光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“ワイルド”タグの付いているブログ記事

「幸福な王子/柘榴の家」(ワイルド/小尾芙佐 訳)

ホーム > Booksリスト > 幸福な王子/柘榴の家

幸福な王子/柘榴の家

幸福な王子/柘榴の家

  • ワイルド/小尾芙佐 訳
  • 定価(本体880円+税)
  • ISBN:75347-4
  • 発売日:2017.1.11

大人のために訳しました ビターな味わいの童話集

物語

ひたむきな愛を描く「幸福な王子」。恋する学生に身を捧げる「小夜啼き鳥と薔薇」。わがままな男と子どもたちの交流を描く「身勝手な大男」。愛の行きつく果てを示す「漁師とその魂」など、道徳的な教訓だけではないさまざまな味わいの、大人にこそ読んでほしい童話集。全9篇収録。


内容

ワイルドはこの童話集を子供たちに話して聞かせるため、(中略)書いたといわれているが、ワイルドが意図するところは、あくまでも繊細な心をもつ大人たちのためということではなかったかと思われてならない。これを読み終えたとき、わたしの大人の心が感じたままにこれを訳してみたいという思いが湧いた。(訳者)


解説

「魂の迷宮への誘い──オスカー・ワイルドの「童話」を読む」田中裕介(青山学院大学准教授)


目次
  • 幸福な王子とその他の物語
  • 幸福な王子
  • 小夜啼き鳥と薔薇
  • 身勝手な大男
  • 忠実な友
  • 非凡なる打ち上げ花火
  • 柘榴の家
  • 若き王
  • 王女の誕生日
  • 漁師とその魂
  • 星の子
オスカー・ワイルド
[1854−1900] アイルランド出身の作家・劇作家。外科医で著述業の父と、作家である母との間に次男として生まれる。自身の唱える芸術至上主義を身をもって実践し、ロンドン社交界で脚光を浴びる。29歳で結婚。『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』『ウィンダミア卿夫人の扇』などの話題作を発表し時代の寵児となるが、同性愛の罪で逮捕・投獄される。出獄後フランスに渡るも、3年後の1900年、パリにて客死。
[訳者]小尾芙佐
1932年生まれ。津田塾大学英文科卒。翻訳家。訳書に『闇の左手』(ル・グィン)、『われはロボット』(アシモフ)、『アルジャーノンに花束を』(キイス)、『IT』(キング)、『消えた少年たち』(カード)、『竜の挑戦』(マキャフリイ)、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』(ハッドン)、『くらやみの速さはどれくらい』(ムーン)、『ジェイン・エア』(C・ブロンテ)、『高慢と偏見』(オースティン)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『カンタヴィルの幽霊/スフィンクス』(ワイルド/南條竹則 訳)

ホーム > Booksリスト > カンタヴィルの幽霊/スフィンクス

カンタヴィルの幽霊/スフィンクス

カンタヴィルの幽霊/スフィンクス

  • ワイルド/南條竹則 訳
  • 定価(本体980円+税)
  • ISBN:75321-4
  • 発売日:2015.11.11
  • 電子書籍あり

親友の女性作家(エイダ・レヴァーソン)とのウィットあふれるコラボレーション!
異色のオリジナル短篇集

作品

本書には短篇小説「秘密のないスフィンクス」と詩「スフィンクス」も収録し、さらに親友だったエイダ・レヴァーソンの作品を付録にした。種明かしをすると、これはいわば"スフィンクスづくし"の趣向で、ワイルドはレヴァーソンのことを、"スフィンクス"と呼んでいたのです。(訳者)


物語

結婚を控え、手相占いに翻弄される「アーサー・サヴィル卿の犯罪」。生真面目で頑張り屋の幽霊が棲みつくお屋敷をアメリカ公使一家が買って一騒動「カンタヴィルの幽霊」。長詩「スフィンクス」ほか短篇4作に、出獄したワイルドを迎えた親友の女性作家エイダの「回想」を含む佳作を収録。

オスカー・ワイルド
[1854−1900] アイルランド出身の作家・劇作家。外科医で著述業の父と、作家である母との間に次男として生まれる。自身の唱える芸術至上主義を身をもって実践し、ロンドン社交界で脚光を浴びる。29歳で結婚。『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』『ウィンダミア卿夫人の扇』などの話題作を発表し時代の寵児となるが、同性愛の罪で逮捕・投獄される。出獄後フランスに渡るも、3年後の1900年、パリにて客死。
[訳者]南條竹則
東京生まれ。小説『酒仙』で第5回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。主な著書に小説『あくび猫』、エッセイ『恐怖の黄金時代──英国怪奇小説の巨匠たち』『ドリトル先生の英国』、『吾輩は猫画家である』、主な訳書に『ねじの回転』(ジェイムズ、共訳)、『D.G.ロセッティ作品集』(共訳)、『アーネスト・ダウスン作品集』、『新アラビア夜話』(スティーヴンスン、共訳)、『木曜日だった男 一つの悪夢』(チェスタトン)、『白魔』(マッケン)、『天来の美酒/消えちゃった』(コッパード)、『秘書綺譚』(ブラックウッド)、『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』(オブライエン)、『エリア随筆』(ラム)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『サロメ』(ワイルド/平野啓一郎 訳)

ホーム > Booksリスト > サロメ

サロメ

サロメ

  • ワイルド/平野啓一郎 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75248-4
  • 発売日:2012.4.12
  • 電子書籍あり

王女サロメの真の姿とは?作家・平野啓一郎、初の翻訳!

内容

妖しい月光の下、継父へロデ王の御前で艶やかに舞ってみせた王女サロメが褒美に求めたものは、囚われの美しき預言者ヨカナーンの首だった----少女の無垢で残酷な激情と悲劇的結末を鮮烈に描いた傑作が、作家・平野啓一郎の新訳で甦る!
宮本亜門による舞台化原作。


オスカー・ワイルド
[1854−1900] アイルランド出身の作家・劇作家。外科医で著述業の父と、作家である母との間に次男として生まれる。自身の唱える芸術至上主義を身をもって実践し、ロンドン社交界で脚光を浴びる。29歳で結婚。『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』『ウィンダミア卿夫人の扇』などの話題作を発表し時代の寵児となるが、同性愛の罪で逮捕・投獄される。出獄後フランスに渡るも、3年後の1900年、パリにて客死。
[訳者]平野啓一郎
1975年愛知県生まれ。京都大学法学部卒業。小説家。1999年、在学中に『日蝕』で120回芥川賞を受賞。以後も『葬送』、『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)、『ドーン』(Bunkamuraドゥマゴ文学賞授賞)などの意欲作を発表。各国で翻訳紹介されている。他の代表作に『高瀬川』『滴り落ちる時計たちの波紋』『顔のない裸体たち』『かたちだけの愛』など。またエッセイ、評論などの分野でも活躍している。本作『サロメ』は初の翻訳。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ドリアン・グレイの肖像』(ワイルド/仁木めぐみ 訳)

ホーム > Booksリスト >ドリアン・グレイの肖像

ドリアン・グレイの肖像

ドリアン・グレイの肖像

  • ワイルド/仁木めぐみ 訳
  • 定価(本体780円+税)
  • ISBN:75118-0
  • 発売日:2006.12.7
  • 電子書籍あり

「若さ! 若さ! 若さをのぞいたらこの世に何が残るというのだ!」
美貌を保つ肉体と醜く変貌する魂の対比。
ワイルドの芸術観・道徳観が盛り込まれた代表作。

作品

舞台はロンドンのサロン。美貌の青年ドリアンと彼に魅了される画家バジル。 そしてドリアンを自分の色に染めようとする快楽主義者のヘンリー卿。 卿に感化され、快楽に耽り堕落していくドリアンは、その肖像画だけが醜く変貌し、 本人は美貌と若さを失うことはなかったが......。


訳者あとがきより

イギリス上流社会のある種、浮世離れしたきらびやかな雰囲気を味わい、全編にちりばめられた気まぐれで矛盾だらけの警句の数々に心地よくもてあそばれながら、自分の存在理由である「美」と「若さ」を守ろうとするドリアンの苦悩と焦燥を共に体験していただきたい。

オスカー・ワイルド
[1854−1900] アイルランド出身の作家・劇作家。外科医で著述家の父と、詩人であった母との間に次男として生まれる。自身の唱える芸術至上主義を身をもって実践し、ロンドン社交界で人気者となる。29歳で結婚。『サロメ』『ウィンダミア卿夫人の扇』などの話題作を発表し時代の寵児となるが、同性愛の罪で逮捕・投獄。出獄後フランスに渡るも、3年後の1900年、パリにて客死。
[訳者]仁木めぐみ
翻訳家。主な訳書に『ローマ人が歩いた地中海』(T・ペロテット)、『琥珀蒐集クラブ』(S・ベリー)、『ナイトクラブの罠』(H・ローウェル)、『悪魔のピクニック』(T・グレスゴー)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

《書評》『サロメ』―読売新聞2012年5月27日

2012年5月27日(日)の読売新聞読書欄で『サロメ』(ワイルド/平野啓一郎 訳)を取り上げていただきました。評者はロバート キャンベルさん。

可愛く危険な新訳
cover146.jpg

「...ワイルド以降、サロメは究極の悪女として描かれてきた。(中略)
しかし訳者がいうには、彼女の本当の魅力はそこにはない。むしろ親に背負わされた罪障が生み出す色気と、少女らしい純真さのミックスによって戯曲が彩られているという。卓見である。底本のフランス語初版でも、台詞はみずみずしいほど平易で世慣れしていない。主役のふわりと可愛くかつ危険な言葉で、悲劇は読者をいっそう深く暗い場所にいざなってくれるようだ。訳者あとがきと注釈、英文学者田中裕介による解説も冴えている。」


cover146.jpg サロメ
ワイルド/平野啓一郎 訳
定価(本体724円+税)

2012年5月29日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ドリアン・グレイの肖像』公演のお知らせ

dorian_setagaya-pt.jpg

世田谷パブリックシアターで8月21日(金)から、鈴木勝秀さん構成・演出で『ドリアン・グレイの肖像』が上演されます。
『ドリアン・グレイの肖像』はワイルドの代表作でもあり、光文社古典新訳文庫にも収録されています。
青年たちの美と若さを追求した、ワイルドの芸術観・道徳観が盛り込まれた本作を原作とともに、舞台でもぜひ味わってください。


■2009年8月21日(金)〜8月31日(月)
 世田谷パブリックシアター
《構成・演出》鈴木勝秀
《出演》山本耕史/須藤温子/伊達暁/米村亮太朗/
    三上市朗/加納幸和


また、8月23日(日)18時30分から、上演作品レクチャーも開催されます。

「オスカー・ワイルドの肖像ー反逆者そして/または逸脱者」
講師:及川和夫(早稲田大学教育学部教授)

[場所]世田谷文化生活情報センター5階 セミナールーム
[受講費]1000円 [定員]40名 
[締切]先着順、定員になり次第終了
[お申し込み・お問い合わせ]TEL:03-5432-1526  世田谷パブリックシアター学芸


cover18.jpg ドリアン・グレイの肖像
ワイルド 作/仁木めぐみ 訳
定価780円(税込み)

2009年8月 6日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト