光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“亀山郁夫”タグの付いているブログ記事

「日本ドストエフスキー協会(DSJ)」が亀山郁夫先生の呼びかけで設立!

このたび、亀山郁夫先生の呼びかけで「日本ドストエフスキー協会」が設立されました。副会長には望月哲男先生、沼野充義先生が理事として参加されています。

「ドストエフスキーの文学や広く世界の文学、芸術を愛する人たちが自由に集い、語らいあう」場として活動を広げ、ドストエフスキー生誕200年となる2021年に向けて、国際シンポジウム、講演会、セミナーなどの開催やDSJ ウェブジャーナルとメールマガジンの刊行が予定されています。随時、入会の希望を受け付けていますので、関心のある方はぜひ日本ドストエフスキー協会のウェブサイトをご覧ください。


カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1<全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7
  • 電子書籍あり
罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9
  • 電子書籍あり
悪霊1

悪霊1 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75211-8
  • 発売日:2010.9.9
  • 電子書籍あり
白痴 1

白痴 1

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体860円+税)
  • ISBN:75320-7
  • 発売日:2015.11.11
  • 電子書籍あり
死の家の記録

死の家の記録

  • ドストエフスキー/望月哲男 訳
  • 定価(本体1,505円+税)
  • ISBN:75265-1
  • 発売日:2013.2.13
  • 電子書籍あり
cover_sekai05-01.jpg

つまり、読書は冒険だ。
対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義5

  • 沼野充義/編著
  • 定価(本体1,900円+税)
  • ISBN:97882-2
  • 発売日:2017.03
  • 電子書籍あり

2017年5月26日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『白痴 2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > 白痴

白痴 2

白痴 2

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体860円+税)
  • ISBN:75348-1
  • 発売日:2017.2.9

聖なる愚者=ムイシキン公爵を蝕んだ「三角関係」(ロゴージンとナスターシヤ)のゆくえとは⁉
ねじれた友情と歪んだ愛〈全4巻〉

作品

ドストエフスキーが書いた最高の「恋愛小説」。第1巻のあの狂乱に満ちたドラマチックな夜会から半年。白夜の季節の到来とともに、莫大な遺産を受け取ることになったムイシキン公爵が相続の手続きを終えてモスクワに戻ってきます。炎の友ロゴージンとの再会、あの絶世の美女ナスターシヤとの遭遇、そしてお世話になったエリザヴェータ夫人の末娘アグラーヤの不思議な思惑が新たな「三角関係」を予感させて......。


物語

あのドラマチックな夜会から半年。白夜の季節の到来とともに、相続の手続きを終えたムイシキン公爵がモスクワに戻ってくる。炎の友ロゴージンと再会したとき、愛のトライアングルがひそかに形を変えはじめた。謎の女性ナスターシヤはどこにいるのか。そして、絶世の美少女アグラーヤの不思議な思惑は......。


ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『謎とき「悪霊」』『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー 共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』『悪霊』(以上、ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |

「ブックオカ2016」で亀山郁夫さん講演会「ドストエフスキーを読む 〜『白痴』刊行にあたって」11月6日(日)開催 

11月1日(火)から福岡市内各所で、本にまつわる様々なイベントが行われるBOOKUOKA(ブックオカ)2016。今年も亀山郁夫さんの講演会が開催されます。亀山ドストエフスキー第4弾となる『白痴』(全4巻)の刊行について語ってくださいます。ぜひ足をお運びください。

亀山郁夫さん講演 福岡で考えるドストエフスキー 「《黙過》と想像力〜世界の不幸を見つめて」
亀山郁夫さん
《日時》11月6日(日)13:30〜(開場13:00)
《会場》西南学院大学博物館 2階講堂[福岡市早良区西新3丁目13番1号]
《料金》500円 要予約(先着200名)
《お問合せ》info@bookuoka.com  Tel: 092-406-2036(忘羊社)
《共催》西南学院大学学内GP「〈ことばの力〉養成講座」/光文社/一般財団法人・光文文化財団
BOOKUOKA(ブックオカ)2016ウェブサイト(開催期間:11/1〜11/20)
イベントの詳細と予約フォームはこちら
白痴 1

白痴 1

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体860円+税)
  • ISBN:75320-7
  • 発売日:2015.11.11
  • 電子書籍あり
カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7
  • 電子書籍あり
罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9
  • 電子書籍あり
悪霊1

悪霊1 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75211-8
  • 発売日:2010.9.9
  • 電子書籍あり

2016年10月31日 光文社古典新訳文庫編集部 |

〈猫町倶楽部特別イベント〉挫折派・積読派のための長編小説 完読支援企画 「カラマーゾフの兄弟を読む」読書会&亀山郁夫先生レクチャー、4月10日(日)開催

猫町倶楽部の特別イベント、「挫折派・積読派のための長編小説 完読支援企画 「カラマーゾフの兄弟を読む」」読書会&レクチャーのお知らせです。

この「「カラ兄」完読を支援するイベント」、先日(2月28日)『カラマーゾフの兄弟』の訳者・亀山郁夫先生の講演会と懇親会が大盛況のうちに終了し、今度は4月10日と6月5日(予定)2回にわたって読書会&レクチャーが開催されます。ぜひご参加ください。

イベントの詳細は、猫町倶楽部のサイトをご覧ください。


猫町倶楽部ウェブサイト/2月28日亀山郁夫先生講演会・懇親会の開催レポートページ
挫折派・積読派のための長編小説完読支援企画
「カラマーゾフの兄弟を読む」
《日時》2016年4月10日(日)
受付開始16:00〜/読書会16:30〜18:30/亀山郁夫先生レクチャー18:40〜19:40/19:40~21:30アフターパーティー(懇親会)
《会場》代官山 chano-ma
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 za houseビル2F TEL:03-5428-4443)
《定員》100名
《参加条件》光文社古典新訳文庫版「カラマーゾフの兄弟」2巻までの読了及びドレスコード[ロシア]を遵守
※ドレスコードは参加者の方の服装などの装いに一定のテーマや決まりを設定することで会をより楽しくする『遊び』です。自由な発想で楽しんでください。
《参加費》読書会&レクチャー2500円/懇親会4000円 ※[学割あり]
イベントの詳細と参加のお申込みは猫町倶楽部ウェブサイトをご覧ください。
猫町倶楽部ウェブサイト/挫折派・積読派のための長編小説 完読支援企画 「カラマーゾフの兄弟を読む」
カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7
カラマーゾフの兄弟 2

カラマーゾフの兄弟2 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体781円+税)
  • ISBN:75117-3
  • 発売日:2006.11.9

2016年3月16日 光文社古典新訳文庫編集部 |

「1年で学ぶ教養講座・悲劇と魂のゆくえ ドストエフスキーの四大長編を解読する」(講師:亀山郁夫先生)4月9日からNHK文化センター青山教室で 

現在『白痴』を刊行中の亀山郁夫さんが講師をされる「一年で学ぶ教養講座・悲劇と魂のゆくえドストエフスキーの四大長編を解読する」が4月からNHK文化センター青山教室で始まります。
『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』『悪霊』、そして『白痴』を1年間、時間をかけて学ぶ講座です。この機会にぜひご参加ください。

1年で学ぶ教養講座・悲劇と魂のゆくえ ドストエフスキーの四大長編を解読する
昨年、小説『新カラマーゾフの兄弟』を発表した講師が、自伝的、時代的背景を明らかにしつつ現代的視点から読みときます。対談も予定。
《日時》 4月9日(土)から10回 (2016年4月〜2017年3月) 13:00〜14:30
《場所》NHK文化センター青山教室[東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館4F]
《講師》亀山郁夫さん(名古屋外国語大学学長)
《受講料》 32,400円/2月24日(水)9:30 受付開始 
《講座の詳細・お申込み》
NHK文化センター青山教室ウェブサイト
4月期講座のPDF
白痴 1

白痴 1

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体860円+税)
  • ISBN:75320-7
  • 発売日:2015.11.11
悪霊1

悪霊1 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75211-8
  • 発売日:2010.9.9
罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9
カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7

2016年2月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

〈猫町倶楽部特別イベント〉挫折派・積読派のための長編小説 完読支援企画 「カラマーゾフの兄弟を読む」亀山郁夫さん講演会&懇親会、2月28日(日)開催

猫町倶楽部の特別イベント、「挫折派・積読派のための長編小説 完読支援企画 「カラマーゾフの兄弟を読む」」のお知らせです。

この「「カラ兄」完読を支援するイベント」は3回にわたって行われる予定で、今回は第一弾の読書会プレイベントとして、『カラマーゾフの兄弟』の訳者・亀山郁夫先生の講演会と懇親会が開催されます。全五巻を読破するコツやポイントを直接亀山先生からレクチャーしてもらえるそうです! 懇親会では完読するための遊び企画も。これから『カラマーゾフの兄弟』を読みたい方、ふるってご参加ください。古典新訳文庫の『カラマーゾフの兄弟』を持っていくと亀山先生の激励サインがもらえます!
イベントの詳細は、猫町倶楽部のサイトをご覧ください。

挫折派・積読派のための長編小説完読支援企画
第一弾「カラマーゾフの兄弟を読む」
《日時》2016年2月28日(日)
受付開始16:00〜/講演会16:30〜17:40 /懇親会17:40〜20:00
《会場》代官山 chano-ma
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 za houseビル2F TEL:03-5428-4443)
《定員》120名
《参加条件》『カラマーゾフの兄弟』をこれから読もうと思っている人及びドレスコード[黒]を遵守
※読書会に向けてもう一度読もうと思っている人も大歓迎です。
※ドレスコードは参加者の方の服装などの装いに一定のテーマや決まりを設定することで会をより楽しくする『遊び』です。自由な発想で楽しんでください。
《参加費》講演会のみ1800円/講演会・懇親会セット参加5000円 ※[学割]500円引きになります
イベントの詳細と参加のお申込みは猫町倶楽部ウェブサイトをご覧ください。
猫町倶楽部ウェブサイト/挫折派・積読派のための長編小説 完読支援企画 「カラマーゾフの兄弟を読む」
カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7

2016年1月26日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『白痴 1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > 白痴

白痴 1

白痴 1

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体860円+税)
  • ISBN:75320-7
  • 発売日:2015.11.11
  • 電子書籍あり

壮絶な「愛×苦悩・絶望×恍惚」!
ドストエフスキーが書いた「ほんとうに美しい人」の大冒険、始まる!

作品

果てしない純粋さと、果てしない傲慢のあいだに揺れる彼女の本心は、どこに隠されているのか。それは、ナスターシヤ自身のセリフを注意ぶかく読み解くところからしか理解できない。その作業は、読者を最後まで放さない、心おどる課題でもあるだろう。(訳者)


物語

人々は彼を、愛情をこめて「白痴」と呼ぶ......。この最高の「恋愛小説」は、ペテルブルグへ向かう鉄道列車の中から始まる。スイスからロシアに帰る途中のムイシキン公爵と、父親の莫大な遺産を相続したばかりのロゴージン。2人の青年が出会った絶世の美女、ナスターシヤをめぐる熱き友情と闘い。


ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『謎とき「悪霊」』『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー 共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』『悪霊』(以上、ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会 ドストエフスキー『白痴』ついに刊行開始!亀山郁夫さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で11月26日(木)開催(※定員に達したため受付を終了いたしました)

紀伊國屋書店電子書店Kinoppyとのコラボレーション企画「Readers Club読書会(Readin Session)」、第12弾は、刊行がスタートしたドストエフスキー『白痴』の訳者・亀山郁夫さんをお迎えして開催します。


亀山郁夫さん

ドストエフスキーの5大長編小説の第四弾。『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』『悪霊』に続いて、ついに『白痴』の刊行が始まりました。待望久しい亀山郁夫先生の新訳です。主人公ムイシキン公爵と恋敵のロゴージンの列車での出会いから、物語は始まります。絶世の美女、ナスターシャをめぐる恋のさや当てが、狂気に満ちた激しさで繰り広げられます。また「この世でもっとも美しい人」ムイシキン公爵がみずから目撃した死刑を語る場面も、ドストエフスキーの個人的な体験を彷彿とさせる緊迫感にあふれていて読みどころのひとつ。スピード感あふれる文体で、物語は進んでいきます。ドストエフスキーの長編小説のなかでは、異色とも言える恋愛を主題にしたこの小説の無類の面白さが、全篇に横溢しています。亀山訳ならではの、親しみやすさと人物描写の巧みさが読者をとらえて離しません。いつもながらの丁寧な解説も読み応え万点。

今回の読書会では、本書を翻訳された亀山先生をお迎えして、この作品の読みどころや魅力、これまでの長編の翻訳との関連、新訳における工夫や苦労といったことについて、縦横無尽に語って頂きます。

※『白痴 1』は11月11日(水)発売です。

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #12
ドストエフスキー『白痴』ついに刊行開始!亀山郁夫さんを迎えて
img_book219.jpg
《日時》2015年11月26日(木)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》45名  ※定員に達し次第、受付を終了
《参加費》無料
《参加方法》紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を受付中です。お電話でのご予約も承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※紀伊國屋書店新宿本店の他の電話番号におかけになられても、ご予約は承れませんのでご注意下さい。
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には亀山先生の著作・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。
 詳しくは 紀伊國屋書店新宿店ウェブサイトをご覧ください

2015年11月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |

「ブックオカ2015」に猫町倶楽部が参加!課題本はドストエフスキー『罪と罰』懇親会に訳者の亀山郁夫さんも参加

10月20日から開催中の「ブックオカ2015」で、猫町倶楽部読書会が開催されます。今回の課題本はドストエフスキー『罪と罰』。懇親会には訳者の亀山郁夫さんと古典新訳文庫編集長の駒井も参加します。

猫町倶楽部読書会が福岡市で行われるのは今回が初めて。お近くの方は、この機会にぜひご参加ください。

《日時》2015年11月21日(土)
受付開始15:30〜/読書会16:00~18:00 /懇親会 18:30~20:30
《会場》D&DEPARTMENT FUKUOKA
(福岡市博多区博多駅前1-28-8 2F TEL:092-432-3342)
《定員》40名
《参加条件》課題図書『罪と罰』1巻〜3巻の読了及びドレスコードの遵守。
ドレスコードは「白と黒」。
(課題本の読了はこの会の大切な条件です。未読の方のご参加はご遠慮ください。)
《参加費》読書会1500円  懇親会2500円 ※[学割]読書会は500円引きになります
●イベントの詳細と参加申込みは猫町倶楽部ウェブサイトをご覧ください。
猫町倶楽部ウェブサイト
《協賛》株式会社 光文社
罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9
罪と罰2

罪と罰2<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体800円+税)
  • ISBN:75173-9
  • 発売日:2009.2.10
罪と罰3

罪と罰3 <全3巻 最終巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体876円+税)
  • ISBN:75184-5
  • 発売日:2009.7.9

2015年11月 1日 光文社古典新訳文庫編集部 |

「読もう!行こう! 京都×光文社」光文社創立70周年記念 亀山郁夫さん講演会に古典新訳文庫からご招待 11月21日(土)京都教育文化センターで

「本屋さん」の魅力をもっと多くの人に知ってもらうために、京都府内約170店が参加して、11月1日〜11月30日まで、「読もう!行こう! 京都×光文社 本屋さんへ行こう!キャンペーン」を実施します。

11月21日(土)には、亀山郁夫さんをお迎えして講演会を開催します。この講演会は光文社の創立70周年を記念して行われます。

亀山ドストエフスキー第一弾『カラマーゾフの兄弟』から、刊行が始まる第四弾『白痴』(全4巻)まで、ドストエフスキーの魅力を余すことなく亀山郁夫さんに語っていただきます。紅葉も見頃になる季節、ぜひ京都へ!多くの皆さまのご応募をお待ちしております。

亀山郁夫講演会『カラマーゾフから白痴まで』
20111001-2011S02_kameyama.jpg
《日時》11月21日(土)14:00〜16:00
《会場》京都教育文化センター2階ホール [京都市左京区聖護院川原町4-13]
《応募方法》下記Eメール宛にご応募ください。
【Eメール】kotenshinyaku-event(アットマーク)kobunsha.com
■トークイベント名(亀山郁夫講演会『カラマーゾフから白痴まで』)
■郵便番号、住所
■氏名
■年齢
■電話番号
■参加人数(複数応募の場合は全員の必要事項)
をご記入のうえ、お申し込みください。
■応募締切:11月12日 (木)
※招待状はそれぞれに個別で発送します。1 枚で入れるのは1 名のみです。
※個人情報は、光文社で適切に管理し、本イベントに関連するお問い合わせのみに利用し、それ以外の目的には利用いたしません。
イベントの詳細はこちら
《主催》光文社
《協力》京都府書店商業組合 京都新聞COM リーフ・パブリケーションズ エフエム京都
「読もう!行こう! 京都×光文社」ウェブサイト
カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1<全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7
罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9
悪霊1

悪霊1 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75211-8
  • 発売日:2010.9.9

2015年10月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |

福岡市「ブックオカ2015」で亀山郁夫さん講演会 11月22日(日)開催 

10月20日(火)から福岡市内各所で、本にまつわる様々なイベントが行われるBOOKUOKA(ブックオカ)2015。10周年を迎えた今年も亀山郁夫さんの講演会が開催されます。亀山ドストエフスキー第4弾となる『白痴』(全4巻)の刊行について語ってくださいます。ぜひ足をお運びください。

亀山郁夫さん講演「ドストエフスキーを読む 〜『白痴』刊行にあたって」
亀山郁夫さん
《日時》11月22日(日)14:00〜16:00(開場13:30)
《会場》西南学院大学博物館 2階講堂[福岡市早良区西新6-2-92]
《料金》500円 要予約(先着200名)
《共催》西南学院大学学内GP「〈ことばの力〉養成講座」/光文社/一般財団法人・光文文化財団
BOOKUOKA(ブックオカ)2015ウェブサイト(開催期間:10/20〜11/22)
イベントの詳細と予約フォームはこちら
カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1<全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7
罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9
悪霊1

悪霊1 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75211-8
  • 発売日:2010.9.9

2015年10月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |

松江市「BOOK在月」で亀山郁夫さん講演会 10月25日(日)開催

「松江を本の街として盛り上げたい!」という有志の方々が集って、本好きが集まる様々なイベントを開催されている「BOOK在月」。10月25日(日)に亀山郁夫さんの講演会が行われます。お近くの方だけでなく遠方からも旅行がてら、ぜひご参加ください。

翻訳のおもしろさがわかる! 亀山郁夫氏講演会『カラマーゾフの兄弟』から『白痴』まで― 現代に生きるドストエフスキー
「BOOK在月」10月25日(日)亀山郁夫さん講演会
《日時》10月25日(日)14:00〜16:00(開場13:30)
《会場》松江市・カラコロ工房 地下1階 大金庫室 [松江市殿町43]
《料金》前売1,000円 当日1,500円(いずれも自由席)
※今井書店グループセンター店・殿町店で取扱い (予定枚数に達し次第販売終了)
《主催》BOOK在月実行委員会
《協力》光文社
■詳しくはBOOK在月のウェブサイトをご覧ください。
BOOK在月
カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1<全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7
罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9
悪霊1

悪霊1 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75211-8
  • 発売日:2010.9.9

2015年10月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |

映画『雪の轍(わだち)』公開記念トークイベント「チェーホフ、ドストエフキー、トルストイ...文豪たちが『雪の轍(わだち)』を通して語る普遍的な問題とは??」沼野充義先生と亀山郁夫先生が徹底解説!

6月28日(日)に角川シネマ有楽町で行われた沼野充義先生と亀山郁夫先生の映画『雪の轍(わだち)』公開記念トークイベントレポートです。


第67回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した話題作ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作『雪の轍(わだち)』(6月27日(土)から角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館で公開中)。トルコ・カッパドキアが舞台でありながらチェーホフの短編を発想源としており、他にもドストエフスキーやトルストイなど、監督が愛するロシア文学の影響が数多く感じられます。しかしながら、監督は本作に直接影響を与えた作品について明言を避けており、様々な憶測を呼んでいました。

そこで、映画の公開を記念してチェーホフをはじめとするロシア文学の翻訳を手がける沼野充義氏と、同じくロシア文学者で主にドストエフスキーの翻訳を手がける亀山郁夫氏をお招きして、チェーホフとドストエフスキーを中心に本作に描かれた名作文学を徹底解説いただきました。

img_yukinowadachi20150628-01.jpg
6月28日(日)10:30の回上映終了後に登壇された沼野充義さん(左)と亀山郁夫さん
 (角川シネマ有楽町)

一足先に作品をご覧になった沼野氏が、「チェーホフというよりも、むしろドストエフスキーの影響が強いのではないか」ということで、亀山氏に本作を紹介して実現した今回のイベント。まずは「妻」「善人たち」から、ドストエフスキー作品の影響と思われるシーンを沼野氏と亀山氏が解説。物語のきっかけを作る少年の名前は、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」に登場する少年の名前と同じことや、映画のハイライトとなるシーンは特にドストエフスキーの「白痴」にも通ずると解説。さらに話題は、作中に大きなモチーフとして取り上げられた「暴力への無抵抗」というテーマに。これはトルストイが110年以上前に書き上げた日露戦争への警鐘であり、テロリズムや戦争が続く現代の問題でもある、と解説していただきました。熱心にメモを取る観客がいらっしゃり、チェーホフが描いた「人間関係」、ドストエフスキーが描いた「誇りと葛藤」、そしてトルストイが描いた「無抵抗主義」というテーマが100年の時を超え、本作を通して改めて息を吹き返したような、熱のこもったイベントとなりました。

point01.jpg

沼野「こうして3時間以上セリフが延々と続く映画は、いまはどんどんアクションが進み、波瀾万丈なハリウッドのエンターテイメントが主流となっている現代において、ものすごく反時代的な作品とも思われます。だけど、一旦観ると引き込まれて戻ってこれないようなすばらしい作品だと思います。私も年を取って、退屈な映画だと途中で居眠りをしちゃうのですが、これは寝なかったです(笑)

まず私から作品全体の枠組みを解説いたしますと、本作はチェーホフのあまり知られていない作品に強く依拠しています。

監督自身、具体の作品名は言っておりませんが、3つの著作を基にしているとインタビューに答えています。「妻」や「善人たち」という短編はかなり強いように思います。 ただもう1つがよく分からないのですが、おそらく戯曲の「ワーニャ伯父さん」や「三人姉妹」などが考えられますね。しかし、この映画のすごいところは、チェーホフを下敷きにしているということだけでなく、むしろそれと共にドストエフスキーが非常に色濃く響き合っていることだと思います。ですので、今日は亀山さんにドストエフスキーと本作の関わりを語って頂きたいです。」

img_yukinowadachi-poster01.jpg

亀山 「私はこの映画を観て、特に後半部分に「カラマーゾフの兄弟」が強く意識されているなと思いました。映画の少年の名前は「イリヤス」と言います。イリヤスというのはロシア語で「イリヤ」、愛称は「イリューシャ」となります。「カラマーゾフの兄弟」では、後半はイリューシャのまっとうな目のなかで、大人の駆け引きの世界がいかに醜く映っているかが描かれます。「息子の目の前で父親がどうふるまうのか」これがこの映画でも大きなモチーフになっていますね。

また、もう一点は、主人公のアイドゥンが最後にイスタンブールに行くと決断して一度村を離れようとしている時に、ある種の悲劇が起きてしまいます。妻ニハルにとっては、大きな傷として残りそうなすさまじい経験をしている時に、主人公はあの場所を離れている。この構図も実はカラマーゾフ的ですよね。黙過ですね。あの結果は、ある意味主人公がそうなるようそそのかした、という風にも取れないことはないですね。」

沼野 「"黙過"というのはまさに亀山さんらしいドストエフスキー分析ですね。父親の葛藤もドストエフスキー的ですよね。誇りと葛藤を描いていますね。」

亀山 「ドストエフスキーの作品の中では、父親はとても子煩悩に描かれているのですが、『雪の轍(わだち)』の登場人物はドストエフスキーを思わせる人物がいたり、チェーホフを感じるものもありますね。」

沼野 「チェーホフとドストエフスキーはいわば水と油のようで、あまり相性が良くないし、チェーホフはドストエフスキーのことをほとんど無視しているのです。だけどこの2人をこういう風に映画で呼び交わすような緊密な構成のなかで溶け込ませるというのは、どう思われますか?」

亀山 「やはり時代の1870年代の時代の背景があると思いますね。時代が2人を結びつけ、『雪の轍(わだち)』における悪の問題、暴力の問題が、現代が抱えている闇でもあるからだと思います。」

沼野 「チェーホフの「善人たち」のなかでは、トルストイの"無暴力主義"について延々と論議するシーンがあり、『雪の轍(わだち)』でもその議論が延々と繰り広げられています。この"無暴力主義"を今の設定に置き換えてるのにも関わらず、なぜここまで出すのか?と違和感を持たれた方もいると思いますが、これは現代の戦争やテロの問題にも直結しているのです。トルストイの時代にあった緊迫感は今の時代もまさに、いやそれ以上に強い意味を持って現代の我々に語りかけてきているのではないかと思います。」

■イベント開催概要
《日時》6月28日(日)10:30の回上映終了後 14:00〜14:20
《会場》角川シネマ有楽町
[プロフィール]
沼野充義さん(ロシア文学者)
1954年、東京生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(現代文芸論、スラヴ語スラヴ文学研究室)。 著書に、「屋根の上のバイリンガル」、「W文学の世紀へ」、「徹夜の塊 亡命文学論」(サントリー学芸賞受賞)、「ユートピア文学論」(読売文学賞受賞)、訳書に、レム「ソラリス」、ナボコフ「賜物」など。文芸評論、翻訳、日本文学の海外への紹介にも積極的に取り組んでいる。
亀山郁夫さん(ロシア文学者)
1949年、栃木県生まれ。東京外国語大学前学長・名誉教授。名古屋外国語大学学長。専門はロシア文学。20世紀ロシア文学、とりわけ全体主義時代のロシアにおける文学・表象文化全般をめぐって批評活動を行うとともに、最近ではドストエフスキー文学の新たな読解に挑戦している。著書に『磔のロシア』(岩波書店)、『熱狂とユーフォリア』(平凡社)、『ドストエフスキー父殺しの文学』(日本放送出版協会)ほか。
img_yuki-main01.jpg
映画『雪の轍(わだち)』6月27日(土)より、角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!
映画『雪の轍(わだち)』公式ウェブサイト
《関連記事》
沼野充義先生が選んだ"トルコ映画『雪の轍』から読書の環を広げるためのブックリスト"公開中 ↓ ↓ ↓
映画『雪の轍(わだち)』公開直前!沼野充義先生トークイベント、6月21日(日)紀伊國屋書店新宿南店で開催
ワーニャ伯父さん/三人姉妹

ワーニャ伯父さん/三人姉妹

  • チェーホフ/浦 雅春 訳
  • 定価(本体780円+税)
  • ISBN:751873
  • 発売日:2009.7.9

2015年7月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

光文社古典新訳文庫創刊8周年記念 亀山郁夫先生講演会 「古典から考える現代と新しい読書のかたち―ドストエフスキー『罪と罰』を巡って」

p_kameyama01.jpg殺人、戦争、格差、論争の現在に、あらためてドストエフスキー『罪と罰』を再読──
"大義"あれば、"取るに足らない命"を奪うことは人間に赦されるのか?
人間の罪と救済...そして他者との関わりの意味を考えます。

光文社古典新訳文庫創刊8周年の記念企画として、紀伊國屋書店グランフロント大阪店と紀伊國屋書店新宿本店で亀山郁夫先生の連続講演会が開催されます。古典から現代を読み取る──連続講演会を通し、あらためて現代の読書について考えます。ぜひご参加ください。

光文社古典新訳文庫創刊8周年記念
亀山郁夫先生講演会
「古典から考える現代と新しい読書のかたち ―ドストエフスキー『罪と罰』を巡って」
【大阪】
《日時》2014年9月11日(木) 18:30開演 (18:10開場)
《会場》ナレッジキャピタルカンファレンスルーム C05 グランフロント大阪北館(タワーC)8F
《定員》50名様 ※定員に達し次第、受付を終了
《参加費》チケット制 1,000円
 詳しくは 紀伊國屋書店グランフロント大阪店ウェブサイトをご覧ください
【東京】
《日時》2014年9月12日(金) 18:30開演 (18:00開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名様  ※定員に達し次第、受付を終了
《参加費》500円
 詳しくは 紀伊國屋書店新宿店ウェブサイトをご覧ください
罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9

2014年8月20日 光文社古典新訳文庫編集部 |

亀山郁夫さん×太田直子さんトークイベント開催 2月6日(木)三省堂書店 神保町本店で

『カラマーゾフの兄弟』などドストエフスキー作品の訳者・亀山郁夫さんと昨年の秋、新著『ひらけ! ドスワールド 人生の常備薬ドストエフスキーのススメ』( ACクリエイト)を出された映画字幕翻訳者・太田直子さんのトークイベントが三省堂書店神保町本店で開催されます。ぜひ足をお運びください。

亀山郁夫さん×太田直子さんトークイベント 「ドストエフスキー文学の魅力と翻訳の世界を語る」
《日時》2月6日(木)18:30〜
《会場》三省堂書店 神保町本店8階 特設会場
《予約&お問合せ》入場料無料 三省堂書店神保町本店 TEL:03-3233-3312
詳細は三省堂ウェブサイトをご覧ください。
三省堂ウェブサイトイベントページ
カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7
『悪霊別巻「スタヴローギンの告白」異稿』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『悪霊3』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『悪霊2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『悪霊1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『罪と罰3』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『罪と罰2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『罪と罰1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟5 エピローグ別巻』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟4』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟3』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)
『カラマーゾフの兄弟1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

2014年1月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

幸田弘子さん『カラマーゾフの兄弟』朗読会、解説は亀山郁夫さん

朗読家・幸田弘子さんが、あのドストエフスキーの傑作中の傑作『カラマーゾフの兄弟』を朗読します。今回はそのなかから、「少年たち」にスポットを合わせた第4部と、エピローグの各抜粋部分を朗読します。現代がもっとも必要とする慰め、 友情、希望、そして美しい涙があふれる感動の名場面です。ロシア文学者で翻訳者である亀山郁夫先生(現・名古屋外国語大学学長)のお話もあります。
ぜひ足をお運びください。

朗読会の至宝・幸田弘子が 、世界文学の最高峰を読む。 亀山郁夫・解説 『カラマーゾフの少年たち』
《朗読》幸田弘子
《解説》亀山郁夫
《日時》2014年1月25日(土)14時開演(13時半開場)
《場所》東京都中央区銀座4-5-1 教文館ビル9F ウェンライトホール
《チケット》特別価格3,000円
《お問い合わせ》幸田弘子の会 03-3655-2705
詳細はこちらをご覧ください。
イベントウェブサイト
カラマーゾフの兄弟4

カラマーゾフの兄弟4 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体1,029円+税)
  • ISBN:75132-6
  • 発売日:2007.7.12
カラマーゾフの兄弟 5

カラマーゾフの兄弟5 エピローグ別巻 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体629円+税)
  • ISBN:75133-3
  • 発売日:2007.7.12

2014年1月10日 光文社古典新訳文庫編集部 |

「謎とき『悪霊』」(新潮選書)で亀山郁夫先生が読売文学賞を受賞!

謎とき『悪霊』 (新潮選書)古典新訳文庫でドストエフスキー『悪霊』を新訳したばかりの亀山郁夫先生が、この作品のはらむ謎について、長年の研究をもとに書きあげたのが今回の受賞作です。ロシア文学者の故・江川卓さんの「謎とき」シリーズの流れに位置づけられる作品ですが、江川先生の偉業を意識しつつ、今回、亀山先生は満を持して、自分なりの視点で自信を持って、この作品に取り組んだということです。

古典新訳文庫の悪霊別巻で、スタヴローギンの告白の「3つの異稿」を訳出し、さらにそのテキストに詳細な分析を加えた先生の、情熱がほとばしるような著作にこの賞が授与されたのは当然と言えるかもしれません。

授賞式は2月18日(月)18時からに帝国ホテルで行われました。
たくさんの人がお祝いに駆けつけていましたが、先生は壇上での受賞者あいさつの後、パーティに移ると和やかな表情で会場からの祝福を受けていました。すでにたくさんの文学賞を受賞している先生ですが、ドストエフスキーの作品のなかでもひときわ愛着のある『悪霊』での受賞は感慨もひとしおだったようです。

選評を担当した荻野アンナさんのユーモラスな作品の紹介ぶりも、会場の笑いを誘っておりましたが、「謎とき『悪霊』」については、「真面目」に解説していただきました。

今回の受賞作と古典新訳文庫の『悪霊』全4巻を合わせてお読みいただければ、ますます深まる謎に眩惑されつつも、『悪霊』の理解が一段と深まることは間違いありません。まだ読んでいない方は、この機会にぜひご一読をお勧めいたします。

《関連記事》
YOMIURI ONLINE 本よみうり堂/第64回読売文学賞...受賞7氏と作品
毎日新聞/今週の本棚:沼野充義・評『謎とき「悪霊」』(2012年9月16日)
悪霊1

悪霊1 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75211-8
  • 発売日:2010.9.9

2013年2月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

亀山郁夫先生がフジテレビの話題のドラマ『カラマーゾフの兄弟』撮影現場を訪問

2月10日(日)午後3時、とても寒い日でしたが、亀山先生の強いご希望で、都内にある撮影スタジオで第8話を収録中のところにお邪魔しました。担当編集者も初めてのスタジオ訪問で興味津々。まずはスタジオを早速見学。

舞台となる黒澤家の屋敷は外観を鎌倉にある文学館を使用しているため、亀山先生は毎回のドラマの屋敷内の様子も鎌倉文学館の中で撮影していたと思っていたそうで、黒澤家の大広間のスタジオセットを見て、とてもびっくりされていました。原作から読み取ったイメージで細かいところまで想像力を働かせて選ばれた調度品や家具、小物の素晴らしさに感嘆の声、しきりでした。

亀山郁夫先生 ドラマ『カラマーゾフの兄弟』撮影現場で

亀山郁夫先生 ドラマ『カラマーゾフの兄弟』撮影現場で

「それにしても立派なセットだね。収録が終わったら壊してしまうのはもったいない」と先生は何度も嘆息を漏らされていましたが、同行した編集者も、セットにいるというより豪壮な邸宅に招かれたような錯覚に陥りました。とにかく重厚。

そのあと実際のリハーサルと本番を見学。主役の市原隼人さんほか、役者さんたちの真剣な演技を間近にして「すごい迫力があるね」と先生も真剣なまなざしで見つめていました。たくさんのスタッフが集まって、一つのシーンを作り上げていく様子は、ただただ「熱い」の一言。現場の熱気に気圧されるような気がしました。亀山先生も鮮烈な印象を持たれたようで、久々に感動の体験でした。

また、先生からプロデューサーの森安彩さんと企画、編成の佐藤未郷さんに、ドラマ作りについての感想とたくさんの質問がありました。日本を舞台にして展開される今回のドラマの苦労や工夫についての数々のエピソードには、亀山先生も感慨深げでしたが、前夜の放送もきちんと細かいところまで観たうえでの質問には、森安さんも佐藤さんも感激されたようです。

最後に階上の調整室に上がり、監督の都築淳一氏に挨拶。まるでNASAの宇宙基地のようにずらりと並ぶモニターなどの機器に圧倒されていました。熱い現場とハイテクの組み合わせの妙に、亀山先生は「びっくりするね」。同行編集者も階下のドラマのセットとのコントラストの不思議さが印象に残りました。

ドラマ「カラマーゾフの兄弟」ウェブサイト/トピックス「新訳『カラマーゾフの兄弟』亀山郁夫先生が・・・」
《番組概要》「カラマーゾフの兄弟」
フジテレビ系毎週土曜午後11時10分~11時55分(1月12日スタート)
出演:市原隼人(次男・黒澤勲役)斎藤工(長男・黒澤満役)林遣都(三男・黒澤涼役)吉田鋼太郎(父・黒澤文蔵役)他
詳しくはフジテレビのサイトへ

2013年2月15日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『カラマーゾフの兄弟1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > カラマーゾフの兄弟1

カラマーゾフの兄弟 1

カラマーゾフの兄弟1 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体724円+税)
  • ISBN:75106-7
  • 発売日:2006.9.7
  • 電子書籍あり

世界文学の最高峰、画期的な新訳で、ついに登場

作品

ロシアの文豪ドストエフスキーの遺作。第2部も構想されたが1部のみで中断。しかし空前絶後のスケールをもった小説が完成した。帝政崩壊の予兆をはらむロシアのある町で殺人事件が起こり、ミステリータッチの衝撃的なストーリーが展開される。

世界最高の小説は何か。候補の筆頭につねに上げられるのが、この作品だ。だが、日本では同時に、翻訳が難解とも言われてきた。新訳の訳者はドストエフスキー研究の第一人者・亀山郁夫。深い読み込みにもとづいた鮮烈な訳業である。文章は明瞭で生き生きとし、乗りがいい。まさに登場人物たちが〈立っている〉。主人公アリョーシャやミーチャが、初めてリアルな人間として描かれ、物語を導いていく。


物語

父親フョードル・カラマーゾフは、圧倒的に粗野で精力的、好色きわまりない男だ。ミーチャ、イワン、アリョーシャの3人兄弟が家に戻り、その父親とともに妖艶な美人をめぐって繰り広げる葛藤。アリョーシャは、慈愛あふれるゾシマ長老に救いを求めるが......。

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月29日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『悪霊別巻「スタヴローギンの告白」異稿』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > 悪霊別巻「スタヴローギンの告白」異稿

悪霊別巻「スタヴローギンの告白」異稿

悪霊別巻
「スタヴローギンの告白」異稿 <悪霊 全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75245-3
  • 発売日:2012.2.14
  • 電子書籍あり

世界初! 3つの「告白」を同時収録 ドストエフスキーがめざした"究極の作品"を読み解くために"

作品

アンナ版での変更は、初校版、ドストエフスキー校版とちがい「告白」の核心部にまで及んだ。一歩も妥協を許さない境界線が提示され、ドストエフスキーの戦いの最終段階を示していると思われる。(訳者)


内容

「スタヴローギンの告白」として知られる『悪霊』第2巻「チーホンのもとにて」には、3つの異稿が残されている。本書ではそのすべてを訳出した。さらに近年のドストエフスキー研究のいちじるしい進化=深化をふまえ、精密で画期的な解説を加えた。テクストのちがいが示すものは何か?


img_20111113_kameyama.jpg
亀山郁夫さん講演会「ドストエフスキーと現代 『悪霊』の衝撃」
2011年11月13日(日)収録
福岡市総合図書館
YouTube[古典新訳文庫チャンネル]>>
ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『悪霊3』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > 悪霊3

悪霊3

悪霊3 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体1,105円+税)
  • ISBN:75242-2
  • 発売日:2011.12.8

愛と悪、崩壊と再生のクライマックス。生き残るのは誰か?

作品

「病人から出て豚のなかに入る悪霊ども、これは何世紀にもわたって、ぼくたちのロシアに積もりにつもったすべての疫病、ありとあらゆる不浄の輩、あらゆる悪霊ども、その子鬼でもあるんです!」(本文より)


内容

街はいよいよ狂乱に向かって突っ走りはじめた。まずは県知事夫人ユーリアの肝いりによる「慈善パーティ」で、何かが起こる気配。その背後では着々と陰謀が進行し、「五人組」の活動も風雲急を告げる。ワルワーラ夫人とヴェルホヴェンスキー氏、スタヴローギンとリーザの「愛」の行方は?


訳者あとがきより

『悪霊』は、「われらが敬愛する」ステパン・ヴェルホヴェンスキー氏の伝記から書き起こされ、一日違いで死ぬ二人の死の場面で幕が閉じられる。この構図が『悪霊』のすべてを物語っている。では、登場人物の三分の一が滅び去るというこの物語に、ドストエフスキーはどのような展望があると考えていたのか。わたしの『悪霊』理解は、その問いに十分に答えられるだけの深さにまで辿りついていない。
 『悪霊』のドストエフスキーは、いっさいの妥協を許さなかった。『悪霊』の最後を読むと、『罪と罰』のフィナーレがいかに甘いものであったか、それが作家本来の悲劇的な感覚といかの異質なものであったかがよく理解できる。『白痴』のラストがそうだが、ドストエフスキーは『悪霊』においても、みずからが構築しようとする世界を徹底して突きはなすことを心がけた。そのようにして、はじめて、ほかのどの小説にもない、「人間喜劇」としてのすばらしくヒューマンな物語ができあがった。......


img_20111113_kameyama.jpg
亀山郁夫さん講演会「ドストエフスキーと現代 『悪霊』の衝撃」
2011年11月13日(日)収録
福岡市総合図書館
YouTube[古典新訳文庫チャンネル]>>
ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『悪霊2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > 悪霊2

悪霊2

悪霊2 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体1,143円+税)
  • ISBN:75227-9
  • 発売日:2011.4.12

ドストエフスキー文学の頂点がここに スタヴローギンは何を「告白」したのか?

作品

この第2部は、おそらくドストエフスキーの全小説中、もっとも謎をはらんだ部分といえるのではないか。まさに息をもつげない面白さである。最高度の力量がもたらす圧倒的な感動が、読者を待ちうけている。(訳者)


内容

町でささやかれる怪しげな噂は、大きな出来事の前ぶれだった。1人が狂い、2人が燃えあがり、5人が密議をめぐらし、そしてみんな取り憑かれていく。暗い夜が育む悪意の芽。ついに明らかになった、ピョートルの真の狙いとは。アカデミー版「スタヴローギンの告白」初訳を含む。


img_20111113_kameyama.jpg
亀山郁夫さん講演会「ドストエフスキーと現代 『悪霊』の衝撃」
2011年11月13日(日)収録
福岡市総合図書館
YouTube[古典新訳文庫チャンネル]>>
ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『悪霊1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > 悪霊1

悪霊1

悪霊1 <全3巻+別巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体895円+税)
  • ISBN:75211-8
  • 発売日:2010.9.9
  • 電子書籍あり

ドストエフスキー最大の問題作、新訳成る。全3巻禁じられた愛、うごめく悪魔たち

作品

「この作品の語りだしに近い部分に、とりとめのない結婚話のエピソードがなぜ置かれているのか。ここには、『悪霊』全体の物語のひそかな回路をもつ謎が、巧みに隠されているのだ。」(訳者)


内容

最近わたしたちの町で、奇怪きわまりない事件が続発した。町の名士ヴェルホヴォンスキー氏とワルワーラ夫人の奇妙な「友情」がすべての発端だった......。やがて、夫人の息子ニコライ・スタヴローギンが戻ってきて、呼び寄せられるように暗い波乱の気配が立ちこめはじめる。


img_20111113_kameyama.jpg
亀山郁夫さん講演会「ドストエフスキーと現代 『悪霊』の衝撃」
2011年11月13日(日)収録
福岡市総合図書館
YouTube[古典新訳文庫チャンネル]>>
ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『罪と罰3』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > 罪と罰3

罪と罰3

罪と罰3 <全3巻 最終巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体876円+税)
  • ISBN:75184-5
  • 発売日:2009.7.9
  • 電子書籍あり

「それじゃ、ぼくを見捨てないんだね、ソーニャ」《犯罪者》に救いは訪れるのか?人間の本当の罪、本当の罰が明らかになる

作品

あらゆる登場人物が生き生きと呼吸する画期的新訳、ついに完結。
世界文学不朽の名作が、ここまで激しく、面白い物語だったとは! 
描かれるのは、現代の人間そのもの、わたしの中にいるラスコーリニコフだ。


内容

殺人を犯した者の詳細な運命がつづられる最終巻。ラスコーリニコフをはじめ、母、妹、友人、そして娼婦ソーニャなど、あらゆる「主人公たち」が渦巻きながら生き生きと歩き、涙し、愛を語る。ペテルブルグの暑い夏の狂気は、ここに終わりと告げる......。

ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『罪と罰2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > 罪と罰2

罪と罰2

罪と罰2<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体800円+税)
  • ISBN:75173-9
  • 発売日:2009.2.10
  • 電子書籍あり

「ぼくをなぶりものにはさせませんよ!予審判事との駆け引きで明かされるラスコーリニコフの「殺人思想」

作品

第2巻では、殺害の動機がはっきり読者にわかることになる。この動機、いや哲学にしたがっているかぎり、ほんとうの意味での後悔や罪の意識が訪れてくることはない。しかし体全体で罪の怖ろしさを感じている。(訳者)


内容

目の前にとつぜん現れた愛する母と妹。ラスコーリニコフは再会の喜びを味わう余裕もなく、奈落の底に突きおとされる。おりしも、敏腕の予審判事ポルフィーリーのもとに出向くことになったラスコーリニコフは、そこで背筋の凍るような恐怖を味わわされる。すでに戦いは始まっていた!

ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『罪と罰1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > 罪と罰1

罪と罰1

罪と罰1<全3巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体819円+税)
  • ISBN:75168-5
  • 発売日:2008.10.9
  • 電子書籍あり

ラスコーリニコフの苦悩、きわまる。

作品

貧困・孤独・狂気の渦巻く大都会のかたすみに、「理想的な」殺人をたくらむ青年が住んでいた。酔いどれ役人との出会い、母からの重い手紙、馬が殺される悪夢。ディテールが、運命となって彼に押し寄せる!


内容

ドストエフスキーの代表作のひとつ。日本をはじめ、世界の文学に決定的な影響を与えた犯罪小説の雄。歩いて七百三十歩のアパートに住む金貸しの老女を、主人公ラスコーリニコフはなぜ殺さねばならないのか? ひとつの命とひきかえに、何千もの命を救えるから?


ドストエフスキー
[1821-1881]ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『カラマーゾフの兄弟5 エピローグ別巻』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Booksリスト > カラマーゾフの兄弟5

カラマーゾフの兄弟 5

カラマーゾフの兄弟5 エピローグ別巻 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体629円+税)
  • ISBN:75133-3
  • 発売日:2007.7.12
  • 電子書籍あり

その後の彼らはどうなるのか?

訳者あとがきより--

これほどに解釈がわかれ、はかりしれない深みへと心を誘いこむ小説には、なかなかお目にかかれない。現代の状況からはるか遠い時代に誕生した小説ではあるが、どれひとつ、われわれの「生」のありようと無縁なテーマはない。小説が書かれた農奴制崩壊後の十九世紀ロシアの混沌と、現代は深い地下水脈でつながっているのだ。ドストエフスキーこそが、その隠された水なのだ。


作品

「エピローグ」では、主人公たちのその後が描かれる。 彼らそれぞれに、どんな未来が待ち受けているのか......。 訳者・亀山郁夫が渾身の力で描いた「ドストエフスキーの生涯」と「解題」は、この至高の名作を味わうための傑出したすばらしいガイド=指針となるにちがいない。

ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『カラマーゾフの兄弟4』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Books > カラマーゾフの兄弟4

カラマーゾフの兄弟4

カラマーゾフの兄弟4

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体1,029円+税)
  • ISBN:75132-6
  • 発売日:2007.7.12
  • 電子書籍あり

審判が下る日、物語は未来に向かって完結する!

作品

物語はいよいよ大詰めへと向かい、「父殺し」をめぐるすべての謎が解き明かされることになる。
「父殺し」の事件は、もはや一人の人間の言葉によっては語りつくせず、ましてひとつの「真実」によって説明できるものでもなく、あたかもぶどうの房のように、無数の小さな真実の種子から成り立つ----(読書ガイドより)


物語

11月初め。フョードル殺害犯として逮捕されたミーチャのまわりで、さまざまな人々が動きだす。アリョーシャと少年たちは病気の友だちを見舞い、イワンはスメルジャコフと会って事件の「真相」を究明しようとする。そして裁判で下された驚愕の判決。ロシアの民衆の真意とは何か!

ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『カラマーゾフの兄弟3』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Books > カラマーゾフの兄弟3

カラマーゾフの兄弟3

カラマーゾフの兄弟3 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体838円+税)
  • ISBN:75123-4
  • 発売日:2007.2.8
  • 電子書籍あり

「2人の父」の死がはらむ謎。3兄弟、運命の分かれ道!
「全5巻+エピローグ」 完結に向けて加速する圧倒的迫力!

作品

主題は運命でありリアリズムである。法と文学の対立、ドミートリーの好きな「リアリズム」との対決といってもよい。リアリズムに人間の高潔と意地が絡みつくとき、事態は悲劇的に......。(訳者)


物語

ゾシマの死に呆然とするアリョーシャ。しかし長老の遺体には、信じられない異変が起こる。いっぽう、第2巻で〈消えて〉いたミーチャは、そのころ自分の恥辱をそそぐための金策に走り回っていた。そして、ついに恐れていた事態が。父フョードルが殺された!
犯人は誰なのか?

ドストエフスキー
[1821-1881] ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『カラマーゾフの兄弟2』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳)

ホーム > Books>カラマーゾフの兄弟2

カラマーゾフの兄弟 2

カラマーゾフの兄弟2 <全5巻>

  • ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
  • 定価(本体781円+税)
  • ISBN:75117-3
  • 発売日:2006.11.9
  • 電子書籍あり

死の床にあるゾシマ長老が残す、輝く言葉の数々。長老の驚くべき過去が、明らかにされる。イワンが語る物語詩「大審問官」の本当の意味。
少女の一滴の涙は、世界の救済と引き換えにできるか。

作品

ゾシマの言葉にしたがって、アリョーシャは父の家に出かける。父と長男ミーチャとの確執は、激しさを増していくようだ。イリューシャとの出会い、スネギリョフ大尉の家で目にしたものなど、アリョーシャの心はさまざまに揺れ動き、イワンの「大審問官」で究極の衝撃を受ける。


作品

重い病の床に伏すゾシマ長老は、アリョーシャをはじめとする修道僧たちに、若き日の回想と遺訓を語りはじめる。父親とミーチャの争いは過激さを増し、イワンはアリョーシャに自作の「大審問官」を話して聞かせる。


内容

第1部で父フョードルがイワンとアリョーシャを相手に投げかけた、神の存在と不在をめぐる問いが、巨大な、ほとんど遠心力ともいえるエネルギーをかきよせ、「プロとコントラ」「ロシアの修道僧」に結実する。哲学思想上の要ともいうべき部分がこのふたつの編に集約されるのをみて、読者の多くは、はやくも最初のクライマックスが訪れたという印象をもたれるにちがいない。

ドストエフスキー
[1821-1881]ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者]亀山郁夫
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー共苦する力』ほか多数。訳書に『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『カラマーゾフの兄弟』と『カラマーゾフの妹』を語りつくすー 亀山郁夫さん・高野史緒さん・沼野充義さん公開鼎談開催!

img_imouto02.jpg『カラマーゾフの妹』で第58回江戸川乱歩賞を受賞した高野史緒さんと 亀山郁夫さん、沼野充義さんとの公開鼎談が開催されます! ぜひ、ご参加ください。


亀山郁夫さん・高野史緒さん・沼野充義さん公開鼎談
『カラマーゾフの兄弟』と『カラマーゾフの妹』を語りつくす
【日時】2012年12月6日(木)18:30開場 19:00開演(~20:30終演)
【会場】ロシア大使館講堂(〒106-0041 東京都港区麻布台2-1-1)
【定員】250名様(応募先着順)
【参加費】無料
【お問合せ】件名に『カラマーゾフ係』とご記入のうえ、お名前、質問内容を書いて「bungei2@kodansha.co.jp」まで
応募締め切り/定員に達し次第終了いたします。
ご応募いただいた方にはメールにて入場券をお送りいたします。かならず返信可能なメールアドレスをご記入ください。

講談社『カラマーゾフの妹』特設ページ>>
公開鼎談詳細・お申し込みページ>>

主催:講談社
共催:ロシア連邦交流庁/NPO法人 日本・ロシア協会

2012年11月14日 光文社古典新訳文庫編集部 |

長谷川 宏さん、藤井省三さん、亀山郁夫さん--新刊のお知らせ

長谷川 宏さんの新刊、藤井省三さん、亀山郁夫さん共著のお知らせです。

cover_hasegawa_kotoba.png『ことばへの道 言語意識の存在論』 
長谷川 宏/著
講談社学術文庫
2012年8月発売
価格:1,208円(税込み)

ことばを通して現実があらわれ、人間があらわれ、共同社会があらわれ、宗教があらわれ、芸術があらわれるという展望がなかったら、ことばを論ずる魅力はおそらく半減することだろう。―著者は「あとがき」でそう断じる。人として存在すること、社会のなかに在ることと、否応なくむすびついた「ことば」とはなにか。繊細でしなやかな哲学的洞察。


cover_haruki_2012.jpg『村上春樹の読みかた』 
石原千秋、亀山郁夫、三浦雅士、藤井省三、加藤典洋/著 菅野昭正/編
平凡社
2012年7月発売
価格:1,680円(税込み)

世界の文学の最前線に立つ村上春樹。その魅惑的な謎に満ちた小説世界の核心とは? 
世田谷文学館で行われた5回の連続講座をまとめた評論集。石原千秋、亀山郁夫、三浦雅士、藤井省三、加藤典洋、5人の講師陣と編者が村上ワールドの秘密に迫る。



2012年9月 3日 光文社古典新訳文庫編集部 |

マリインスキー・バレエ来日公演記念 亀山郁夫さん講演会開催

今秋11月に3年ぶりの来日公演が決定したマリインスキー・バレエ。その公演に先がけて9月15日(土)に亀山郁夫さんの記念講演会が開催されます。

マリインスキー・バレエ開催記念
亀山郁夫さん講演会「ロシア文学、そしてバレエ」
[日時]9月15日(土)14:00~
[会場]東京・築地 朝日新聞東京本社読者ホール
[お申し込み]往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を記し、〒150-8905東京都渋谷区渋谷2の1の6 ジャパン・アーツ「マリインスキー・バレエ講演会」朝日係(03・5774・3040)へ郵送してください。
[締め切り]8月20日必着(応募多数の場合は抽選。落選者には来日公演の優待案内を返送します。)
ジャパン・アーツのバレエ・舞踊ブログからも応募できます>>

マリインスキー・バレエ公演の演目は、「アンナ・カレニーナ」、「ラ・バヤデール」、「白鳥の湖」、一夜限りの「オールスター・ガラ」。 「アンナ・カレニーナ」では、ディアナ・ヴィシニョーワがアンナを演じます。
公演の詳細はジャパン・アーツ「マリインスキー・バレエ2012年来日公演」公式HPをご覧ください。
img_mariinsky01.jpg マリインスキー・バレエ美ニュースがPDFで公開中です。
cover58_mariinsky01.jpg
また、マリインスキー・バレエ公演の写真が入った光文社古典新訳文庫の『アンナ・カレニーナ』(トルストイ 望月哲男/訳)の新しい帯が8月中旬から書店に登場します。この機会にぜひ!


cover58.gif アンナ・カレニーナ 1
トルストイ/望月哲男 訳
1,020円(税込み)

2012年8月 3日 光文社古典新訳文庫編集部 |

新刊「ドストエフスキー『悪霊』の衝撃」(光文社新書/亀山郁夫×リュドミラ・サラスキナ)

img_akuryo_shinsho20120417.jpg

内ゲバ殺人、少女凌辱、火事、大量死......ドストエフスキー最大の問題作『悪霊』。
作家はなぜ「自分の魂から取り出してきた」と書いたのか――

善と悪の基準を失い罪を背負う主人公スタヴローギンをめぐり、この2月に新訳を完結した亀山郁夫さんとロシアにおけるドストエフスキー研究の第一人者リュドミラ・サラスキナさんが、ドストエフスキーと小説の「魂」に迫ります。

光文社新書
著:亀山郁夫,リュドミラ・サラスキナ
価格:¥ 924(税込み)
2012年4月17日発売

《悪霊全3巻+別巻》

cover111.jpg

『悪霊1』
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価(本体895円+税)(2010.9.9刊)
最近わたしたちの町で、奇怪きわまりない事件が続発した。町の名士ヴェルホヴォンスキー氏とワルワーラ夫人の奇妙な「友情」がすべての発端だった......。やがて、夫人の息子ニコライ・スタヴローギンが戻ってきて、呼び寄せられるように暗い波乱の気配が立ちこめはじめる。


cover126.jpg

『悪霊2』
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価(本体1,143円+税)(2011.4.12刊)
町でささやかれる怪しげな噂は、大きな出来事の前ぶれだった。1人が狂い、2人が燃えあがり、5人が密議をめぐらし、そしてみんな取り憑かれていく。暗い夜が育む悪意の芽。ついに明らかになった、ピョートルの真の狙いとは。アカデミー版「スタヴローギンの告白」初訳を含む。


cover139.jpg

『悪霊3』
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価(本体1,105円+税)(2011.12.8刊)
街はいよいよ狂乱に向かって突っ走りはじめた。まずは県知事夫人ユーリアの肝いりによる「慈善パーティ」で、何かが起こる気配。その背後では着々と陰謀が進行し、「五人組」の活動も風雲急を告げる。ワルワーラ夫人とヴェルホヴェンスキー氏、スタヴローギンとリーザの「愛」の行方は?


cover143.jpg

『悪霊別巻「スタヴローギンの告白」異稿』
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価(本体895円+税)(2012.2.14刊)
「スタヴローギンの告白」として知られる『悪霊』第2巻「チーホンのもとにて」には、3つの異稿が残されている。本書ではそのすべてを訳出した。さらに近年のドストエフスキー研究のいちじるしい進化=深化をふまえ、精密で画期的な解説を加えた。テクストのちがいが示すものは何か?

2012年4月16日 光文社古典新訳文庫編集部 |

《書評》『悪霊別巻 「スタヴローギンの告白」異稿』--日本経済新聞 2012年2月26日

日本経済新聞2012年2月26日の書評欄「文壇往来」で『悪霊別巻 「スタヴローギンの告白」異稿 』(ドストエフスキー 亀山郁夫/訳)を取り上げていただきました(評者:編集委員 浦田憲治さん)。

亀山郁夫氏と『悪霊』 3つの異稿の謎に挑む

(前略)『悪霊』はネチャーエフ事件をモデルに革命集団のリンチ殺人事件を描いている。オウム事件や二・二六事件などを予言する内容だ。政治的人間であるピョートル、自分が神となることを証明しようと自殺するキリーロフなど異常な人物が登場。亀山氏が魅了されたスタヴローギンが最も謎めいていて、第2部第9章に予定されていた「チーホンのもとで--スタヴローギンの告白」は衝撃的だ。ロシアでは内容が「不適当」として1871年の雑誌連載時から半世紀余り削除されていた。
 『悪霊 別巻』は、この「告白」に3つの異稿があることに注目し、なぜ「告白」が3つも存在するのか、それぞれの違いは何か、どれを決定稿としたらよいのかを、近年の研究成果を踏まえて精密に探求している。ひとりの悪魔的人物の告白に『悪霊』を読み解く鍵があると考え、40年以上も『悪霊』を考え続けてきた亀山氏らしい労作だ。


cover143.jpg
悪霊別巻 「スタヴローギンの告白」異稿
ドストエフスキー /亀山郁夫 訳
定価(本体895円+税)


cover111.jpg
悪霊 1 全3巻+別巻
ドストエフスキー /亀山郁夫 訳
定価(本体895円+税)

2012年2月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

亀山郁夫 Kameyama Ikuo

ホーム > 翻訳者リスト>亀山郁夫

亀山郁夫 Kameyama Ikuo
  • カラマーゾフの兄弟1
  • カラマーゾフの兄弟2
  • カラマーゾフの兄弟3
  • カラマーゾフの兄弟4
  • カラマーゾフの兄弟5
  • 罪と罰1
  • 罪と罰2
  • 罪と罰3
  • 悪霊1
  • 悪霊2
  • 悪霊3
  • 悪霊別巻
  • 白痴
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『謎とき「悪霊」』『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『ドストエフスキー 共苦する力』ほか多数。訳書に『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』『悪霊』(以上、ドストエフスキー)ほか。

2011年9月25日 光文社古典新訳文庫編集部 |

亀山郁夫さんー 新刊のお知らせ『ドストエフスキーとの59の旅』

cover_kameyama59.jpg亀山郁夫さん(『罪と罰』 『カラマーゾフの兄弟』の翻訳者)の新刊『ドストエフスキーとの59の旅』が日本経済新聞出版社から発売中です。


『ドストエフスキーとの59の旅』
亀山郁夫/著
日本経済新聞出版社 2010年6月発売 
価格:本体 1,900円+税



cover67.gif罪と罰 1<全3巻>

ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価 (本体819円+税)

cover01.jpg
カラマーゾフの兄弟1<全5巻>

ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価 (本体724円+税)

2010年7月 7日 光文社古典新訳文庫編集部 |

現代日本とドストエフスキー 沼野充義さん・亀山郁夫さん対談

p_100502_02.jpgゴールデン・ウィーク中の5月2日(日)に沼野充義さん(東京大学教授)と亀山郁夫さん(東京外国語大学長)の講演と対談、

<新・世界文学入門>
沼野教授と読む世界の日本、日本の世界
現代日本とドストエフスキー
世界の文学と日本の文化------越境する文学について

が、国立博物館平成館大講堂で行われました。

会場は約400名の参加者で満席。ドストエフスキーをめぐる現代日本文学についてのお二人の対談は、時間の限りがなければ、どこまでも展開していきそうでした。

「村上春樹、ドストエフスキーがベストセラーとなる日本の状況」下で生きていく私たちが読むべき本とは何か、たくさんのアドバイスをもらったように思います。

亀山先生は、
「『カラマーゾフの兄弟』の訳を手がけた後、改めて読んだ漱石の『こころ』が以前より格段に面白く、またそれと前後して大江健三郎『水死』を読み、新しい発見があった。」
そして、沼野先生は
「読書とは運動なのだと思う。ある作品を読むとまた別の作品がおもしろく読める。」と。

「読書の運動」という言葉を聞き、書店の本棚(自宅の積んだままの本の山も)もいつもとは違った景色に見えてきました。


下記は今回の対談で言及された作家・作品についてのメモです。
ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。


■現代日本文学のドストエフスキー的な作家についての考察
 埴谷雄高  「死霊」
 大江健三郎 「水死」「洪水はわが魂に及び」
 村上春樹  「1Q84」

 そして、高村薫、島田雅彦、平野啓一郎、中村文則、鹿島田真希

■また、キリスト教信仰とドストエフスキーの観点から
 加賀乙彦  『宣告』『湿原』
 辻原 登   『許されざる者』

■神なき時代、善悪が相対化した時代に生きる
 川上未映子『ヘブン』

2010年6月 4日 光文社古典新訳文庫編集部 |

《書評》「ゼロ年代の50冊 2000-2009」ー 朝日新聞 2010年4月4日

朝日新聞で始まった新企画「ゼロ年代の50冊 2000-2009」に亀山郁夫訳『カラマーゾフの兄弟』が選出されています。新聞・週刊誌で書評を担当されている方(151人から回答)に、ゼロ年代の10年間に出版された本からベスト5を選んでもらうというアンケートを集計したもので、アサヒ・コムサイト内の「ゼロ年代の50冊 2000-2009」ページに50冊全リストも掲載されています。

アサヒ・コム「ゼロ年代の50冊 2000-2009」ページ


cover01.jpgカラマーゾフの兄弟1<全5巻>
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価 (本体724円+税)

2010年4月 5日 光文社古典新訳文庫編集部 |

<新・世界文学入門>「現代日本とドストエフスキー 」公開対談ー亀山郁夫さんVS.沼野充義さん

<新・世界文学入門>沼野教授と読む世界の日本、日本の世界

現代日本とドストエフスキー
世界の文学と日本の文化------越境する文学について


世界で読まれる日本文学、日本で読まれる外国文学......
国境を超える文学への考察を通して、「文学の現在」を模索してきた<新・世界文学入門>シリーズの掉尾を飾る対談企画。
ゲストにドストエフスキーの新訳で大いに話題を集めた亀山郁夫さんをお招きし、日本人がロシア文学をどう受け止めてきたのか、またその現代的な意義はどこにあるのかを対談していただきます。

ゲスト:亀山郁夫さん(東京外国語大学長)
ホスト:沼野充義さん(東京大学教授)

《対談の概要》(予定)
ドストエフスキーと現代/日本人のドストエフスキー体験
ドストエフスキー作品の可能性/「父殺し」というテーマについて
日本人作家が受けたドストエフスキーの影響

日 時:2010年5月2日(日) 14:00〜16:00
会 場:東京国立博物館平成館大講堂
参加費:無料
定 員:393名

《参加方法》 参加には申し込みが必要です。「新・世界文学入門」と明記し、応募者の氏名(ふりがな)、年齢、学年、〒住所、電話番号をご記入の上、 出版文化産業振興財団(JPIC)までハガキ、ファックスまたはEメールでお申し込みください。

 FAX:03-5211-7285
 ハガキ:〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-12-3 JPIC
 Eメール:info@jpic.or.jp
  出版文化産業振興財団(JPIC)イベント詳細ページ

 ※先着順:定員に達し次第、締め切らせていただきます。

《問い合わせ先》 出版文化産業振興財団(JPIC) TEL:03-5211-7282

主催:出版文化産業振興財団(JPIC)
協賛:光文社

《亀山郁夫さんプロフィール》
1949年生まれ。東京外国語大学長。
東京外国語大学ロシア語学科卒業、同大学大学院外国語学研究科修士課程修了、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。
訳書『カラマーゾフの兄弟』が全5巻累計100万部突破。ドストエフスキーの現代性を巡る著作、発言で注目。
その他、ドストエフスキーやスターリン体制下におけるソ連の政治と芸術をめぐる著作多数。『罪と罰』全3巻に続き、『悪霊』の翻訳を小説宝石で連載中。

《沼野充義さんプロフィール》
1954年、東京生まれ。東京大学人文社会系研究科教授。
東京大学教養学部教養学科ロシア分科卒業、ハーヴァード大学大学院に学ぶ。ワルシャワ大学講師を経て、ロシア東欧文学専攻。
著書『屋根の上のバイリンガル』、『徹夜の塊 亡命文学論』(サントリー学芸賞 芸術・文学部門受賞)、『W文学の世紀へ』、『ユートピア文学論』(読売文学賞受賞)、訳書レム『ソラリス』、ブロツキー『私人』など。
ユートピア文学、亡命文学、ロシア詩の作法を研究する一方で、文芸評論・翻訳に携わり、また日本文学の海外普及事業にも関わり、東京大学に新設された現代文芸論研究室で世界文学を一国一言語の枠を超えて見晴らす方法を模索している。




cover67.gif
罪と罰 1<全3巻>

ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価 (本体819円+税)

cover01.jpg
カラマーゾフの兄弟1<全5巻>

ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価 (本体724円+税)

2010年4月 3日 光文社古典新訳文庫編集部 |

亀山郁夫さん選「じんぶんや」ー紀伊国屋書店 新宿本店で開催中

紀伊国屋書店 新宿本店(新宿東口)5Fで、亀山郁夫さん(『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』翻訳者)が選集された本棚が設置されています。

じんぶんや 
第五十九講 亀山郁夫選
共苦と同感のコスモス わたしの心の扉をたたいた書物たち」

ーこの選集にあたってのエッセイー
"還暦から1年を経て、思いがけず気づかされたことがある。....これからでもまだまだ本に、つまり世界にのめり込めるのだ。選り好みがはげしかった若い時代には読めなかった小説が、いまは読める。不思議である。ひと月前、わたしは、45年ぶりに夏目漱石の『こころ』を取りだし、その峻烈なドラマに引きこまれた。こんなにすごい小説だったのかと驚きを新たにした。老いて、初めて理解できたと思った。..."

10代前半の読書から50代の読書まで、年代を区切ってご自身の読書体験を語り、出会った本を紹介されています。
「心の扉をノックしてくれる運命の書物」との出会いがあるかもしれません。
ぜひ、お近くの方はぜひ足をお運びください。
※開催は4月18日(日)まで。
エッセイ全文と紀伊国屋書店 新宿本店「じんぶんや」詳細はこちら>>

img_kameyama-jinbunya02.jpgimg_kameyama-jinbunya03.jpg

2010年3月29日 光文社古典新訳文庫編集部 |

ドストエフスキー特集 ー『現代思想 2010年4月臨時増刊号』

gendaishisou_1004ex.jpg

『現代思想 2010年4月臨時増刊号』(3月12日発売)は、亀山郁夫さん+亀山郁夫さん責任編集によるドストエフスキー特集です。

平野啓一郎さんと亀山郁夫さん、亀山郁夫さんと望月哲男さんの対談、沼野充義さんへのインタビュー(聞き手は亀山郁夫さん) 、森達也さん、豊崎由美さんのエッセイなど、ぜひ光文社古典新訳文庫・ドストエフスキー既刊とともにお読みください!





cover67_100.jpg
罪と罰 1<全3巻>

ドストエフスキー/亀山郁夫 訳 
定価 (本体819円+税)


cover28_100.jpg
地下室の手記

ドストエフスキー/安岡治子 訳 
定価 (本体552円+税)


cover58_100.jpg
アンナ・カレーニナ 1<全4巻>

トルストイ/望月哲男 訳 
定価(本体971円+税)

2010年3月15日 光文社古典新訳文庫編集部 |

亀山ドストエフスキー第三弾『悪霊』、「小説宝石」2月号より連載開始!

cover_hoseki1002.jpgドストエフスキーの長編小説『悪霊』を、「小説宝石」2月号(1月22日発売)より連載いたします。毎号詳しい解説付き。

『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』につづき、亀山郁夫氏による新訳で新しいドストエフスキーをお届けいたします。
『悪霊』は、ドストエフスキーの文学思想の集大成であり、訳者の亀山郁夫氏がもっとも手がけたかった作品。
亀山ドストエフスキーの到達点となる新訳を、雑誌連載で一足先にお楽しみください。

■光文社 website 「小説宝石」2010年2月号目次>>

2010年1月25日 光文社古典新訳文庫編集部 |

第6回カフェ光文社古典新訳文庫『罪と罰』亀山郁夫さんトークイベント ブックファースト新宿店で

光文社古典新訳文庫の翻訳者の方々にとっておきのお話を語っていただく「カフェ光文社古典新訳文庫」。第6回は東京外国語大学長の亀山郁夫さんを迎え、全3巻の画期的な新訳を完結した『罪と罰』について語っていただきます。
 「偶然」によって殺人へと導かれる主人公ラスコーリニコフ。神が仕組んだ「運命」と対峙しようとする彼の「意志」。神に見捨てられた孤独な人間はいかに救われるのか。ドストエフスキーがこだわり続けたこの作品の隠れた主題を探り、『罪と罰』が問うもの、その現代性を考えます。 トークイベント終了後、亀山さんのサイン会を行います。

「棺」から蘇る  ドストエフスキー『罪と罰』の現代性


日 時:10月30日(金) 19時~21時            
会 場:ブックファースト新宿店 1F ブルースクエアカフェ内イベントスペース


問い合わせ:ブックファースト新宿店  TEL:03-5339-7611(代表)
      東京都新宿区西新宿1-7-3 
      モード学園コクーンタワー 地下1階・地下2階
      (営業時間10:00~22:00)

■参加ご希望のお客様は、ブックファースト新宿店・地下1階Dゾーンレジカウンターにて整理券(無料)をお受け取り下さい。先着40名様にお配りしています。

■講演会終了後、サイン会を行います。亀山郁夫さんの著作、または翻訳本であればどの書籍でもご参加頂けます。

cover85-01.jpg罪と罰 3<全3巻 最終巻>
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳 定価 920円(税込み)

2009年10月21日 光文社古典新訳文庫編集部 |

光文社古典新訳文庫トークセッションinブックオカ 開催!

「ブックオカ」は、「福岡を本の街に」を合い言葉に、地元福岡の書店・出版社・雑誌社・制作者等の有志で立ち上げた実行委員会が中心となって、2006年にスタートした本のお祭りです。会期中は、本、活字の魅力を再発見するさまざまなイベントが開催されます。
そのイベントの一つとして、フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』の訳者・小川高義さん、ドストエフスキー『罪と罰』の訳者・亀山郁夫さんが講演します。たくさんの方のご参加をお待ちしております。


日 時:10月18日(日)
    第1部 小川高義「意外なギャッツビー発見!」
         13時30分〜15時(13時開場)

    第2部 亀山郁夫「ドストエフスキー『罪と罰』の謎」
         15時30分〜17時(15時開場)

         *各回終了後にサイン会があります。

場 所:アクロス福岡 国際会議場 福岡県福岡市中央区天神1丁目1番1号

入場料:無料 ※要予約
申し込み:ブックオカ実行委員 石風社内 藤村興晴 
     TEL/090-6425-6711 E-MAIL/info@bookuoka.com

     ■ブックオカWebサイトはこちら>>

《内容》
第1部 小川高義さん「意外なギャッツビー発見! ----恋する男はカッコ悪い」

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』の新訳を出された翻訳家・小川高義さんが、「翻訳は訳者による演出」という側面から作品世界を読み解きます。

翻訳というプロセスには原文を訳者がどのように解釈するかが不可欠なもの。解釈次第で訳語も、登場人物の印象も変わって来ます。つまり、翻訳は訳者による演出という側面も持つことになるのです。

いままで見えなかった新しいギャッツビー像はどうやって生まれたのか、すでに多くの訳書が存在するなか新訳に挑戦された理由など、小川版『ギャッツビー』誕生の裏話を、原文を参照しながらお話しいただきます。

《小川高義さんプロフィール》
1956年生まれ。東京工業大学教授。訳書に『停電の夜に』(ラヒリ)、『さゆり』(ゴールデン)、『また会う日まで』(アーヴィング)、『骨』(フェイ・ミエン・イン)、『永遠を背負う男』(ウィンターソン)、『灰の庭』(ボック)、『黒猫/モルグ街の殺人』(ポー)、『若者はみな悲しい』『グレート・ギャッツビー』(フィッツジェラルド)ほか多数。

cover89.jpg
グレート・ギャッツビー
フィッツジェラルド 作/小川高義 訳
定価720円(税込み)






            
第2部 亀山郁夫さん「ドストエフスキー『罪と罰』の謎_黙過のリアリティ_」
『カラマーゾフの兄弟』のわかりやすい新訳で、ドストエフスキーを現代の日本に甦らせた東京外国語大学長・亀山郁夫さんが、昨年に引き続き「ぶっくおか」に参加されます。今回のテーマは『罪と罰』。

「偶然」によって殺人へと導かれる主人公ラスコーリニコフ。神が仕組んだ「運命」と対峙しようとする彼の「意志」。神に見捨てられた孤独な人間はいかに救われるのか----。

ドストエフスキーがこだわり続け、この作品にこめた、隠れた主題を探り、『罪と罰』が問うもの、その現代性を、わかりやすくお話しいただきます。

《亀山郁夫さんプロフィール》
1949年生まれ。東京外国語大学長。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか多数。

cover85-01.jpg罪と罰 3<全3巻 最終巻>
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳 定価 920円(税込み)

2009年9月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

亀山郁夫さん 松山での講演会「『罪と罰』の現代」のお知らせ

p_kameyama01.jpg

「カラマーゾフの兄弟」のわかりやすい新訳で、ドストエフスキーを現代の日本に甦らせた亀山郁夫さん。
今夏に完成した「罪と罰」(全3巻)に描かれた、
人間の罪について、その救済について、愛について、神について...
ドストエフスキーが問うもの、その現代性を、わかりやすくお話いただきます。

※講演終了後、サイン会を行います。


亀山郁夫さん講演会「『罪と罰』の現代」

日時:平成21年10月3日(土) 14時30分〜16時30分(14時開場)
場所:松山市立 子規記念博物館 4階講堂 愛媛県松山市道後公園1-30
入場料:入場無料
観覧方法:10月3日 13時より会場にて入場整理券を配布します。
お問い合わせ:松山市立子規記念博物館 TEL/089-931-5566

《亀山郁夫さんプロフィール》
1949年生まれ。東京外国語大学長。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある。著書に『磔のロシア』『熱狂とユーフォリア』『ドストエフスキー父殺しの文学』『「悪霊」神になりたかった男』『大審問官スターリン』『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』(ドストエフスキー)ほか多数。

cover85-01.jpg罪と罰 3<全3巻 最終巻>
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳 定価 920円(税込み)

2009年9月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

ミュージカル『天翔ける風に』関連企画ー亀山郁夫さん講演会のお知らせ

ミュージカル『天翔ける風に』(原作:野田秀樹「贋作・罪と罰」より 演出・振付:謝 珠栄)の関連企画として、光文社古典新訳文庫『罪と罰』の翻訳者・亀山郁夫さんの講演会が開催されます。


『亀山郁夫 講演会』~ドストエフスキー「罪と罰」を読み解く~
日 時:2009年8月29日(土) 14:00開演
場 所:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール中ホール
参加費:500円(事前申込制 公演チケットをお持ちの方は無料)
お申込先:びわ湖ホール事業部  TEL:077-523-7140

詳細・お申し込みは、こちら>>

ミュージカル『天翔ける風に』特設サイト







cover85-01.jpg

罪と罰 3<全3巻 最終巻>

ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価 920円(税込み)

2009年8月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |

第3回カフェ光文社古典新訳文庫 亀山郁夫さんトークイベント

第3回カフェ光文社古典新訳文庫
亀山郁夫さんトークイベント
「ドストエフスキー『罪と罰』の謎――黙過のリアリティ」


2009年7月4日(土) 14:00~15:30
東京ウィメンズプラザホールで開催

0755-01.jpg

「黙過という言葉が気になっている」
昨年の12月、罪と罰第2巻の読書ガイドを書いている時に出会った、聖書の中にある「黙過」という言葉。


この言葉をキーに、最近行われた三田誠広氏、平野啓一郎氏、加賀乙彦氏、吉岡忍氏との対談、村上春樹氏の『1Q84』に引用されている『カラマーゾフの兄弟』についての考察、さらには1984年と2001年9月、ロシアでの旅の途上で巻きこまれた事件を織り交ぜながら、『罪と罰』を読み解くモチーフを解説していただきました。翻訳完結の熱が冷めない充実した2時間でした。


第3回カフェ光文社古典新訳文庫 亀山郁夫さんトークイベントの続きを読む

2009年7月21日 光文社古典新訳文庫編集部 |

亀山郁夫さん登場のNHK番組が再放送されます!

2008年2月~3月に放送され好評だった、
ドストエフスキーの世界を読み解く番組です。
今回、この全8回シリーズが、前・後編に分けて再放送されます。


〈番組名〉
「知るを楽しむ この人この世界 ― 亀山郁夫 悲劇のロシア ―」

〈内容〉
ドストエフスキーからショスタコーヴィチまで、ロシアの表現者の「悲劇」と「魂の格闘」を、古典新訳文庫『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』の訳者・亀山郁夫さんがじっくりと解読する8回シリーズ。

〈再放送予定〉
【前編】
7月16日(木)20:00~21:30
7月19日(日)10:00~11:30
7月23日(木)14:00~15:30
8月18日(火)11:30~13:00

【後編】
7月23日(木)20:00~21:30
7月26日(日)10:00~11:30
7月30日(木)14:00~15:30
8月19日(水)11:30~13:00

〈放送波〉
NHK衛星ハイビジョン(BShi)

NHK BSオンライン

2009年7月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |

光文社古典新訳文庫トークセッションin大阪 毎日文学フォーラム「新しい言葉で読む『罪と罰』」を開催します

cover67.gif海外の古典的な名作を、読みやすい、新しい翻訳で楽しむ「古典新訳」をテーマに好評の毎日文学フォーラム。
今回は、日本を含む世界の文学に空前絶後の影響を与えたドストエフスキー「罪と罰」の新訳全3巻完結を記念して、作家の高村薫さん、翻訳者の亀山郁夫さんを講師にお招きします。同作品の魅力を掘り下げながら、現代社会との共時性などにも触れ、今もなお輝きを放ち続ける"19世紀文学の魅力"に迫ります。初めて古典に触れる方も、もう一度読み直してみたい方も、ぜひご参加ください。

【日時】7月12日(日)14時~16時30分(13時30分受付開始)

【場所】大阪市中央公会堂・大集会室(大阪市北区中之島1-1-27)
※最寄り駅=地下鉄御堂筋線または京阪電鉄「淀屋橋」駅約5分、
京阪電鉄中之島線「なにわ橋」駅すぐ

【講師】
koushi.jpg


【プログラム】
《第1部》『 罪と罰』をめぐって 
《第2部》『 罪と罰』と現代  <コーディネート>重里 徹也(毎日新聞東京本社学芸部長)


【応募方法】
電話、ハガキ、FAXまたはインターネットでお申し込みください。
800名様ご招待。入場無料。

ハガキ、FAXの場合は、①郵便番号②住所③氏名(ふりがな)④電話番号⑤年齢⑥職業⑦参加希望人数を明記のうえ、下記宛先までお送りください。

●電 話=03-3212-2271(土日祝日を除く10時~18時)
●ハガキ=〒100-8051(住所不要)毎日新聞社「毎日文学フォーラム係」
●F A X=03-3212-0405(「毎日文学フォーラム係」とお書き添えください)
●インターネット(PC)=こちらから>>

【締め切り】7月3日(金)必着 
 ※応募者多数の場合は抽選。当選者には参加証をお送りいたします。

【お問い合わせ】
 TEL:03-3212-2271(土日祝日を除く10時~18時)
 ※お預かりした個人情報は本事業開催以外の目的には使用いたしません。

 主催:毎日新聞社 後援:光文社

2009年6月25日 光文社古典新訳文庫編集部 |

週刊東洋経済に中山 元氏と亀山郁夫氏のインタビュー記事掲載

6月22日発売の週刊東洋経済の特集、
『論語からケインズまで171冊「古典」が今おもしろい!』に
カント、ニーチェ、フロイトの翻訳者、中山 元氏と
ドストエフスキーの翻訳者、亀山郁夫氏のインタビュー記事が掲載されました。

古典新訳文庫も多数紹介されます!ご一読を!

■週刊東洋経済HP

cover03.jpgcover84-1.jpgcover01.jpgcover67.gif
永遠平和のために/
啓蒙とは何か 他3編
カント/中山 元 訳
定価 756円(税込み)
善悪の彼岸
ニーチェ/中山 元 訳
定価 1,058円(税込み)
カラマーゾフの兄弟1
ドストエフスキー/
亀山郁夫 訳
定価 782円(税込み)
罪と罰1
ドストエフスキー/
亀山郁夫 訳
定価 885円(税込み)

2009年6月24日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト