光文社古典新訳文庫: 検索結果

光文社古典新訳文庫で“ディケンズ”タグの付いているブログ記事

『二都物語(下)』(ディケンズ/池 央耿 訳)

ホーム > Booksリスト >二都物語(下)

二都物語(下)

二都物語(下)

  • ディケンズ/池 央耿 訳
  • 定価(本体 900円+税)
  • ISBN:75327-6
  • 発売日:2016.3.11

絶体絶命の ダーネイ亡命貴族を救うため、 カートン酒浸り弁護士が講じた奇策とは!

作品

生きがいのない若者、群れた人間の怖さ、現在の自己に乗り移る過去の経験など、人間や社会の永遠の相をつらぬく洞察が、今でも新鮮な映画的技法とともに、この小説には凝縮された形で詰まっているといえる。(略)我々日本人にとって、ディケンズの世紀がいま始まろうとしている。(「解説」より)


物語

ルーシーと結ばれロンドンで幸せな家庭を築いたダーネイだが、元の使用人を救うべくパリに舞い戻るや、血に飢えた革命勢力に逮捕されてしまう。彼の窮地を救うため、弁護士カートンは恐るべき決断を下す......。時代のうねりの中で愛と信念を貫く男女を描いた、ディケンズ文学の真骨頂。


解説

山本史郎(東京大学総合文化研究科教授)


チャールズ・ディケンズ Charles Dickens
[1812−1870] イギリスの作家。親が借金を抱え、ロンドンのスラム街で少年時代を過ごす。法律事務所の使い走り、速記者などをしながら大英博物館に通って勉強し、新聞記者になる。ジャーナリストの目で社会を凝視した作品は大衆に歓迎された。『オリヴァー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパーフィールド』など。
[訳者]池 央耿 Ike Hiroaki
1940年生まれ。翻訳家。訳書に『クリスマス・キャロル』(ディケンズ)、『南仏プロヴァンスの12か月』(メイル)、『新・人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(フルガム)、『アバラット』(バーカー)、『パイド・パイパー』(シュート)、『キーパー』(ピート)、『失われた地平線』(ヒルトン)、『ガーネット傑作集』、『タイムマシン』(ウェルズ)、『ヘンリー・ライクロフトの私記』(ギッシング)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年3月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『二都物語(上)』(ディケンズ/池 央耿 訳)

ホーム > Booksリスト >二都物語(上)

二都物語(上)

二都物語(上)

  • ディケンズ/池 央耿 訳
  • 定価(本体 900円+税)
  • ISBN:75326-9
  • 発売日:2016.3.11

フランス革命下のパリとロンドン
運命に翻弄される「同じ顔」をもつ 二人の男亡命貴族 酒浸り弁護士

作品

18世紀、激動のフランス革命下。パリとロンドンを舞台に織り成される群像劇。民衆の暴動、スパイの暗躍、秘められた過去、復讐、殺人、そして恋。累計発行部数2億部を超えるベストセラーで、幾度も映画、舞台化され、今も読み継がれる傑作!


物語

スパイ容疑で逮捕されたフランス亡命貴族のロンドンでの裁判。とある医師の娘が証人となり、弁護士の奇策もあって被告は罪を免れる。一方パリの居酒屋では血腥い計画が着々と練られ......。二つの首都の間で絡み合った因縁の糸が解けていくなか、革命の足音が近づいてくる。(全2巻)


チャールズ・ディケンズ Charles Dickens
[1812−1870] イギリスの作家。親が借金を抱え、ロンドンのスラム街で少年時代を過ごす。法律事務所の使い走り、速記者などをしながら大英博物館に通って勉強し、新聞記者になる。ジャーナリストの目で社会を凝視した作品は大衆に歓迎された。『オリヴァー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパーフィールド』など。
[訳者]池 央耿 Ike Hiroaki
1940年生まれ。翻訳家。訳書に『クリスマス・キャロル』(ディケンズ)、『南仏プロヴァンスの12か月』(メイル)、『新・人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(フルガム)、『アバラット』(バーカー)、『パイド・パイパー』(シュート)、『キーパー』(ピート)、『失われた地平線』(ヒルトン)、『ガーネット傑作集』、『タイムマシン』(ウェルズ)、『ヘンリー・ライクロフトの私記』(ギッシング)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年3月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『クリスマス・キャロル』(ディケンズ/池 央耿 訳)

ホーム > Booksリスト >クリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル

クリスマス・キャロル

  • ディケンズ/池 央耿 訳
  • 定価(本体419円+税)
  • ISBN:75115-9
  • 発売日:2006.11.9
  • 電子書籍あり

守銭奴・スクルージはただの拝金主義者か?
国民的作家・ディケンズの作品のなかでもっともポピュラーな小説の主人公を訳者・池 央耿が見事な訳筆で活写する。

物語

並外れた守銭奴で知られるスクルージは、クリスマス・イヴにかつての盟友で亡きマーリーの亡霊と対面する。マーリーの予言通りに3人の精霊に導かれて、自らの辛い過去と対面し、クリスマスを祝う、貧しく心清らかな人々の姿を見せられる。そして最後に自分の未来を知ることに。


作品

あまりに有名な、クリスマス・ストーリー。並外れた守銭奴で欲深い因業爺の金貸し・スクルージが、クリスマス・イヴに、不思議な体験をする。三人の精霊が現れ、自分のつらい過去と対面した彼は、やがて......


訳者あとがきより

イギリス文学の登場人物から際立った個性を選ぶなら、スクルージは間違いなく上から何位というところに居すわって長寿を保つと思われる。ディケンズが生み出したこの主人公は、嫌われ、憎まれ、疎まれながら、気がついてみれば、いつの時代にも読者が愛してやまなかった稀有な存在である。ついぞ大衆が見限ったことのない小説世界の傑物であると言わなくてはならない。

チャールズ・ディケンズ
[1812−1870] イギリスの作家。親が借金を抱え、ロンドンのスラム街で少年時代を過ごす。法律事務所の使い走り、速記者などをしながら大英博物館に通って勉強し、新聞記者になる。ジャーナリストの目で社会を凝視した作品は大衆に歓迎された。『オリバー・ツイスト』『デヴィッド・カッパーフィールド』など。
[訳者]池 央耿
1940年生まれ。翻訳家。訳書に『南仏プロヴァンスの12か月』(メイル)、『新・人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(フルガム)、『アバラット』(バーカー)、『パイド・パイパー』(シュート)、『キーパー』(ピート)、『ガーネット傑作集』ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

「マンガ」と「映画」で甦る不滅のクリスマス・ストーリー

christmas-carol.gif160年以上も世界中で愛され、読まれ続けてきたディケンズのあの名作が、最高最適の描き手を得て、待望の完全描き下ろしコミック化!

名匠・坂田靖子が贈る心温まるファンタジーの世界。

原案:光文社古典新訳文庫『クリスマス・キャロル』ディケンズ=作、池 央耿=訳

坂田靖子:
独特なペーソスとユーモアにあふれたコメディやファンタジー作品を得意とし、『バジル氏の優雅な生活』『マーガレットとご主人の底抜け珍道中』など英国を舞台とした作品に定評がある。

A5判ハードカバー
定価:1,260円
11月27日発売

最新テクノロジーを駆使した驚異の映像で贈るディズニー映画。

christmas-carol2.jpg

『Disney's クリスマス・キャロル』
監督:ロバート・ゼメキス
主演:ジム・キャリー

2009年11月14日(土)全国ロードショー
絶賛公開中!

■『Disney's クリスマス・キャロル』オフィシャルサイト>>

2009年11月20日 光文社古典新訳文庫編集部 |

光文社古典新訳文庫『クリスマス・キャロル』を読んで、感想文コンクールに応募しよう!

christmas-carol2.jpg

今年11月に、映画『Disney's クリスマス・キャロル』が公開されるのを記念して、原作感想文コンクールが開催されます。最新映像と新訳で甦るディケンズの不滅のクリスマス・ストーリーをお楽しみください。

『Disney's クリスマス・キャロル』
監督:ロバート・ゼメキス
主演:ジム・キャリー
2009年11月14日(土)全国ロードショー


映画公開記念『クリスマス・キャロル』感想文コンテスト開催!
《応募期間》7月18日(土)〜9月5日(土)必着
《対象》(1)一般の部(高校生以上) (2)子どもの部(中学生以下)

最優秀賞は、「Disney's クリスマス・キャロル」ロンドンプレミア試写会(11月上旬予定)に1組2名様をご招待。ほか4賞に豪華商品を予定。

主催:ディズニー映画、朝日新聞社、朝日小学生新聞、日本出版販売
協賛:ロンドン観光局、ヴァージンアトランティック航空
問合せ先:『クリスマス・キャロル』感想文コンテスト事務局(朝日新聞社内)
TEL:03−5540−7578(月曜〜金曜 10:00〜17:00)

■詳しくは『Disney's クリスマス・キャロル』オフィシャルサイト>>

2009年9月 1日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト