光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“伊藤 真”タグの付いているブログ記事

伊藤 真  Ito Makoto

ホーム > 翻訳者リスト>伊藤 真

伊藤 真 Ito Makoto
  • 世界を揺るがした10日間
『世界を揺るがした10日間』(ジョン・リード)
翻訳家。訳書に『ブラック・フラッグス』(ジョビー・ウォリック)、『アメリカを変えた夏1927年』(ビル・ブライソン)、『ペリリュー・沖縄戦記』(E・スレッジ、共訳) 『告白』(ジェンキンス)、『アフリカ苦悩する大陸』(R・ゲスト)など多数。

2017年11月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『世界を揺るがした10日間』(ジョン・リード/伊藤 真 訳)

ホーム > Booksリスト > 世界を揺るがした10日間

世界を揺るがした10日間

世界を揺るがした10日間

  • ジョン・リード/伊藤 真 訳
  • 定価(本体1,540円+税)
  • ISBN:75365-8
  • 発売日:2017.11.9

ロシア革命100周年
20世紀最高のルポルタージュ
白井聡氏(政治学者)推薦!「革命の記録は、人間が本当は何を成し得るのかを教えてくれる」


作品

ロシア革命の取材を通じて、リードが見出した「真実」──それはジョン・リードという、詩人の魂と、ジャーナリストの社会的使命感と、興行主の山っ気とを合わせ持った一人の男の目と心に映った、いわば真・善・美だったのではないだろうか。本書は優れたジャーナリズムの作品でありつつ、それに留まらない一篇のエピック叙事詩でもあろう。(訳者)


内容

1917年11月。ロシア革命のさなか、アメリカの若きジャーナリスト、ジョン・リードが、革命の指導者から兵士、農民、さらには反対派までを取材し、冬宮の占拠など刻一刻と変動する革命の緊迫した現場を臨場感あふれる筆致で克明に描いた20世紀最高のルポルタージュ。ロシア革命100周年企画第2弾!


目次
  • 序文
  • まえがき
  • 注釈と解説
  • 第1章 背景
  • 第2章 嵐の予感
  • 第3章 前夜
  • 第4章 臨時政府の崩壊
  • 第5章 がむしゃらに前へ
  • 第6章 祖国・革命救済委員会
  • 第7章 革命の最前線
  • 第8章 反革命
  • 第9章 勝利
  • 第10章 モスクワ
  • 第11章 権力の掌握
  • 第12章 農民大会
  • 付録(原注)
  • 解説:伊藤真
  • 年譜
  • 訳者あとがき
ジョン・リード John Reed
[1887-1920] アメリカのジャーナリスト。大学を卒業後、労働争議や社会問題についての記事を月刊誌に寄稿するなどジャーナリストとして活動を始める。メキシコ革命を取材した『反乱するメキシコ』(1914年刊)で名を挙げ、第1次世界大戦も特派員として取材。1917年9月に今度はロシアに向かった。帰国後、諜報活動取締法でたびたび起訴されたがいずれも無罪となり、ようやく1919年3月に本書を書きあげた。8月にはアメリカ共産労働党の関係で再びロシアに渡ったが、チフスに罹患。32歳の若さで死去。モスクワのクレムリンの壁に埋葬された。
[訳者]伊藤 真 Makoto Ito
翻訳家。訳書に『ブラック・フラッグス』(ジョビー・ウォリック)、『アメリカを変えた夏1927年』(ビル・ブライソン)、『ペリリュー・沖縄戦記』(E・スレッジ、共訳) 『告白』(ジェンキンス)、『アフリカ苦悩する大陸』(R・ゲスト)など多数。
《関連刊行本》
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト