光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“フィッツジェラルド”タグの付いているブログ記事

映画『華麗なるギャツビー』6月14日公開! 試写会レポート

『グレート・ギャッツビー』は1920年代のアメリカ・ニューヨークを舞台に、第一次世界大戦後のバブル的な好景気の中で莫大な富を手にしながら、愚直なまでの恋に生きた男の生涯を描いた、20世紀アメリカ文学の名作です。

その『グレート・ギャッツビー』が、バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演で『華麗なるギャツビー』として映画化、2013年6月14日から全国公開されます。 早速、試写会に行ってきましたので、その感想をレポートしたいと思います!

まず、この映画は2D版、3D版、字幕版、吹き替え版の組み合わせがあるようですが、私が観たのは3D字幕版。当初は、『ギャッツビー』って別に3Dでなくてもいいんじゃないか?と思っていたのですが、なかなかどうして!3D版はなかなか魅力的でした!

img_gatsbymovie01.jpg

本作はすごくざっくりいうと、2つの小さな島、マンハッタンの都市部、そしてその中間にある煤けた地区を行き来する話なんですが、たとえば、普通なら省略されてしまいそうなこれらの「場面移動」に、3Dだからこそ可能になる迫力ある自動車シーン、あるいは空を飛んでいるような不思議な表現が用いられることで、観る者はよりその「場所どうしの隔たり」を強く意識させられる気がしました。つまり、3Dをフルに利用するための映画の撮り方が、物語の構成に大きく影響するということなのですね。本作の場合は、それがうまくいっているように思います。

さて、キャストについて。物語を回想する語り手ニック・キャラウェイはこの話の中では唯一まともで常識的な判断ができる、言ってしまえば、観る者の分身なわけですが、これをトビー・マグワイアが演じています。これはまあわかりやすい配役なんですが、いつスパイダーマンに変身するのか、と思っちゃうところが若干アレです。

そのいとこで本作のヒロインであるデイジーはキャリー・マリガン。これはいつものキャリー・マリガンな感じで鉄板。

個人的には、その友人でデイジーとは対照的なジョーダン・ベイカー嬢役のエリザベス・デビッキさんにグッと来ました。1990年生まれのオーストラリアの女優さんなのですね。まだ23歳とは思えない妖艶ながらシャキシャキした演技です。これからの活躍に期待したいです。

で、今回の主役であるディカプリオですが、これはギャツビー役としてハマリすぎていて凄い! 見終わった後までじわじわきます。まず、最初の登場シーンはいろんな意味で度肝を抜かれますが、こんな登場ができるのはレオ様くらいでしょう! それはそれとしても、謎多い感じ、怖いほどに一途なところなど、すばらしい演技です。まさに、グレートなギャツビーです。

本作は実は142分もある長い映画なのですが、途中で飽きることもなく、ぐいぐい引き込まれるといっていいでしょう。

これが長いのは理由があって、3Dの視覚効果や音楽の現代的アレンジなどが目立ついっぽう、実はかなり原作に忠実に作ってあります。かといってダラダラすることなく、よく作り込んだなあと感嘆せずにはおれません。俳優と制作陣の原作へのリスペクトがうかがえます。

じゃあ、映画を観れば原作は読まないでいいかというとそんなことはなくて(笑)、だからこそ、原作との雰囲気の違いをぜひ味わって頂きたいと思うのです。それと、結末の部分に関して、原作は映画とちょっと違っています。映画の結末もいいのですが、原作の結末のほうが自然なうえに、ギャツビーがもう少しだけグレートに思えると思います。

原作は各社から出ていますが、一番新しい光文社古典新訳文庫の小川高義訳は、なんといっても読みやすさの上ではナンバーワンと自負しています。当然、原文に忠実に訳しながらも、現代に合わせて絶妙にチューニングされた訳といっていいでしょう。映画を見終えてから読むには(もちろん映画を観る前に読むにも)最適な訳だと思います。

ぜひ、この機会に光文社古典新訳文庫の『グレート・ギャッツビー』を読んでみてください!

映画『華麗なるギャツビー』
6月14日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン
監督:バズ・ラーマン
配給:ワーナー・ブラザース映画
映画『華麗なるギャツビー』公式サイト
グレート・ギャッツビー

グレート・ギャッツビー

  • フィッツジェラルド/小川高義 訳
  • 定価(本体686円+税)
  • ISBN:75189-0
  • 発売日:2009.9.8

2013年6月14日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『グレート・ギャッツビー』(フィッツジェラルド/小川高義 訳)

ホーム > Booksリスト > グレート・ギャッツビー

グレート・ギャッツビー

グレート・ギャッツビー

  • フィッツジェラルド/小川高義 訳
  • 定価(本体686円+税)
  • ISBN:75189-0
  • 発売日:2009.9.8
  • 電子書籍あり

リアルな人物造形を可能にした新訳
意外なギャッツビー像が見えてくる。

作品

巨万の富を手に入れ、一途な愛に生きる男ギャッツビーは、じつはあまり華麗ではなかった。愛するデイジーを前にすると緊張のあまりあわてふためく姿は滑稽なほど。リアルな"恋する男"ギャッツビー、ここに誕生!


内容

絢爛豪華な邸宅に贅沢な車を持ち、夜ごと盛大なパーティを開く男、ギャッツビーがここまで富を築き上げてきたのは、すべて、かつての恋人を取り戻すためだった。だが、異常なまでのその一途な愛は、やがて悲劇を招く。過去は取り返せる----そう信じて夢に砕けた男の物語。

F・スコット・フィッツジェラルド
[1896-1940] ミネソタ州セントポール生まれ。プリンストン大学在学中から創作を始め、1920年『楽園のこちら側』で文壇に登場、絶賛を浴びる。妻ゼルダとの、作中人物さながらの華麗な私生活も注目を集め、一躍時代の寵児となる。1925年発表の本書で"ロスト・ジェネレーション"を代表する作家として確固たる地位を築く。そのほかの代表作に、『ジャズ・エイジの物語』『夜はやさし』『若者はみな悲しい』など。
[訳者]小川高義
1956年生まれ。東京工業大学教授。訳書に『停電の夜に』(ラヒリ)、『さゆり』(ゴールデン)、『また会う日まで』(アーヴィング)、『骨』(フェイ・ミエン・イン)、『永遠を背負う男』(ウィンターソン)、『灰の庭』(ボック)、『黒猫/モルグ街の殺人』(ポー)、『若者はみな悲しい』(フィッツジェラルド)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『若者はみな悲しい』(フィッツジェラルド/小川高義 訳)

ホーム > Booksリスト > 若者はみな悲しい

若者はみな悲しい

若者はみな悲しい

  • フィッツジェラルド/小川高義 訳
  • 定価(本体900円+税)
  • ISBN:751725
  • 発売日:2008.12.9
  • 電子書籍あり

華麗な筆致で描く1920年代のリアルな青春群像

作品

「ジャズ・エイジ」の華やかなイメージが強いかもしれないが、この作家は必ずしも永遠の若者であったわけではなく、案外クールな、皮肉、諧謔、滑稽の味をにじませる職人肌のストーリーテラーでもあった。(訳者)


内容

理想の女性を追いつづける男の哀しみを描く「冬の夢」。わがままな妻が大人へと成長する「調停人」。親たちの見栄と自尊心が交錯する「子どもパーティ」。アメリカが最も輝いていた1920年代を代表する作家が、若者と、かつて若者だった大人たちを鮮やかに描きだす珠玉の自選短編集。

収録作品
  • お坊ちゃん
  • 冬の夢
  • 子どもパーティ
  • 赦免
  • ラッグズ・マーティン=ジョーンズとイギ○スの皇○子 ※
  • 調停人 ※
  • 温血と冷血 ※
  • 「常識」
  • グレッチェンのひと眠り ※
  • ※は本邦初訳
F・スコット・フィッツジェラルド
F.Scott Fitzgerald
[1896-1940] ミネソタ州セントポール生まれ。プリンストン大学在学中から創作を始め、1920年『楽園のこちら側』で文壇に登場、絶賛を浴びる。妻ゼルダとの、作中人物さながらの華麗な私生活も注目を集め、一躍時代の寵児となる。1925年発表の傑作『グレート・ギャッツビー』などで"ロスト・ジェネレーション"を代表する作家として確固たる地位を築く。そのほかの代表作に、『ジャズ・エイジの物語』『夜はやさし』など。
[訳者]小川高義
1956年生まれ。東京工業大学教授。訳書に『停電の夜に』『見知らぬ場所』(共にラヒリ)、『さゆり』(ゴールデン)、『また会う日まで』(アーヴィング)、『骨』(フェイ・ミエン・イン)、『永遠を背負う男』(ウィンターソン)、『調律師の恋』(メイスン)、『灰の庭』(ボック)、『黒猫/モルグ街の殺人』(ポー)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

《書評》『グレート・ギャッツビー』ー本の雑誌 2010年3月号

本の雑誌 (2010年3月号)の青山 南さんの連載「南の話」で『グレート・ギャッツビー』(フィッツジェラルド/小川高義 訳)を取り上げていただきました。

南の話ー「ギャッとおどろく心の友」
フィッツジェラルド読者にとって、関心の的になるギャッツビーの口癖「オールド・スポート」の訳。野崎 孝さん訳、村上春樹さん訳、またご自身が訳すとしたら、というお話に続き、小川高義さんの新訳に "おみごと、......" と。

WEB本の雑誌>>

『グレート・ギャッツビー』翻訳終了直後の小川高義さんトークイベント>>


cover89.jpg
グレート・ギャッツビー
フィッツジェラルド 作/小川高義 訳
定価720円(税込み)

2010年2月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

光文社古典新訳文庫トークセッションinブックオカ 開催!

「ブックオカ」は、「福岡を本の街に」を合い言葉に、地元福岡の書店・出版社・雑誌社・制作者等の有志で立ち上げた実行委員会が中心となって、2006年にスタートした本のお祭りです。会期中は、本、活字の魅力を再発見するさまざまなイベントが開催されます。
そのイベントの一つとして、フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』の訳者・小川高義さん、ドストエフスキー『罪と罰』の訳者・亀山郁夫さんが講演します。たくさんの方のご参加をお待ちしております。


日 時:10月18日(日)
    第1部 小川高義「意外なギャッツビー発見!」
         13時30分〜15時(13時開場)

    第2部 亀山郁夫「ドストエフスキー『罪と罰』の謎」
         15時30分〜17時(15時開場)

         *各回終了後にサイン会があります。

場 所:アクロス福岡 国際会議場 福岡県福岡市中央区天神1丁目1番1号

入場料:無料 ※要予約
申し込み:ブックオカ実行委員 石風社内 藤村興晴 
     TEL/090-6425-6711 E-MAIL/info@bookuoka.com

     ■ブックオカWebサイトはこちら>>

《内容》
第1部 小川高義さん「意外なギャッツビー発見! ----恋する男はカッコ悪い」

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』の新訳を出された翻訳家・小川高義さんが、「翻訳は訳者による演出」という側面から作品世界を読み解きます。

翻訳というプロセスには原文を訳者がどのように解釈するかが不可欠なもの。解釈次第で訳語も、登場人物の印象も変わって来ます。つまり、翻訳は訳者による演出という側面も持つことになるのです。

いままで見えなかった新しいギャッツビー像はどうやって生まれたのか、すでに多くの訳書が存在するなか新訳に挑戦された理由など、小川版『ギャッツビー』誕生の裏話を、原文を参照しながらお話しいただきます。

《小川高義さんプロフィール》
1956年生まれ。東京工業大学教授。訳書に『停電の夜に』(ラヒリ)、『さゆり』(ゴールデン)、『また会う日まで』(アーヴィング)、『骨』(フェイ・ミエン・イン)、『永遠を背負う男』(ウィンターソン)、『灰の庭』(ボック)、『黒猫/モルグ街の殺人』(ポー)、『若者はみな悲しい』『グレート・ギャッツビー』(フィッツジェラルド)ほか多数。

cover89.jpg
グレート・ギャッツビー
フィッツジェラルド 作/小川高義 訳
定価720円(税込み)






            
第2部 亀山郁夫さん「ドストエフスキー『罪と罰』の謎_黙過のリアリティ_」
『カラマーゾフの兄弟』のわかりやすい新訳で、ドストエフスキーを現代の日本に甦らせた東京外国語大学長・亀山郁夫さんが、昨年に引き続き「ぶっくおか」に参加されます。今回のテーマは『罪と罰』。

「偶然」によって殺人へと導かれる主人公ラスコーリニコフ。神が仕組んだ「運命」と対峙しようとする彼の「意志」。神に見捨てられた孤独な人間はいかに救われるのか----。

ドストエフスキーがこだわり続け、この作品にこめた、隠れた主題を探り、『罪と罰』が問うもの、その現代性を、わかりやすくお話しいただきます。

《亀山郁夫さんプロフィール》
1949年生まれ。東京外国語大学長。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか多数。

cover85-01.jpg罪と罰 3<全3巻 最終巻>
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳 定価 920円(税込み)

2009年9月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

第1回カフェ光文社古典新訳文庫のリポートです

第1回 カフェ光文社古典新訳文庫

小川高義さんトークイベント「翻訳者が語るとっておきの話」

「フィッツジェラルドとその時代」

2009年5月16日(土) 14:00~15:30

青山ブックセンター本店内にて開催



p_090516-2.jpg

昨年12月に刊行された『若者はみな悲しい』に続き、9月に刊行を予定している『グレート・ギャッツビー』を翻訳中の小川高義さんをお迎えして、カフェ光文社古典新訳文庫の第1回を開催しました。


翻訳者が自慢できることといえば、作品をゆっくり読んでいることではないだろうか、とおっしゃる小川さん。『グレート・ギャッツビー』の翻訳も終盤にさしかかった現時点で、どのようにフィッツジェラルドという作家を楽しんでいるか、という視点でお話が進みました。

第1回カフェ光文社古典新訳文庫のリポートですの続きを読む

2009年6月24日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト