マルクスは新しい!:

ホーム > 書評: 2010年8月

「今、再びマルクスに光」ー2010年8月23日 朝日新聞朝刊

2010年8月23日の 朝日新聞に、「今、再びマルクスに光 入門・解説書や新訳、相次ぎ刊行」と題した記事が掲載されています。

光文社古典新訳文庫『経済学・哲学草稿』(長谷川宏/著)を6月に刊行しましたが、

その他にも6月以降、

『若者よ、マルクスを読もう』(内田樹/石川康宏 共著 かもがわ出版)

『ポストモダンの共産主義』(ジジェク/著 ちくま新書)

『新訳 共産党宣言――初版ブルクハルト版(1848年)』(的場昭弘/著 作品社)

などが、続々刊行されています。

また近日、『労働者の味方マルクス』(仮題)(橋爪大三郎/著 現代書館)も刊行予定です。


「なぜ、今マルクスなのか?」
という問いに、各著者が答えていらっしゃいます。

内田 樹さん―
「座標軸をなくした日本社会には、一本筋の通った左翼の存在が必要だと思う。今の若者は左翼アレルギーが強いが、ブルジョアジー出身のマルクスが弱者への友愛から連帯の思想を紡いでいったように、本来の左翼的知性とは熱くて柔軟なものだ」


的場昭弘さん―
「マルクスの魅力は、矛盾をはらんだ二重性の豊かさにあるのです」


長谷川 宏さん―
「政治解決できる問題など実際には少ない世の中で、一人ひとりがどう生きたらいいのか? マルクスが、人が地べたで生きていること自体に可能性と希望を見た意味は、深いと思う」


橋爪大三郎さん―
「政権交代が起きたのが象徴的だが、労働者が革命を起こす前提が日本では完全に消滅した。マルクスも、社会改善のヒントを提供する一人になったということだ」
「牙を抜かれたマルクスから、また新しい思想が生まれていくと思う」


◆ asahi.com
「今、再びマルクスに光 入門・解説書や新訳、相次ぎ刊行」記事リンク >>


◆産経新聞 【話題の本】『ポストモダンの共産主義』書評記事リンク >>

2010年8月24日 光文社古典新訳文庫編集部 |

週刊文春7月8日号『文庫本を狙え!』(坪内祐三さん)

週刊文春7月8日号の『文庫本を狙え!』(坪内祐三さん)で、『経済学・哲学草稿』が取り上げられました。

2010年8月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |