光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“ヘッセ”タグの付いているブログ記事

『デーミアン』(ヘッセ/酒寄進一 訳)

ホーム > Booksリスト >デーミアン

デーミアン

デーミアン

  • ヘッセ/酒寄進一 訳
  • 定価(本体720円+税)
  • ISBN:75355-9
  • 発売日:2017.6.13
  • 電子書籍あり

"悩める若者たち"に読み継がれる青春小説。
ぼくの人生はこのまま失敗してしまうのか?
周囲の期待を裏切っているかも 
自分はこの社会に合っていない

作品

第一次大戦前にはすでに有名作家だったヘッセは、敢然と反戦を主張したため社会から黙殺されていた。敗戦後、従来の郷愁を誘う作風とは一線を画して、偽名で発表された『デーミアン』は、混迷を深めるドイツで、そしてその後全世界で、既存の価値観にぶつかって苦しむ人々の圧倒的支持を得ることになった。


物語

些細な嘘をついたために不良に強請られていたエーミール。だが転校してきたデーミアンと仲良くなるや、不良は近づきもしなくなる。デーミアンの謎めいた人柄と思想に影響されたエーミールは、やがて真の自己を求めて深く苦悩するようになる。少年の魂の遍歴と成長を見事に描いた傑作。


ヘルマン・ヘッセ
[1877−1962] ドイツの作家。両親はキリスト教伝道者。神学校に進むが学校生活になじめず、神経を病み退学。その後も高校退学、3日で書店を退職するなど挫折を繰り返す。しかし独学で勉強し、27歳で出した初めての小説『ペーター・カーメンツィント』で成功を収め、有名作家となる。主な作品に『車輪の下で』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』。1946年ノーベル文学賞受賞。1962年脳内出血のため自宅で睡眠中に死去。
[訳者]酒寄進一 Sakayori Shinichi
1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。和光大学教授。『犯罪』(シーラッハ)で2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位を受賞。主な訳書に『テロ』(シーラッハ)、『深い疵』(ノイハウス)、『刺青の殺人者』(グルーバー)、『ゲルマニア』(ギルバース)、『囀る魚』(セシェ)、『赤毛のゾラ』(ヘルト)、『春のめざめ』(ヴェデキント)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月13日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『車輪の下で』(ヘッセ/松永美穂 訳)

ホーム > Booksリスト > 車輪の下で

車輪の下で

車輪の下で

  • ヘッセ/松永美穂 訳
  • 定価(本体620円+税)
  • ISBN:751458
  • 発売日:2007.12.6
  • 電子書籍あり

運命の車輪の下で悶え苦しむ少年ハンス

作品

「自分が学んだのはラテン語と、嘘をつくことだけだった」とヘッセは後年、自らの学校生活について語っている。
執筆時の若きヘッセの勢い、激しさを躍動感溢れる文体で訳出。


物語

周囲の期待を一身に背負い猛勉強の末、神学校に合格したハンス。しかし厳しい学校生活になじめず、学業からも落ちこぼれ、故郷で機械工として新たな人生を始める......。地方出身の一人の優等生が、思春期の孤独と苦しみの果てに破滅へと至る姿を描いたヘッセの自伝的物語。

ヘルマン・ヘッセ
[1877−1962] ドイツの作家。両親はキリスト教伝道者。神学校に進むが学校生活になじめず、神経を病み退学。その後も高校退学、3日で書店を退職するなど挫折を繰り返す。しかし独学で勉強し、27歳で出した初めての小説『ペーター・カーメンツィント』で成功を収め、有名作家となる。主な作品に『車輪の下で』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』。1946年ノーベル文学賞受賞。1962年脳内出血のため自宅で睡眠中に死去。
[訳者]松永美穂
東京大学大学院人文社会研究科博士課程満期単位取得。早稲田大学教授。訳書に『朗読者』『逃げてゆく愛』(シュリンク)、『ワイキキ・ビーチ。』(シュトレールヴィッツ)、『リスとお月さま』(メッシェンモーザー)などがある。
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

渡邊守章さん、浦 雅春さん、松永美穂さんー新刊のお知らせ

渡邊守章さん(『シラノ・ド・ベルジュラック』訳)、浦 雅春さん(『ワーニャ伯父さん/三人姉妹』『鼻/外套/査察官』訳)、松永美穂さん(『車輪の下で』訳)の新刊のお知らせです。


『渡邊守章評論集 越境する伝統』 渡邊守章/著
ダイヤモンド社
価格:本体 5,900円+税


『かもめ』 チェーホフ/著 浦 雅春/訳
岩波文庫
価格:本体 540円+税


『第三帝国のオーケストラ−−ベルリンフィルとナチスの影』
ミーシャ・アスター/著  松永美穂/訳  佐藤 英/訳
早川書房
価格:本体2,800円+税




《光文社古典新訳文庫既刊》
cover69.jpgシラノ・ド・ベルジュラック
ロスタン/渡辺守章 訳

定価(本体980円+税)

cover45.gif車輪の下で
ヘッセ/松永美穂 訳
定価(本体620円+税)
cover86.jpgワーニャ伯父さん/三人姉妹
チェーホフ/浦 雅春 訳
定価(本体780円+税)

cover14.jpg鼻/外套/査察官
ゴーゴリ/浦 雅春 訳
定価(本体648円+税)

2010年1月21日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト