの懸賞論文『学問芸術論』が栄冠を獲得。意欲的な著作活動を始める。本書『人間不平等起源論』と『社会契約論』で人民に主権があると主張し、その思想はのちのフランス革命を導くこととなった。主著に『新エロイーズ』『エミール』『告白』など。
[訳者]中山 元
1949年生まれ。哲学者、翻訳家。主著に『思考のトポス』『フーコー入門』『はじめて読むフーコー』『思考の用語辞典』『賢者と羊飼い』『フーコー 生権力と統治性』『フーコー 思考の考古学』ほか。訳書に『自我論集』『エロス論集』『幻想の未来/文化への不満』『人はなぜ戦争をするのか』(以上、フロイト)、『パピエ・マシン(上・下)』(デリダ)、『永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編』『純粋理性批判1』(カント)、『人間不平等起源論』『社会契約論/ジュネーヴ草稿』(共にルソー)、『職業としての政治 職業としての学問』『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(共にウェーバー)、『善悪の彼岸』『道徳の系譜学』(共にニーチェ)ほか多数。
《関連刊行本》
『道徳形而上学の基礎づけ』(カント/中山 元 訳)
『道徳の系譜学』(ニーチェ/中山 元 訳)
『純粋理性批判7』(カント/中山 元 訳)
『純粋理性批判6』(カント/中山 元 訳)
『純粋理性批判5』(カント/中山 元 訳)
『純粋理性批判4』(カント/中山 元 訳)
『純粋理性批判3』(カント/中山 元 訳)
『純粋理性批判2』(カント/中山 元 訳)
『純粋理性批判1』(カント/中山 元 訳)
『社会契約論/ジュネーヴ草稿』(ルソー/中山 元 訳)
『永遠平和のために/啓蒙とは何か』(カント/中山 元 訳)
『幻想の未来/文化への不満 フロイト文明論集1』(フロイト/中山 元 訳)
『実践理性批判2』(カント/中山 元 訳)
『孤独な散歩者の夢想』(ルソー/永田千奈 訳)
『存在と時間3』(ハイデガー/中山 元 訳)
『存在と時間2』(ハイデガー/中山 元 訳)
『存在と時間1』(ハイデガー/中山 元 訳)
『善悪の彼岸』(ニーチェ/中山 元 訳)
『人間不平等起源論』(ルソー/中山 元 訳)
『人はなぜ戦争をするのか エロスとタナトス/フロイト文明論集2』(フロイト/中山 元 訳)
『ユダヤ人問題に寄せて/ヘーゲル法哲学批判序説』(マルクス/中山 元 訳)
『ドストエフスキーと父親殺し/不気味なもの』(フロイト/中山 元 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト