光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“中澤 務”タグの付いているブログ記事

『人生の短さについて 他2篇』(セネカ/中澤 務 訳)

ホーム > Booksリスト > 人生の短さについて 他2篇

人生の短さについて 他2篇

人生の短さについて 他2篇

  • セネカ/中澤 務 訳
  • 定価(本体900円+税)
  • ISBN:75350-4
  • 発売日:2017.3.9
  • 電子書籍あり

過去と向き合い、現在(いま)に集中する。
2000年読み継がれてきた、よく生きるための処方箋
マインドフルネスの元祖

作品

人生は浪費すれば短いが、過ごし方しだいで長くなると説く表題作。逆境にある息子の不運を嘆き悲しむ母親を、みずからなぐさめ励ます「母ヘルウィアへのなぐさめ」。仕事や友人、財産との付き合い方をアドヴァイスする「心の安定について」。古代ローマの哲学者セネカが贈る"人生の処方箋"。


内容

二千年たった今でも、われわれは、あいかわらず多忙の中で生きています。もしかしたら、多忙による自己喪失の度合いは、現代のほうがはるかに大きいのかもしれません。セネカの考察は、このような現代のわれわれが、自分の本当の時間を取り戻すためにも、重要な手がかりを与えてくれるのではないでしょうか。(訳者)


セネカ
[1B.C.- 65A.D.] ローマ帝国の属州ヒスパニア・バエティカのコルドバに生まれる。子どものころから本格的に哲学を学び、その道に進もうとしたが、父に許されず断念。政治の道を目指しカリグラ帝時代に財務官として活躍する。カリグラ帝が暗殺されクラウディウスが皇帝に就くと、その妃メッサリナの画策により姦通罪に問われ、コルシカ島へ追放される。8年余りの追放生活ののちローマに戻り、ネロの教育係となる。ネロが皇帝に就任後は政治的補佐を務めるが、制御することができず辞表を出す。隠遁生活に入ってからは精力的な執筆活動をおこなった。その後、ネロ暗殺の陰謀が発覚。陰謀に加担した嫌疑で自殺を命じられ、みずから命を絶った。
[訳者]中澤 務 Nakazawa Tsutomu
1965年生まれ。関西大学文学部教授。古代ギリシャ哲学を中心に、哲学・倫理学の諸問題を幅広く研究する。著書に『ソクラテスとフィロソフィア』。共著に『技術と身体』『都市の風土学』『バイオエシックスの展望』。訳書に『詩編注解』(アウグスティヌス、共訳)、『プロタゴラス----あるソフィストとの対話』『饗宴』(プラトン)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『饗宴』(プラトン/中澤 務 訳)

ホーム > Booksリスト > 饗宴

饗宴

饗宴

  • プラトン/中澤 務 訳
  • 定価(本体933円+税)
  • ISBN:75276-7
  • 発売日:2013.9.10
  • 電子書籍あり

シリーズ第4弾
プラトン哲学の神髄、決定訳で登場! 『饗宴』はエロスを語る"飲み会"だった!

作品

なぜ男は女を求め、女は男を求めるのか? 愛の神エロスとは何なのか? 悲劇詩人アガトンの優勝を祝う飲み会に集まったソクラテスほか6人の才人たちが、即席でエロスを賛美する演説を披瀝しあう。プラトン哲学の神髄ともいうべきイデア論の思想が論じられる対話篇の最高傑作。


内容

「本作は、エロスをめぐる文学性あふれる物語の中に、高度な哲学的考察を有機的に溶け込ませ、一つの完成された哲学的物語を構築することに成功しているのです」(解説より)


主要登場人物
  • アポロドロス
  • ソクラテスの弟子で、この物語の語り手。
  • アリストデモス
  • ソクラテスの弟子で、饗宴の様子をアポロドロスに伝えた人。
  • ソクラテス
  • アテネの哲学者。53歳。
  • アガトン
  • アテネの悲劇詩人。饗宴の主催者。30歳くらい。
  • パイドロス
  • 弁論術に関心を寄せるアテネの若者。20代後半。
  • パウサニアス
  • アガトンの恋人。おそらくソクラテスと同世代。
  • エリュクシマコス
  • アテネの医師。パイドロスの恋人。30代前半。
  • アリストファネス
  • アテネの喜劇詩人。30代なかば。
  • ディオティマ
  • ソクラテスにエロスの道を伝授したマンティネイアの女性。
  • アルキビアデス
  • アテネの政治家。30代なかば。
プラトン
[427−347 B.C.] 古代ギリシャを代表する哲学者。アテネの名門の家系に生まれる。師ソクラテスとの出会いとその刑死をきっかけに哲学の道に入り、40歳ころには学園「アカデメイア」を創設して、晩年まで研究・教育活動に従事した。ソクラテスを主人公とする「対話篇」作品を生涯にわたって書き続け、その数は30篇を超える。主な作品として、本書をはじめ、『ソクラテスの弁明』『メノン』『パイドン』『饗宴』『国家』『テアイテトス』『法律』などがある。その壮大な体系的哲学は、後世の哲学者たちに多大な影響を及ぼした。
[訳者]中澤 務 Nakazawa Tsutomu
1965年生まれ。関西大学文学部教授。古代ギリシャ哲学を中心に、哲学・倫理学の諸問題を幅広く研究する。著書に『ソクラテスとフィロソフィア』。共著に『技術と身体』『都市の風土学』『バイオエシックスの展望』。訳書に『詩編注解』(アウグスティヌス、共訳)、『プロタゴラス----あるソフィストとの対話』(プラトン)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年9月10日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『プロタゴラス----あるソフィストとの対話』(プラトン/中澤 務 訳)

ホーム > Booksリスト > プロタゴラス----あるソフィストとの対話

プロタゴラス

プロタゴラス
----あるソフィストとの対話

  • プラトン/中澤 務 訳
  • 定価(本体686円+税)
  • ISBN:75221-7
  • 発売日:2010.12.9
  • 電子書籍あり
試し読み用PDFをダウンロードできます

「訳者まえがき/プロローグ/第1章 ヒポクラテスとの対話」


プラトン対話篇 最良の入門書36歳のソクラテスが論敵プロタゴラスに挑む!

作品

若きソクラテスが、百戦錬磨の老獪なソフィストを相手に、悪戦苦闘しながら、大胆に議論を戦わせる。ここには老人のソクラテスはいない。躍動感あふれる新訳で甦る、ギリシャ哲学の傑作!


内容

「人間の徳は、教えられるものなのか?」「ソフィストとは、そもそも何者か?」。
若くて血気盛んなソクラテスは、アテネを訪問中のプロタゴラスのもとにおもむき、徳をめぐる対話をはじめる。しかし、対話は二転三転。次第に哲学的色彩を強めながら、やがて意外な結末を迎えることになる。

主要登場人物
  • ソクラテス
  • アテネの哲学者で、この物語の語り手。さまざまな人々とアレテー徳をめぐる対話をしている。このころ、三十六歳くらい。
  • プロタゴラス
  • ソフィストの重鎮。アブデラ出身で、年齢は六十歳に近い。ソフィストとしての長年の活躍で、ギリシャ中に名声がとどろいている。
  • ヒッピアス
  • エリス出身の、博覧強記のソフィスト。ソクラテスと同世代。
  • プロディコス
  • ケオス島イウリス出身のソフィストで、言葉の分析にたける。ソクラテスと同世代。
  • ヒポクラテス
  • プロタゴラスへの弟子入りを切望するアテネの青年。裕福なアポロドロス家の息子。
  • カリアス
  • アテネの大富豪の息子で、ソフィストたちの熱烈な庇護者。このころ、二十代半ば。
  • アルキビアデス
  • 十七歳くらいの美青年。ソクラテスをはじめ多くの崇拝者を集めている。

プラトン
[427−347 B.C.] 古代ギリシャを代表する哲学者。アテネの名門の家系に生まれる。師ソクラテスとの出会いとその刑死をきっかけに哲学の道に入り、40歳ころには学園「アカデメイア」を創設して、晩年まで研究・教育活動に従事した。ソクラテスを主人公とする「対話篇」作品を生涯にわたって書き続け、その数は30編を超える。主な作品として、本書をはじめ、『ソクラテスの弁明』、『メノン』、『パイドン』、『饗宴』、『国家』、『テアイテトス』、『法律』などがある。その壮大な体系的哲学は、後世の哲学者たちに多大な影響を及ぼした。
[訳者]中澤 務 Nakazawa Tsutomu
1965年生まれ。関西大学文学部教授。古代ギリシャ哲学を中心に、哲学・倫理学の諸問題を幅広く研究する。著書に『ソクラテスとフィロソフィア』。共著に『技術と身体』、『都市の風土学』、『バイオエシックスの展望』。訳書に『詩編注解』(アウグスティヌス、共訳)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト