光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“國分俊宏”タグの付いているブログ記事

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#30 「この夏こそ挑戦したい! プルースト『失われた時を求めて』の世界」 中条省平さん&國分俊宏さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で6月29日(木)開催

img_kinokuniya20170629-01.jpg
中条省平さん
img_kinokuniya20170629-02.jpg
國分俊宏さん

夏のゆったりした時間のなかで、豊穣な文章をじっくり味わってみたいと思いませんか? それにぴったりな作品がプルースト『失われた時を求めて』です。でもその長大さの前にたじろいでしまったり、途中で挫折してしまったりという人も多いはず。そんな人はまず関連書から読んでみてはいかがでしょうか。

『プルーストと過ごす夏』(光文社刊)は、一流の読み手・書き手である8人の研究者が『失われた時を求めて』の文章を引きながら、その魅力や特徴、読みどころを、それぞれの視点から解説するプルースト入門の決定版です。元々ラジオ番組から生まれたこの本は、本国フランスではベストセラーとなりました。

本篇の独特の文体に挑戦する前に、まずはそのエッセンスを気軽に味わってみたいという方には、漫画家ステファヌ・ウエによる『失われた時を求めて フランスコミック版 スワン家のほうへ』(祥伝社刊)もお薦めです。フランスでは教科書としても採用され、10万部以上売れているといいます。

今回の読書会では、『プルーストと過ごす夏』と『失われた時を求めて フランスコミック版』それぞれを翻訳された國分俊宏さんと中条省平さんをお招きし、両書がフランスで大好評である理由や、『失われた時を求めて』に一般読者がどのように向き合えばよいのかといったことについて語り合って頂きます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #30
この夏こそ挑戦したい! プルースト『失われた時を求めて』の世界
中条省平さん&國分俊宏さんを迎えて
《日時》2017年6月29日(木)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》6月7日(水)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。今回、講師によるサイン会はありません。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[中条省平(ちゅうじょう・しょうへい)さんプロフィール]
1954年生まれ。学習院大学教授。フランス文学研究のほか、映画・文学・マンガ・ジャズ評論など多方面で活動。主著に『恋愛書簡術』『反=近代文学史』『フランス映画史の誘惑』。訳書に『狭き門』(ジッド)、『マダム・エドワルダ/目玉の話』(バタイユ)、『恐るべき子供たち』(コクトー、共訳)、『肉体の悪魔』(ラディゲ)、『花のノートルダム』(ジュネ)、『消しゴム』(ロブ=グリエ)ほか多数。
[國分俊宏(こくぶ・としひろ)さんプロフィール]
1967年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。パリ第3大学博士課程修了(文学博士)。青山学院大学国際政治経済学部教授。フランス文学専攻。訳書に『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家』(ゾラ)、『抄訳アフリカの印象』(ルーセル)、『額の星 無数の太陽』(ルーセル、共訳)、『哲学者たちの動物園』(マッジョーリ)、『少女』(ヴィアゼムスキー)などがある。
cover20170224_proust01.jpg

プルーストと過ごす夏

  • アントワーヌ・コンパニョン、ジュリア・クリステヴァ他
  • 國分俊宏/訳
  • 定価(本体2,300円+税)
  • ISBN:97915-7
  • 発売日:2017.2
流れゆく時間を引き留める方法とは!? フランスのベストセラー『プルーストと過ごす夏』刊行
にんじん

にんじん

  • ルナール/中条省平 訳
  • 定価(本体 760円+税)
  • ISBN:75351-1
  • 発売日:2017.4.11
オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集

オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集

  • ゾラ/國分俊宏 訳
  • 定価(本体1,120円+税)
  • ISBN:753124
  • 発売日:2015.6.11
  • 電子書籍あり

2017年6月 7日 光文社古典新訳文庫編集部 |

流れゆく時間を引き留める方法とは!?
フランスのベストセラー『プルーストと過ごす夏』刊行

2017年もあっというまに2カ月が過ぎようとしています。年をとるごとに時間の経過は速く感じられ、「若者の○○離れ」といった言葉に賛同したりしなかったりしているうちに、自分がすでに若者ではないことに愕然としたりもします。しかし、目の前を過ぎていく時間を引き留め、緩やかにする方法はないではありません。

P22321399.jpg
古典に凝縮された時間

それは、長い時間をかけて醸成された「古典」に触れることです。古典には有意義な時間が凝縮されています。書き手や(これまでの)読者の思考や実践を、読書を通して追体験することで、人生の時間を何倍にもすることができると、古典新訳文庫の編集者としては思います。古典は「話題の書」のように急いで読む必要はありませんし、一生かけて読めばよいのです。

光文社古典新訳文庫には、「一生かけて読むべき本」がたくさんありますが、まさしくそんな時間の問題を描いた名作こそプルースト『失われた時を求めて』でしょう。とはいえ、この『失われた時を求めて』は途轍もなく長い作品であり、作品の海に飛び込む前に尻込みする人や、あるいは飛び込んだはよいが泳ぎ方がわからず戸惑う人もいるかもしれません。これは本国フランスでも同じことだそうです。そんなとき、『失われた時を求めて』を知りつくし溺愛する8人の専門家が、この作品の愉しみ方を一般読者に向けて紹介したのが、2月に単行本として刊行した『プルーストと過ごす夏』(コンパニョン、クリステヴァほか/國分俊宏訳)です。名作をより深く理解したいという読者の心情を反映してか、フランスではベストセラーとなりました。

長い休みに自分の時間を取り戻す

『プルーストと過ごす夏』の編者ローラ・エル・マキは、本書「はじめに」の書き出しにおいて、『失われた時を求めて』という長大な作品と読者との関わりを、実に的確に、かつあたかも美味しい料理を食べた感想であるかのように魅惑的に述べています。

「不幸なのは、大病をするか足でも折らない限り、ふつうの人は『失われた時を求めて』を読む時間が持てないことだ」。マルセル・プルーストの弟、ロベール・プルーストはそう言いました。なるほど、その通りでしょう。しかし、彼は第三の可能性を忘れていました。夏休みです【1】。あの暑い日差しの下で、海辺で、あるいはプルーストにならって静かな自室に閉じこもって、本を読むことはこの上なく甘美です。時の流れが急に緩やかになり、広がり、掻き消えてしまう。そして、時間の流れも、まわりの世界も、もう何もかも存在しなくなる。あるのはただ、その手に持った『失われた時を求めて』だけ。

引用中の【1】の部分には訳者・國分俊宏さんによる訳注が、以下のようにつけられています。

1 フランスの労働者は一年間に五週間の休暇を取る権利があり、クリスマス休暇を別にして、夏休みは四週間ほど休むのがふつうである。

四週間の夏休み(!)を取るのは日本人には難しいかもしれませんが、正直言って、フランス人にしたところで四週間の休みのうちどれだけ「静かな自室に閉じこもって」本を読めるのかは疑わしいわけで(だからこそ本書が売れているわけです)、休みの長短問わず、ひとまずは一日のうちに少しでも読書に耽る時間を見つけることができれば、「時の流れが急に緩やかに」なるのを感じられるでしょう。

解説書なのに読み飽きない

『プルーストと過ごす夏』は、8人の作家や学者たちが、『失われた時を求めて』の自分の好きな一節を引用しながら、「時」「愛」「場所」「芸術」などの切り口で作品の魅力を熱く綴った書で、『失われた時を求めて』本篇を読みたくなる文章やエピソードがふんだんに紹介されています。本書はいわば「本の解説書」なのに、本篇に負けず劣らずロマンチックで読み飽きることがありません。たとえばプルースト研究の第一人者アントワーヌ・コンパニョンによる、「第一章 時間」には、次のような文章があります。

「短いのに長く感じさせる作品というのがある。プルーストの長い作品は、僕には短く感じられる」。ジャン・コクトーは『失われた時を求めて』を、こんなふうに語ってみせた。本当のプルーストの読者がみんなそうであるように、彼もまた、最後まで読み終えたらまた最初に戻る読者の一人だ。なぜなら、この本を読むと、そこから抜け出たくないと思ってしまうからだ。

コクトーの感じ方はともかく、「本当のプルーストの読者がみんなそうであるように」といった、さらりと、しかし力強い断言のしかたはなかなか見事で、世界中の本好きを挑発するに十分です。また、別の一節は作家への愛とドラマに満ち、掌編小説のようですらあります。

プルーストの手書き原稿は、文学の創造がどういうものかを目に見える形でわからせてくれる美しいオブジェである。文学創造には、膨大な量の仕事が必要なのだ。しかしその仕事は、そのあとで隠されて見えなくなってしまう。人々は最初、プルーストが上流階級の人間だったために、まるで話すようにすらすらと書いているのだと思い込んだ。だが、そうではなかった。まったく違っていた。一九五〇年代になって、草稿資料が刊行されたとき、人々はプルーストが驚くべき仕事の鬼だったことを知ったのである。

ちなみに、(こんなところで明かすのもなんですが)この『プルーストと過ごす夏』は、フランスで人気のラジオ番組シリーズを書籍化したものです。単にエピソードを披瀝したというだけかもしませんが、ラジオでこの話を聞いたオーディエンスは、見えない手書き原稿を想像し、そこに凝縮されたプルーストの「時間」を感じたはずです。それにしても、「だが、そうではなかった。まったく違っていた」という転回、そして「仕事の鬼」という言葉は、静かに既存のプルーストのイメージを覆してみせていて、まったく見事というほかありません。プルーストの文章を解説する文章だけに、書き手も気合いが入っていると見えます。

本は去ることのない友人──

「時間」についてのみならず、「愛」について、「哲学」についてなど、8人の書き手が縦横に綴るプルーストの魅力に圧倒されどおしの一冊です。最後に、第八章の「読むこと」という項の書き出しを紹介しておきましょう。

「読書とは一つの友情である」──『読書について』
ふだんの彼らしくないことですが、マルセル・プルーストのこの言葉は、とても短い文章であっさりと、〔フランス語の原文にして〕たったの五語で本質的なことを語っています。彼にとって書物は単なる物ではなく、ただの題名でもなく、一つの物語でもありませんでした。本は友人、私たちを感動させ、いくつもの扉を開いてくれる友人でもあったのです。したがって、読書こそ、『失われた時を求めて』の語り手に称揚される究極の芸術として現われるわけです。この芸術はまた、来たるべき書物の基礎を築く芸術でもあります。なぜなら、彼が読んだ数々の本がなければ、彼は作家にはなれなかったでしょうから。

この機にぜひ『プルーストと過ごす夏』を「友人」として迎え、夏には一緒に『失われた時を求めて』の扉を開けてみてください。

cover20170224_proust01.jpg

プルーストと過ごす夏

  • アントワーヌ・コンパニョン、ジュリア・クリステヴァ他
  • 國分俊宏/訳
  • 定価(本体2,300円+税)
  • ISBN:97915-7
  • 発売日:2017.2
堀江敏幸さん推薦!

すぐれた読み手に導かれて、いま、私たちは『失われた時を求めて』という言葉の大聖堂の前に立っている。個々の体験をふまえた余力ある解説と、美しい引用の力を借りれば、今度は自分自身の手で豊饒な「時」の扉を開くことができるだろう。(作家・仏文学者)

本書に登場する八人は、いずれもプルーストの熱心な読者であり、プルーストに関する本を書いたり、映像作品を制作したりしている練達の読み手・書き手ばかりだ。その八人が、一般の読者に向けてわかりやすい語り口で、『失われた時を求めて』という小説の主題や魅力、読みどころを語っている。本書は、すでにこの長い長い小説を読破したという方はもちろん、現在読んでいる最中の方、あるいはこれから挑戦しようと思っている方にとって、格好の道案内、入門書となるだろう。──「訳者あとがき」より

《目次》
  • はじめに ローラ・エル・マキ
  • 第一章 時間/アントワーヌ・コンパニョン
  • 第二章 登場人物/ジャン゠イヴ・タディエ
  • 第三章 プルーストと社交界/ジェローム・プリウール
  • 第四章 愛/ニコラ・グリマルディ
  • 第五章 想像界/ジュリア・クリステヴァ
  • 第六章 場所/ミシェル・エルマン
  • 第七章 プルーストと哲学者たち/ラファエル・アントーヴェン
  • 第八章 プルーストと芸術/アドリアン・グーツ
  • 訳者あとがき 國分俊宏
[プロフィール]
アントワーヌ・コンパニョン
1950年生まれ。プルースト研究の第一人者であるだけでなく、ボードレール、モンテーニュといった詩人、作家も論じ、広く文学史、批評理論に関わる多くの著書がある。パリ・ソルボンヌ大学教授等を経て、現在コレージュ・ド・フランス教授、米国コロンビア大学教授。邦訳に『アンチモダン―反近代の精神史』『近代芸術の五つのパラドックス』『文学をめぐる理論と常識』『寝るまえ五分のモンテーニュ―「エセー」入門』など。『修辞学級』(未訳)などの小説も発表している。
ジュリア・クリステヴァ
1941年ブルガリア生まれ。文学理論家、精神分析学者。パリ第七大学名誉教授。1960年代半ばにフランスに渡り、ロラン・バルトの教えを受ける。夫はフィリップ・ソレルス。1980年代の日本でのいわゆるニューアカデミズム・ブームの際に、ポスト構造主義の理論家として日本でも盛んに紹介された。『中国の女たち』『恐怖の権力―〈アブジェクシオン〉試論』『詩的言語の革命』『プルースト―感じられる時』『ハンナ・アーレント―〈生〉は一つのナラティヴである』など、著書の多くが邦訳されている。
[訳者]國分俊宏(こくぶ・としひろ)
1967年生まれ。早稲田大学大学院博士課程単位取得退学。青山学院大学・国際政治経済学部教授。1996~2000年、フランス政府給費留学生としてパリ第3大学に留学、文学博士号取得。専門は現代フランス文学。訳書に、ゾラ『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集』(光文社古典新訳分子)、ルーセル『抄訳 アフリカの印象』、ヴィアゼムスキー『少女』など。
光文社古典新訳文庫の既刊
.
失われた時を求めて1第一篇「スワン家のほうへI」

失われた時を求めて1 第一篇「スワン家のほうへI」

  • プルースト/高遠弘美 訳
  • 定価(本体952円+税)
  • ISBN:75212-5
  • 発売日:2010.9.9
  • 電子書籍あり
失われた時を求めて2 第一篇「スワン家のほうへII」

失われた時を求めて2 第一篇「スワン家のほうへII」

  • プルースト/高遠弘美 訳
  • 定価(本体1,105円+税)
  • ISBN:75242-2
  • 発売日:2011.12.8
  • 電子書籍あり
失われた時を求めて3

失われた時を求めて3 第二篇 「花咲く乙女たちのかげにI」

  • プルースト/高遠弘美 訳
  • 定価(本体1,295円+税)
  • ISBN:75268-2
  • 発売日:2013.3.12
  • 電子書籍あり
失われた時を求めて4

失われた時を求めて4 第二篇 「花咲く乙女たちのかげにⅡ」

  • プルースト/高遠弘美 訳
  • 定価(本体1,500円+税)
  • ISBN:75323-8
  • 発売日:2016.1.8
  • 電子書籍あり
失われた時を求めて5

失われた時を求めて5 第三篇 「ゲルマントのほうⅠ」

  • プルースト/高遠弘美 訳
  • 定価(本体1,260円+税)
  • ISBN:75345-0
  • 発売日:2016.12.8
  • 電子書籍あり

2017年2月24日 光文社古典新訳文庫編集部 |

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#21「ゾラとルーセル、フランス近代文学の魅力」國分俊宏さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で9月2日(金)開催

國分俊宏先生

紀伊國屋書店電子書店Kinoppyとのコラボレーション企画「Readers Club読書会(Readin Session)」、第21弾はゾラ短篇集『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家』の訳者・國分俊宏さんをお迎えして開催します。

ゾラ短篇集『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家』の鮮やかな新訳で読者を魅了した國分俊宏先生が、20世紀初頭に活躍した作家レーモン・ルーセルの伝説的作品『アフリカの印象』の新訳を手がけました。九州発の本作りを目指す熊本の出版社・伽鹿舎から、坂口恭平さんのドローイングに合わせての翻訳です。解説はいとうせいこうさんという豪華な布陣。言葉の魔術師と呼ばれ、ブルトンが絶賛し、フーコーが魅せられた謎の天才・ルーセルがアフリカを舞台に描いた奇想に満ちた一冊が、日本にふたたび蘇り、難解で知られる作品がぐっと読みやすくなりました。

ゾラ短篇集では、典型的な長篇作家として知られるゾラの知られざる短篇小説の世界を見事に切り取って一冊を編み、今回は20世紀後半になって再評価されつつあるルーセル作品を絵に合わせて抄訳するという意欲的な試みに挑戦した國分先生に、この2冊の新訳の楽しみ方、そして「読み」の機微に触れるお話、総じてフランス文学の魅力を縦横に語っていただきます。

今回は、この『アフリカの印象』を出版した伽鹿舎代表の加地葉さんを特別ゲストに迎え、本書の成り立ちや関わった方々とのお話も交えてのトークセッションとなります。

※会場では、普段は九州限定のため東京の書店では販売されていない伽鹿舎の『アフリカの印象』も特別に販売いたします。

伽鹿舎ウェブサイト
紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #20
「ゾラとルーセル、フランス近代文学の魅力」國分俊宏さんを迎えて
《日時》2016年9月2日(金)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》2016年8月14日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※紀伊國屋書店新宿本店の他の電話番号におかけになられても、ご予約は承れませんのでご注意下さい。
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。
※19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[國分俊宏(こくぶ・としひろ)さんプロフィール]
1967年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。パリ第3大学博士課程修了(文学博士)。青山学院大学国際政治経済学部教授。フランス文学専攻。訳書に『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家』(ゾラ)、『抄訳アフリカの印象』(ルーセル)、『額の星 無数の太陽』(ルーセル、共訳)、『哲学者たちの動物園』(マッジョーリ)、『少女』(ヴィアゼムスキー)などがある。

2016年8月14日 光文社古典新訳文庫編集部 |

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会 「『居酒屋』『ナナ』だけじゃない! "短篇作家"ゾラの魅力に迫る」國分俊宏さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で 7月23日(木)に開催

紀伊國屋書店電子書店Kinoppyとコラボレーション企画「Readers Club読書会(Readin Session)」、第8弾はゾラ『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集』(2015年6月刊)の訳者・國分俊宏さんをお迎えして開催します。

img_kokubutoshihiro01.jpg

ゾラといえば、文学史的には『居酒屋』や『ナナ』に代表される長篇小説が有名で、町の貧困層を描く「社会派」という印象が強いのですが、この短篇集はそんなゾラ像とは正反対。

ちょっと怪奇小説っぽい設定の奥に深くて静かな感銘を受ける「オリヴィエ・ベカイユの死」や「呪われた家」、夫婦の複雑な関係性を一見突飛な物語の中に圧巻の筆力で描ききる「ナンタス」「スルディス夫人」、そして官能的で(というかよく読むと下ネタ満載で)強烈なオチのつく「シャーブル氏の貝」。どれも、ゾラってすごい短篇作家だ!と思わせる面白さです。しかも、「オリヴィエ・ベカイユの死」以外の4篇は、本邦初訳です!

今回の読書会では、翻訳者の國分俊宏さん(青山学院大学教授)をお迎えして、今回の短篇作品の選び方と読みどころ、新訳における工夫、そしてゾラとはいったいどういう作家なのかについて、縦横無尽に語って頂きます。

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session)
「『居酒屋』『ナナ』だけじゃない! "短篇作家"ゾラの魅力に迫る」國分俊宏さんを迎えて
《日時》2015年7月23日(木)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》45名  ※定員に達し次第、受付を終了
《参加費》無料
《参加方法》2015年7月5日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※紀伊國屋書店新宿本店の他の電話番号におかけになられても、ご予約は承れませんのでご注意下さい。
※サイン会はございません。
※19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。
 詳しくは 紀伊國屋書店新宿店ウェブサイトをご覧ください
[國分俊宏(こくぶ・としひろ)さんプロフィール]
1967年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。パリ第3大学博士課程修了(文学博士)。青山学院大学国際政治経済学部教授。フランス文学専攻。訳書に『額の星 無数の太陽』(ルーセル、共訳)、『哲学者たちの動物園』(マッジョーリ)、『少女』(ヴィアゼムスキー)などがある。

2015年7月 6日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集』(ゾラ/國分俊宏 訳)

ホーム > Booksリスト>オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集

オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集

オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集

  • ゾラ/國分俊宏 訳
  • 定価(本体1,120円+税)
  • ISBN:753124
  • 発売日:2015.6.11
  • 電子書籍あり

"短編作家"ゾラの魅力発見!『居酒屋』『ナナ』だけじゃない 
奇抜な設定と意外な結末

作品

ゾラの短篇は、まず何よりも読んで面白い。人間の欲望や野心、社会格差やリアリズムなど、ゾラの作品世界のエッセンスをそのまま保ちながら、時にスリリングに、時にコミカルに、この作家の想像力のありようを、よりわかりやすく提示している。(訳者)


物語

完全に意識はあるが肉体が動かず、周囲に死んだと思われた男の視点から綴られる「オリヴィエ・ベカイユの死」。新進気鋭の画家とその不器量な妻との奇妙な共犯関係を描いた「スルディス夫人」など、稀代のストーリーテラーとしてのゾラの才能が凝縮された5篇を収録。


エミール・ゾラ Émile Zola
[1840-1902]フランスの小説家。幼少よりデュマ、ユゴーなどを耽読。大学進学を諦めて創作に没頭し、パリで貧困生活を送った後、出版社に入社。作家や編集者たちと交流し、初の短篇集を刊行する。出版社退社後は文学に科学的・客観的視点を採り入れた「自然主義」を提唱。全20巻からなる『ルーゴン・マッカール叢書』を執筆し、『居酒屋』『ナナ』などで人気作家となる。長篇小説のほか、多くの短篇、美術論集なども残している。1894年にユダヤ人陸軍大尉がスパイ容疑で逮捕された冤罪事件(ドレフュス事件)が起こると、軍の不正と虚偽を糾弾する文章(「私は告発する!」)を新聞に発表して話題となり、一時亡命を余儀なくされた。1902年に一酸化炭素中毒により死去。
[訳者]國分俊宏 Kokubu Toshihiro
1967年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。パリ第3大学博士課程修了(文学博士)。青山学院大学国際政治経済学部教授。フランス文学専攻。訳書に『額の星 無数の太陽』(ルーセル、共訳)、『哲学者たちの動物園』(マッジョーリ)、『少女』(ヴィアゼムスキー)など。

《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年6月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト