光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“モーパッサン”タグの付いているブログ記事

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#27「短篇の名手モーパッサンの魅力を再発見する!」太田浩一さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で3月28日(火)開催

img_otakouichi_kinokuniya01.jpg

モーパッサンは短い作家生活のなかで、長篇はもちろん、300を超える中・短篇小説を書き残しています。代表作『女の一生』は長篇ですが、彼の小説家としての実力は、中・短篇でこそ発揮されていると言えます。中篇は冗漫さや弛みのない緊密な構成をもち、完成度が高く、短篇はバラエティに富んでいます。今回の読書会では、華々しく文壇デビューを飾ることになった出世作『脂肪の塊』と『ロンドリ姉妹』の中篇2作と初期の作品から選び抜いた8篇の短篇を収録した『脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選』を取り上げ、本書の翻訳を手がけた太田浩一先生に、モーパッサンの魅力について縦横に語って頂きます。

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #27
「短篇の名手モーパッサンの魅力を再発見する!」太田浩一さんを迎えて
《日時》2017年3月28日(火)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》3月5日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後、ご希望の方には太田浩一さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[太田浩一(おおた・こういち)さんプロフィール]
フランス文学翻訳家。中央大学兼任講師。訳書に『感情教育』『三つの物語』(フローベール)、『脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選』『ロックの娘』(モーパッサン)、『ルルージュ事件』(ガボリオ)、『ミステリ文学』(ヴァノンシニ)などがある。
脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選

脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選

  • モーパッサン/太田浩一 訳
  • 定価(本体920円+税)
  • ISBN:75339-9
  • 発売日:2016.9.8
  • 電子書籍あり
感情教育(上)

感情教育(上)

  • フローベール/太田浩一 訳
  • 定価(本体1,340円+税)
  • ISBN:75300-9
  • 発売日:2014.10.9
  • 電子書籍あり
感情教育(下)

感情教育(下)

  • フローベール/太田浩一 訳
  • 定価(本体1,320円+税)
  • ISBN:75303-0
  • 発売日:2014.12.5
  • 電子書籍あり

2017年3月 5日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選』(モーパッサン/太田浩一 訳)

ホーム > Booksリスト>脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選

脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選

脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選

  • モーパッサン/太田浩一 訳
  • 定価(本体920円+税)
  • ISBN:75339-9
  • 発売日:2016.9.8
  • 電子書籍あり

初期の作品から選び抜いた中・短篇集第1弾
名手モーパッサンの魅力再発見!

作品

短い作家生活のなかで、長篇はもちろん、三百を超える中・短篇小説を書き残したモーパッサン。長篇に見うけられる冗漫さや弛みを感じさせない、緊密な構成をもち、完成度の高い、読みごたえのある力作ぞろいの中篇から二作と短篇八作を収録する。


物語

プロイセン軍を避けて街を出た馬車で、"脂肪の塊"(ブール・ド・スュイフ)という愛称の娼婦と乗りあわせたブルジョワ、貴族、修道女たち。人間のもつ醜いエゴイズム、好色さを痛烈に描いた「脂肪の塊」と、イタリア旅行で出会った娘との思い出を綴った「ロンドリ姉妹」など、ヴァラエティに富む中・短篇全10作を収録。

[書評]
  • 毎日新聞/2016年この3冊(2016年12月11日)
  • 荒川洋治さんの「この3冊」に選ばれました。
  • 毎日新聞/今週の本棚(2016年10月23日)
  • 中編小説の道を開く物語 「目をいっぱいに開いて読む。また読み返す。「脂肪の塊」はそんな作品だと思う 」(評者・荒川洋治さん)

ギィ・ド・モーパッサン
[1850−1893] 1850年ノルマンディ生まれ。パリ大学在学中に普仏戦争に遊撃隊員として従軍。職場での苛烈な体験が、のちの厭世的な作風に大きな影響を与えたといわれる。その後海軍省に勤務。母の紹介でフローベールと知り合い、作品指導を受ける。30歳の時に発表した「脂肪の塊」が絶賛され、作家専業となり、33歳の時に発表した本作はベストセラーになった。旺盛な著作活動を続けたが、神経系の発作に襲われ、苦痛から逃れるために薬物に溺れた末、自殺未遂事件を起こしパリの精神病院にて死去。主要な作品に『ベラミ』『ピエールとジャン』など。また300を超える短篇を残した。その作品群は日本の近代文学者たちに大きな影響を与えた。
[訳者]太田浩一 Kouichi Ota
フランス文学翻訳家。中央大学兼任講師。訳書に『感情教育』『三つの物語』(ともにフローベール)、『モーパッサン傑作選』『ロックの娘』(ともにモーパッサン)『ルルージュ事件』(ガボリオ)、『ミステリ文学』(ヴァノンシニ)などがある。

《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『女の一生』(モーパッサン/永田千奈 訳)

ホーム > Booksリスト > 女の一生

女の一生

女の一生

  • モーパッサン/永田千奈 訳
  • 定価(本体838円+税)
  • ISBN:75226-2
  • 発売日:2011.3.10
  • 電子書籍あり

モーパッサン文学の真髄、待望の新訳!人生は生きるに値するのか?

作品

モーパッサンは感情移入を抑え、「見る」ことと「伝える」ことに徹しようとした。現実を美化せず、ありのままの自然な状態を見たとおりに描くことで自然主義文学の真髄ともいえる作品を創りだしたのだ。


内容

男爵家の一人娘に生まれ何不自由なく育ったジャンヌ。彼女にとって、夢が次々と実現していくのが人生であるはずだった。しかし現実はジャンヌを翻弄し続ける。乳姉妹(ちきょうだい)だった女中のロザリが妊娠し、その相手が自分の夫であることを知った時、彼女は過酷な現実を生き始めた----。


モーパッサン
[1850−1893] 1850年ノルマンディ生まれ。パリ大学在学中に普仏戦争に遊撃隊員として従軍。職場での苛烈な体験が、のちの厭世的な作風に大きな影響を与えたといわれる。その後海軍省に勤務。母の紹介でフローベールと知り合い、作品指導を受ける。30歳の時に発表した「脂肪の塊」が絶賛され、作家専業となり、33歳の時に発表した本作はベストセラーになった。旺盛な著作活動を続けたが、神経系の発作に襲われ、苦痛から逃れるために薬物に溺れた末、自殺未遂事件を起こしパリの精神病院にて死去。主要な作品に『ベラミ』『ピエールとジャン』など。また300を超える短篇を残した。その作品群は日本の近代文学者たちに大きな影響を与えた。
[訳者]永田千奈
東京生まれ。翻訳家。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒。主な訳書に『ある父親』(ラカン)、『それでも私は腐敗と闘う』(ベタンクール)、『サーカスの犬』(ルーボディ)、『海に住む少女』(シュペルヴィエル)などがある。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト