光文社古典新訳文庫: 検索結果

光文社古典新訳文庫で“マン”タグの付いているブログ記事

『トニオ・クレーガー』(マン/浅井晶子 訳)

ホーム > 刊行本リスト > トニオ・クレーガー

トニオ・クレーガー

トニオ・クレーガー

  • マン/浅井晶子 訳
  • 定価(本体760円+税)
  • ISBN:75383-2
  • 発売日:2018.8.8
  • 電子書籍あり

ごく普通の幸福への憧れと、 高踏的な芸術家の生き方のはざまで
悩める青年が抱く決意とは?
ノーベル賞作家の自伝的傑作

作品

本作は、自分の一族の隆盛と没落を描いた『ブデンブローク家の人々』で一躍有名作家となったマンが、若き文学者としての苦悩を、分身であるトニオ・クレーガーに投影して明かした初期の代表作のひとつ。いまも青春小説として、若者を中心に世界中で愛読されている。


物語

同級生の男子ハンスや、金髪の少女インゲボルクに思い焦がれながらも、愛の炎には身を捧げられず、精神と言葉の 世界に歩みだしたトニオ。だが大人になり小説家として成功してなお、彼の苦悩は燻っているのだった。若者の青春と新たな旅立ちを描いた、ノーベル賞作家の自伝的小説。


解説

伊藤 白(学習院大学文学部ドイツ語圏文化学科准教授)


トーマス・マン Thomas Mann
[1875-1955] リューベックの富裕な商家に生まれ、生家の繁栄と衰退を題材に『ブデンブローク家の人々』を執筆、世に出る。 第二次大戦中はアメリカに亡命、戦後アメリカに起こった反共の気運を嫌ってスイスに移住。半世紀を超える執筆活動の中でドイツとヨーロッパの運命を深く考察し、過去の文学遺産を幾重にも織り込んだ独自の物語の世界を展開した。1929年、ノーベル文学賞受賞。小説に『トニオ・クレーガー』『ヴェネツィアに死す』『詐欺師フェーリクス・クルルの告白』『魔の山』『ヨゼフとその兄弟たち』『ヴァイマルのロッテ』『ファウストゥス博士』、エッセイに『非政治的人間の考察』など。
[訳者]浅井晶子 Asai Shoko
1973年生まれ。京都大学大学院博士課程単位認定退学。訳書に、『世界収集家』(イリヤ・トロヤノフ)、『リスボンへの夜行列車」(パスカル・メルシエ)、『緩慢の発見』(シュテン・ナドルニー)、『兵士はどうやってグラモフォンを修理するか』(サーシャ・スタニシチ)、『憎しみに抗って』 (カロリン・エムケ)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年8月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下)』(マン/岸 美光 訳)

ホーム > 刊行本リスト > 詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下)

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下)

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下)

  • マン/岸 美光 訳
  • 定価(本体1048円+税)
  • ISBN:75237-8
  • 発売日:2011.10.12
  • 電子書籍あり

変幻自在、軽妙洒脱!クルルは貴族に成りすまして世界漫遊の旅に出る。

作品

「あらゆるものであり得ることによって何者でもない者。何ものでもないことによってあらゆるものであり得る者」。楽々と「他者」になりきり、「自己」なきパロディーを生きる男、それがクルル。


内容

クルルはある青年貴族の身代わりとなってリスボンに向かう。車中、古生物学者クックック教授と同席し、地球の生命と宇宙の生成について講義を受ける。クルルは深い感銘を覚えるが、一方で教授の娘にも魅了され......。稀代の詐欺師クルルの身に、予想外の展開が!


トーマス・マン
[1875−1955] リューベックの富裕な商家に生まれ、生家の繁栄と衰退を題材に『ブデンブローク家の人々』を執筆、世に出る。第二次大戦中はアメリカに亡命、戦後アメリカに起こった反共の気運を嫌ってスイスに移住。半世紀を超える執筆活動の中でドイツとヨーロッパの運命を深く考察し、過去の文学遺産を幾重にも織り込んだ独自の物語の世界を展開した。1929年ノーベル文学賞受賞。作品に『トーニオ・クレーガー』『魔の山』『ヨゼフとその兄弟たち』『ヴァイマルのロッテ』『ファウストゥス博士』、エッセイに『非政治的人間の考察』など。
[訳者]岸 美光
1948年、埼玉県生まれ。元・東京都立大学教授。ドイツ文学専攻。主な訳書に『大きなケストナーの本』(ケストナー、リスト編、共訳)『ヴェネツィアに死す』(マン)、『だまされた女/すげかえられた首』(マン)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『詐欺師フェーリクス・クルルの告白(上)』(マン/岸 美光 訳)

ホーム > 刊行本リスト > 詐欺師フェーリクス・クルルの告白(上)

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(上)

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(上)

  • マン/岸 美光 訳
  • 定価(本体1048円+税)
  • ISBN:75233-0
  • 発売日:2011.8.10
  • 電子書籍あり
試し読み用PDF(第1巻 第1〜5章)をダウンロードできます

『魔の山』と好一対の傑作ピカレスク・ロマン この圧倒的な面白さ!

作品

読み始めたら止まらない小説の面白さがここにある。冴えわたる筆で繰り広げられる厖大な語りと騙り、これぞマンの真骨頂。その意図的に古めかしい饒舌な文体を活かした、超絶技巧の新訳!


内容

武器は天与の美貌、爽やかな弁舌、鮮やかな模倣の才。貧しい青年クルルは子供の頃のずる休みと同様、仮病をつかって徴兵検査をくぐり抜け、憧れのパリで高級ホテルのエレベーターボーイとして雇われる。そして宿泊客の美しい女性作家に誘惑され、彼女の寝室に忍びこむと......。


トーマス・マン
[1875−1955] リューベックの富裕な商家に生まれ、生家の繁栄と衰退を題材に『ブデンブローク家の人々』を執筆、世に出る。第二次大戦中はアメリカに亡命、戦後アメリカに起こった反共の気運を嫌ってスイスに移住。半世紀を超える執筆活動の中でドイツとヨーロッパの運命を深く考察し、過去の文学遺産を幾重にも織り込んだ独自の物語の世界を展開した。1929年ノーベル文学賞受賞。作品に『トーニオ・クレーガー』『魔の山』『ヨゼフとその兄弟たち』『ヴァイマルのロッテ』『ファウストゥス博士』、エッセイに『非政治的人間の考察』など。
[訳者]岸 美光
1948年、埼玉県生まれ。元・東京都立大学教授。ドイツ文学専攻。主な訳書に『大きなケストナーの本』(ケストナー、リスト編、共訳)『ヴェネツィアに死す』(マン)、『だまされた女/すげかえられた首』(マン)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『だまされた女/すげかえられた首』(マン/岸 美光 訳)

ホーム > 刊行本リスト > だまされた女/すげかえられた首

だまされた女/すげかえられた首

だまされた女/すげかえられた首

  • マン/岸 美光 訳
  • 定価(本体705円+税)
  • ISBN:75175-3
  • 発売日:2009.1.8
  • 電子書籍あり

エロスの魔力 これぞ物語を読む醍醐味!

作品

若い女と初老の女。盛りの時に向かって昇りつめようとする体と、老いの訪れの中でもう一度開こうとする体。それぞれの年齢にある女の、誘惑と情熱の二つの物語である。(解説より)


内容

アメリカ人青年に恋した初老の未亡人は、再び男性を愛する喜びに目覚めたのだが......。(「だまされた女」)インドの伝説の村、頭脳の優れた青年と見事な肉体の若者が美しい腰の娘に出会う。娘は女になり、目覚めた愛欲が悲喜劇を生む。その混乱の結末は?(「すげかえられた首」)


収録作品
  • だまされた女
  • すげかえられた首 あるインドの伝説
トーマス・マン Thomas Mann
[1875−1955] リューベックの富裕な商家に生まれ、生家の繁栄と衰退を題材に『ブデンブローク家の人々』を執筆、世に出る。第二次大戦中はアメリカに亡命、戦後アメリカに起こった反共の気運を嫌ってスイスに移住。半世紀を超える執筆活動の中でドイツとヨーロッパの運命を深く考察し、過去の文学遺産を幾重にも織り込んだ独自の物語の世界を展開した。1929年ノーベル文学賞受賞。作品に『トーニオ・クレーガー』『魔の山』『ヨゼフとその兄弟たち』『ヴァイマルのロッテ』『ファウストゥス博士』、エッセイに『非政治的人間の考察』など。
[訳者]岸 美光
1948年、埼玉県生まれ。元・東京都立大学教授。ドイツ文学専攻。主な訳書に『大きなケストナーの本』(ケストナー、リスト編、共訳)『ヴェネツィアに死す』(マン)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ヴェネツィアに死す』(マン/岸 美光 訳)

ホーム > Books > ヴェネツィアに死す

ヴェネツィアに死す

ヴェネツィアに死す

  • マン/岸 美光 訳
  • 定価(本体640円+税)
  • ISBN:75124-1
  • 発売日:2007.3.13
  • 電子書籍あり

美しい少年への愛が、老作家を破滅させる。
マンの思索と物語性が生きた、衝撃の新訳。

作品

マンはここで、男女の性差を超え、人間の全体性の回復への予感を託して「美しい少年」という寓意のカードを引き抜いて見せたのです。(解説より)


物語

高名な老作家グスタフ・アッシェンバッハは、ミュンヘンからヴェネツィアに旅立つ。美しくも豪壮なリド島のホテルに滞在するうち、ポーランド人の家族に出会ったアッシェンバッハは、一家の美しい少年タッジオにつよく惹かれていく。おりしも当地にはコレラの嵐が吹き荒れて......。

トーマス・マン
[1875−1955] リューベックの富裕な家庭に生まれたドイツの作家。ヴァーグナー、ニーチェなどの影響を受ける。ミュンヘンに移住後、長編小説『ブデンブローク家の人々』を発表(1901年)、注目を浴びる。1929年、ノーベル文学賞受賞。1933年、旅行中にスイスで亡命生活に入り、ナチスに対してつねに反対の姿勢をつらぬく。作品に『トーニオ・クレーガー』『魔の山』『ヨセフとその兄弟たち』『ヴァイマルのロッテ』『ファウストゥス博士』、エッセイに『非政治的人間の考察』など。
[訳者]岸 美光
1948年埼玉県生まれ。翻訳業。元・東京都立大学教授。18世紀ドイツ文学専攻。主な訳書に『大きなケストナーの本』(ケストナー、リスト編、共訳)がある。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト