光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“土屋京子”タグの付いているブログ記事

『ナルニア国物語4 カスピアン王子』(C・S・ルイス/土屋京子 訳)

ホーム > Booksリスト > ナルニア国物語4 カスピアン王子

ナルニア国物語4 カスピアン王子

ナルニア国物語4 カスピアン王子

  • C・S・ルイス/土屋京子 訳
  • 定価(本体720円+税)
  • ISBN:75356-6
  • 発売日:2017.6.13
  • 電子書籍あり


ナルニア再興の希望を胸に、伝説の角笛を吹き鳴らす!
四人の王と女王の治世から1300年──
邪悪なミラーズ王に追われた王子は蜂起を試みるが......
大反響、新訳第4弾!


物語

ナルニアでの冒険から一年。再び不思議な力で異世界へと引きずりこまれたピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーは、やがてそこが廃墟と化したケア・パラヴェル城だと気づく。そして偶然に助け出したドワーフから、四人がナルニアに呼び戻された驚くべき事情を聞いたのだった!


解説

井辻朱美(白百合女子大学人間総合学部児童文化学科教授)


『ナルニア国物語』今後の刊行予定(ナルニア国の年代順に刊行!)

  • 
第5巻・ドーン・トレッダー号の航海/2017年9月
  • 第6巻・銀の椅子/2017年12月

  • 第7巻・最後の戦い/2018年3月
新訳『ナルニア国物語』公式サイト
C・S・ルイス Clive Staples Lewis
[1898-1963] イギリスの小説家、学者。北アイルランド、ベルファストで下級弁護士の父と牧師の娘である母との間に生まれる。幼少の頃から、動物を擬人化した話や妖精物語に魅せられる。オックスフォード大学に進むが、途中で第一次世界対戦に召集される。復学後は英文学で優等の成績を収め卒業。その後同学の特別研究員を経てケンブリッジ大学の教授に就任。文学やキリスト教に関する著作を次々と発表し、諷刺による悪魔論『悪魔の手紙』(1942年)が世界的ベストセラーになる。そのかたわら創作も進めていたが、1950年に出版された『ナルニア国物語』の第一巻『ライオンと魔女と衣装だんす』でさらなる名声を得ることになった。シリーズ最終巻『最後の戦い』(1957年)は、優れた児童文学に送られるカーネギー賞を受賞した。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『あしながおじさん』(ウェブスター)、『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(トウェイン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月13日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ナルニア国物語3 馬と少年』(C・S・ルイス/土屋京子 訳)

ホーム > Booksリスト > ナルニア国物語3 馬と少年

ナルニア国物語3 馬と少年

ナルニア国物語3 馬と少年

  • C・S・ルイス/土屋京子 訳
  • 定価(本体720円+税)
  • ISBN:75349-8
  • 発売日:2017.3.9
  • 電子書籍あり


王国の危機を報せに、北へ!
少年の「勇気」が運命を切りひらく──

自由を求める<もの言う馬>との奇妙な逃避行、隣国侵攻の計略、砂漠の冒険......
手に汗握る、新訳第3弾!


物語

カロールメン国に暮らす漁師の子シャスタは、自分が奴隷として売られることを知り、ナルニア出身の<もの言う馬>ブリーとともに北を目指す。思いがけず、もう一組の 道連れを得たのも束の間、旅は新たな使命を帯びることになって......。 三つの国にまたがる少年の数奇な冒険を描く。


解説

安達まみ(聖心女子大学教授)


『ナルニア国物語』今後の刊行予定(ナルニア国の年代順に刊行!)

  • 第4巻・カスピアン王子/2017年6月
  • 
第5巻・ドーン・トレッダー号の航海/2017年9月
  • 第6巻・銀の椅子/2017年12月

  • 第7巻・最後の戦い/2018年3月
新訳『ナルニア国物語』公式サイト
C・S・ルイス Clive Staples Lewis
[1898-1963] イギリスの小説家、学者。北アイルランド、ベルファストで下級弁護士の父と牧師の娘である母との間に生まれる。幼少の頃から、動物を擬人化した話や妖精物語に魅せられる。オックスフォード大学に進むが、途中で第一次世界対戦に召集される。復学後は英文学で優等の成績を収め卒業。その後同学の特別研究員を経てケンブリッジ大学の教授に就任。文学やキリスト教に関する著作を次々と発表し、諷刺による悪魔論『悪魔の手紙』(1942年)が世界的ベストセラーになる。そのかたわら創作も進めていたが、1950年に出版された『ナルニア国物語』の第一巻『ライオンと魔女と衣装だんす』でさらなる名声を得ることになった。シリーズ最終巻『最後の戦い』(1957年)は、優れた児童文学に送られるカーネギー賞を受賞した。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『あしながおじさん』(ウェブスター)、『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(トウェイン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ナルニア国物語2 ライオンと魔女と衣装だんす』(C・S・ルイス/土屋京子 訳)

ホーム > Booksリスト > ナルニア国物語2 ライオンと魔女と衣装だんす

ナルニア国物語2 ライオンと魔女と衣装だんす

ナルニア国物語2 ライオンと魔女と衣装だんす

  • C・S・ルイス/土屋京子 訳
  • 定価(本体660円+税)
  • ISBN:75346-7
  • 発売日:2016.12.8
  • 電子書籍あり


アスラン、魔女ジェイディスと対決へ――
大好評、新訳ナルニア第2弾!

作品

魔法の衣装だんすから真冬の異世界へ――
四きょうだいの活躍と成長を描くナルニアで最も有名な冒険譚!


本書の読みどころ
  • 第1巻「魔術師のおい』で活躍したディゴリーが教授に!
  • なぜ衣装だんすはナルニアにつながっているのか?
  • 女王がエドマンドを誘惑するのに使った作戦とは?
  • 冬物語にかかせない「あの人」も登場!
  • 女王との直接対決を前に、アスランが下した決断とは?

解説

芦田川祐子(文京大学文学部准教授)


『ナルニア国物語』刊行予定(ナルニア国の年代順に刊行!)

  • 第3巻・馬と少年/2017年3月
  • 第4巻・カスピアン王子/2017年6月
  • 
第5巻・ドーン・トレッダー号の航海/2017年9月
  • 第6巻・銀の椅子/2017年12月

  • 第7巻・最後の戦い/2018年3月
新訳『ナルニア国物語』公式サイト
C・S・ルイス Clive Staples Lewis
[1898-1963] イギリスの小説家、学者。北アイルランド、ベルファストで下級弁護士の父と牧師の娘である母との間に生まれる。幼少の頃から、動物を擬人化した話や妖精物語に魅せられる。オックスフォード大学に進むが、途中で第一次世界対戦に召集される。復学後は英文学で優等の成績を収め卒業。その後同学の特別研究員を経てケンブリッジ大学の教授に就任。文学やキリスト教に関する著作を次々と発表し、諷刺による悪魔論『悪魔の手紙』(1942年)が世界的ベストセラーになる。そのかたわら創作も進めていたが、1950年に出版された『ナルニア国物語』の第一巻『ライオンと魔女と衣装だんす』でさらなる名声を得ることになった。シリーズ最終巻『最後の戦い』(1957年)は、優れた児童文学に送られるカーネギー賞を受賞した。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『あしながおじさん』(ウェブスター)、『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(トウェイン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#22 「新訳刊行開始!「ナルニア国物語」の魅力に迫る」土屋京子さんと松本朗さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で10月6日(木)開催

img_tsuchiya_kyoko.jpg

創刊10周年を迎えた光文社古典新訳文庫は、その記念作品の一つとして、C・S・ルイス「ナルニア国物語」の第1巻『魔術師のおい』を9月に刊行しました。

1950年にイギリスで刊行が始まった「ナルニア国物語」(全7巻)は、その魅力的な物語世界と細やかな人物造形で、子どもにも大人にも愛される冒険ファンタジーの古典です。

子どもだけでなく、大人が読んでも存分に楽しめる文章となることを目指した今回の新訳ですが、もうひとつ大きな特徴は、「物語を年代順に刊行」することです。

作者のC・S・ルイスは生前、書かれた順ではなく、ナルニア国での出来事の順に読書することを推奨していました。

今回は、新訳「ナルニア国物語」を翻訳された土屋京子さんをお迎えして、本書を訳すことになったきっかけや、本作に感じる魅力、翻訳にあたってのご苦労などを語っていただきます。

さらに、『魔術師のおい』に詳細な解説をお書きになった上智大学文学部教授の松本朗さんもゲストにお招きし、文学からみたナルニアについてお話いただきます。

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #22
「新訳刊行開始!「ナルニア国物語」の魅力に迫る」土屋京子さんと松本朗さんを迎えて
《日時》2016年10月6日(木)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》2016年9月11日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後、ご希望の方には土屋京子さんの訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[土屋京子(つちや・きょうこ)さんプロフィール]
翻訳家。東京大学教養学部卒。訳書に『あしながおじさん』(ウェブスタ-)、『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(トウェイン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語』(ローリングズ、以上光文社古典新訳文庫)、『部屋』(ドナヒュー)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『EQ~こころの知能指数』(ゴールマン)ほか多数。
[松本朗(まつもと・ほがら)さんプロフィール]
上智大学教授。ワシントン州立ワシントン大学、東京都立大学大学院に学び、防衛大学校講師を経て現職。共著に『ロンドン物語―メトロポリスを巡るイギリス文学の700年』『転回するモダン―イギリス戦間期の文化と文学』『ポスト・ヘリテージ映画―サッチャリズムの英国と帝国アメリカ』『終わらないフェミニズムー「働く」女たちの言葉と欲望』など。訳書にケナー『機械という名の詩神: メカニック・ミューズ』。
ナルニア国物語1 魔術師のおい

ナルニア国物語1 魔術師のおい

  • C・S・ルイス/土屋京子 訳
  • 定価(本体680円+税)
  • ISBN:75340-5
  • 発売日:2016.9.8
  • 電子書籍あり

光文社電子書籍取り扱い書店一覧へ
電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。
詳細は各電子書店にお問い合せください。

2016年9月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ナルニア国物語1 魔術師のおい』(C・S・ルイス/土屋京子 訳)

ホーム > Booksリスト > ナルニア国物語1 魔術師のおい

ナルニア国物語1 魔術師のおい

ナルニア国物語1 魔術師のおい

  • C・S・ルイス/土屋京子 訳
  • 定価(本体680円+税)
  • ISBN:75340-5
  • 発売日:2016.9.8
  • 電子書籍あり

光文社電子書籍取り扱い書店一覧へ
電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。
詳細は各電子書店にお問い合せください。

世界最高のファンタジー大作 ついに、新訳で刊行開始!

作品

異世界に迷い込んだディゴリーとポリーの運命は? 悪の女王の復活、そしてアスランの登場......
ナルニアのすべてはここから始まる!


物語

魔法の指輪で異世界に迷い込んだディゴリーとポリーは、廃都に眠る悪の女王を誤って復活させ、ロンドンに連れ帰ってしまう。女王を元の世界に戻そうとするが、入り込んだのはまた別の世界。そこでは今まさに一頭のライオンが創造しようとしていた。ナルニア最初の冒険!


解説

松本朗(上智大学文学部教授)


『ナルニア国物語』刊行予定(ナルニア国の年代順に刊行!)

  • 2・ライオンと魔女と衣装だんす/2016年12月
  • 3・馬と少年/2017年3月
  • 4・カスピアン王子/2017年6月
  • 
5・ドーン・トレッダー号の航海/2017年9月
  • 6・銀の椅子/2017年12月

  • 7・最後の戦い/2018年3月
C・S・ルイス Clive Staples Lewis
[1898-1963] イギリスの小説家、学者。北アイルランド、ベルファストで下級弁護士の父と牧師の娘である母との間に生まれる。幼少の頃から、動物を擬人化した話や妖精物語に魅せられる。オックスフォード大学に進むが、途中で第一次世界対戦に召集される。復学後は英文学で優等の成績を収め卒業。その後同学の特別研究員を経てケンブリッジ大学の教授に就任。文学やキリスト教に関する著作を次々と発表し、諷刺による悪魔論『悪魔の手紙』(1942年)が世界的ベストセラーになる。そのかたわら創作も進めていたが、1950年に出版された『ナルニア国物語』の第一巻『ライオンと魔女と衣装だんす』でさらなる名声を得ることになった。シリーズ最終巻『最後の戦い』(1957年)は、優れた児童文学に送られるカーネギー賞を受賞した。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『あしながおじさん』(ウェブスター)、『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(トウェイン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『あしながおじさん』(ウェブスター/土屋京子 訳)

ホーム > Booksリスト > あしながおじさん

あしながおじさん

あしながおじさん

  • ウェブスター/土屋京子 訳
  • 定価(本体780円+税)
  • 発売日:2015.7.9
  • 電子書籍あり

女子だけが知っていた名作。(男子も読んでね!)
躍動感ある新訳で登場!

作品

大学の勉強、行事、恋心について茶目っ気たっぷりに綴るジュディの手紙から、読者は多感な少女の心の動きのみならず、彼女が次第に自分らしく成長していく姿を読み取ることができる。かつてなくリアルで楽しいジュディが新訳で甦る!


内容

孤児のジュディは文才を認められ、ある匿名の紳士の援助を受けて大学に通わせてもらえることに。新たな環境で発見と成長の日々を送りながら、ジュディは「あしながおじさん」と名付けたその紳士に、お茶目な手紙をせっせと書送るが......。世界中で愛読される名作を新訳で。

ジーン・ウェブスター Jean Webster
[1876-1916]米国ニューヨーク州出身の小説家。母は文豪トウェインの姪で、父はトウェインのビジネス・パートナー。寄宿学校時代に18歳でアリスからジーンに改名。名門女子大ヴァサー・カレッジに進み、経済学と英文学を専攻する。在学中、新聞に「女子大生のおしゃべりコラム」を連載して好評を博すと、卒業後、その文体を活かした初の小説『パティ大学に行く』を出版。
一方、社会改革にも深い関心を持ち、イタリアの貧困問題を取り上げた小説『小麦姫』も執筆している。1912年には『あしながおじさん』が雑誌に連載され、同年これが書籍化されると一躍ベストセラーとなった。その後も『あしながおじさん』の戯曲化、続篇『ディア・エネミー』の執筆など精力的に活動を続けたが、長女出産の翌日、産褥熱により39歳で死去。 
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(トウェイン)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『マオ 誰も知らなかった毛沢東』(ユン・チアン、ジョン・ハリデイ)、『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』(ウェルズ)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年7月 7日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ハックルベリー・フィンの冒険(下)』(トウェイン/土屋京子 訳)

ホーム > Booksリスト > ハックルベリー・フィンの冒険(下)

ハックルベリー・フィンの冒険(下)

ハックルベリー・フィンの冒険(下)

  • トウェイン/土屋京子 訳
  • 定価(本体1,200円+税)
  • ISBN:75293-4
  • 発売日:2014.6.12
  • 電子書籍あり

大冒険の果てに待っていたのは、なんてこった、アイツじゃねーか!!
筏の冒険、詐欺師たち、やさしい人々...... ハックの旅はクライマックスを迎える!

作品

ジムとの筏の旅には危険が一杯。さらに途中で道連れとなった詐欺師どもは厄介事ばかり引き起こす。だがハックを本当に悩ませていたのは、おたずね者の逃亡奴隷ジムをどうするかという問題だった。そして彼は重大な決断を下す。アメリカの魂といえる名作、決定訳で登場。解説は石原剛さん(早稲田大学教授)。


内容

大人たちはなぜ堅苦しくしたいのか、金なんかないほうが気楽じゃないか、なぜ人人は殺し合うのか...... 常識にとらわれずに自分で考えて生きるハックの頭の中は、そんな問いに満ちている。ときに手に汗握る、ときに抱腹絶倒の冒険譚を紡ぎ出すいっぽう、作者トウェインの視線は、いつの時代の社会にもある問題を痛烈に射抜いているのだ。

[書評]
    東京新聞夕刊2014年8月30日/「本から広がる」
    「自由を求めるすべての人を勇気づける不朽の名作だ」
マーク・トウェイン
[1835-1910]  アメリカの作家。ミズーリ州フロリダに生まれる。印刷工、ミシシッピ河を運航する蒸気船の水先案内人、新聞記者などの職業を経て、作家となる。1867年、最初の単行本『キャラヴェラス郡の名高き跳び蛙』を刊行。以後、『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』『ハックルベリー・フィンの冒険』『アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』等の小説を発表するほか、『ミシシッピ河の生活』等のエッセイや評論も多数執筆。ユーモアと痛烈な文明批判を織り交ぜた作風は、後世に多大な影響を与えた。1910年、コネチカット州レディングの自宅で死去。享年74。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『マオ 誰も知らなかった毛沢東』(ユン・チアン、ジョン・ハリデイ)、『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』(ウェルズ)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年6月12日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ハックルベリー・フィンの冒険(上)』(トウェイン/土屋京子 訳)

ホーム > Booksリスト > ハックルベリー・フィンの冒険(上)

ハックルベリー・フィンの冒険(上)

ハックルベリー・フィンの冒険(上)

  • トウェイン/土屋京子 訳
  • 定価(本体1,200円+税)
  • ISBN:75292-7
  • 発売日:2014.6.12
  • 電子書籍あり

おいら、キュウクツなのはごめんだ。でも、ほんとうの「自由」ってなんだ?
アメリカ文学の最高傑作、待望の新訳。

作品

トム・ソーヤーとの冒険で大金を得た後、学校に通い、まっとうな(でも退屈な)生活を送っていたハック。そこに息子を取り返そうと飲んだくれの父親が現れ、ハックはすべてから逃れようと筏(いかだ)で川に漕ぎ出す。身を隠した島で出会ったのは主人の家を逃げ出した奴隷のジムだった......。


内容

この作品は小中学生からでも楽しめる内容ですが、大人の読者はさらにこの物語の世界観と奥深さに大いに魅了され、アメリカ文学の傑作と称される理由を知ることができるでしょう。生き生きとした言葉で、いまの読者の心にストレートに響く新訳、ついに登場。解説は石原剛さん(早稲田大学教授)。

[書評]
    東京新聞夕刊2014年8月30日/「本から広がる」
    「自由を求めるすべての人を勇気づける不朽の名作だ」
マーク・トウェイン
[1835-1910]  アメリカの作家。ミズーリ州フロリダに生まれる。印刷工、ミシシッピ河を運航する蒸気船の水先案内人、新聞記者などの職業を経て、作家となる。1867年、最初の単行本『キャラヴェラス郡の名高き跳び蛙』を刊行。以後、『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』『ハックルベリー・フィンの冒険』『アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』等の小説を発表するほか、『ミシシッピ河の生活』等のエッセイや評論も多数執筆。ユーモアと痛烈な文明批判を織り交ぜた作風は、後世に多大な影響を与えた。1910年、コネチカット州レディングの自宅で死去。享年74。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『マオ 誰も知らなかった毛沢東』(ユン・チアン、ジョン・ハリデイ)、『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』(ウェルズ)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年6月12日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『仔鹿物語(上)』(ローリングズ/土屋京子 訳)

ホーム > Booksリスト > 仔鹿物語(上)

仔鹿物語(上)

仔鹿物語(上)

『鹿と少年』改題
  • ローリングズ/土屋京子 訳
  • 定価(本体875円+税)
  • ISBN:75260-6
  • 発売日:2012.11.13
  • 電子書籍あり

美しくも苛酷な自然と、逞しく生きる人々の営みを描いたアメリカ文学不朽の名作!

作品

19世紀後半のフロリダ。人里での摩擦を避け、矮樹林(スクラブ)が広がる土地で厳しい開墾生活を送るバクスター一家。ある日、父ペニーがとっさに撃ち殺した雌シカの傍らに、母を失った仔ジカが立ち尽くしていた。息子ジョディは仔ジカに魅了され育てたいと両親に懇願する......(『鹿と少年』改題)


内容

『仔鹿物語』という題名から、子供向けの感傷的な話と思われるかもしれないが、本書はそんな甘い物語ではない。圧倒的筆力で時代と人間を描いた本格的な「大人向け」の小説として楽しめる傑作である。


マージョリー・キナン・ローリングズ
[1896−1953]アメリカの小説家。ワシントンDCに生まれ、子どものころから創作コンテンストに度々入賞し才能を発揮する。大学を卒業後、新聞記者になるが、作家としては芽が出なかった。1928年、旅行でフロリダ半島の奥地を訪れ、原生林の残る自然に感動し、居を定める。以降はこの地方を舞台にした小説を生み出し、1938年の「The Yearling」(本書)がベストセラーとなり、ピュリッツァー賞を受賞する。他にも数々の長短編小説を発表するが、1953年に脳出血で死去。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『マオ 誰も知らなかった毛沢東』(ユン・チアン、ジョ ン・ハリデイ)、『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』(ウェルズ)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、『秘密の花園』(バーネット)、『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン)、『部屋』(ドナヒュー)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月31日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『仔鹿物語(下)』(ローリングズ/土屋京子 訳)

ホーム > Booksリスト > 仔鹿物語(下)

仔鹿物語(下)

仔鹿物語(下)

『鹿と少年』改題
  • ローリングズ/土屋京子 訳
  • 定価(本体914円+税)
  • ISBN:75261-3
  • 発売日:2012.11.13
  • 電子書籍あり

大地に生き、自然と闘う人間の姿がここにある。ピュリッツァー賞受賞作

作品

フラッグと名付けられた仔ジカは、ジョディの無二の親友となった。だが、育ちざかりのフラッグは次第に一家の大事な畑を食い荒らすようになり、父はジョディに厳しい決断を迫る......美しくも苛酷な自然の中で、逞しく生きる人々の姿を力強く描いたアメリカ文学屈指の名作。......(『鹿と少年』改題)


内容

自然と人間の関係は、アメリカ文学のなかでは伝統的に取り組まれてきたテーマであり(中略)この作品の迫力は、なんといっても、自然と人間の生易しい〈共生〉が否定 されているところにある。(解説より)


マージョリー・キナン・ローリングズ
[1896−1953]アメリカの小説家。ワシントンDCに生まれ、子どものころから創作コンテンストに度々入賞し才能を発揮する。大学を卒業後、新聞記者になるが、作家としては芽が出なかった。1928年、旅行でフロリダ半島の奥地を訪れ、原生林の残る自然に感動し、居を定める。以降はこの地方を舞台にした小説を生み出し、1938年の「The Yearling」(本書)がベストセラーとなり、ピュリッツァー賞を受賞する。他にも数々の長短編小説を発表するが、1953年に脳出血で死去。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『マオ 誰も知らなかった毛沢東』(ユン・チアン、ジョ ン・ハリデイ)、『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』(ウェルズ)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、『秘密の花園』(バーネット)、『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン)、『部屋』(ドナヒュー)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月31日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン/土屋京子 訳)

ホーム > トム・ソーヤーの冒険

トム・ソーヤーの冒険

トム・ソーヤーの冒険

  • トウェイン/土屋京子 訳
  • 定価(本体980円+税)
  • ISBN:75251-4
  • 発売日:2012.6.12
  • 電子書籍あり

鮮烈な新訳でついに登場!人生で大切なことはすべてトムが教えてくれる。

内容

わんぱく少年トムを通じて描かれる、自由を求める心と冒険への憧れ、そして世界を見る無垢な目。アメリカで最も愛されている作家トウェインの半自伝的小説であり、少年たちの声が聞こえてくる翻訳。


解説は都甲幸治さん(早稲田大学文学学術院教授)

トム・ソーヤーは悪さと遊びの天才だ。退屈な教会の説教をクワガタ一匹で忍び笑いの場に変えたり、家出して親友のハックたちと海賊になってみたり。だがある時、偶然に殺人現場を目撃してしまい......。小さな英雄たちの冒険を瑞々しく描いたアメリカ文学の金字塔。

マーク・トウェイン
[1835-1910]  アメリカの作家。ミズーリ州フロリダに生まれる。印刷工、ミシシッピ河を運航する蒸気船の水先案内人、新聞記者などの職業を経て、作家となる。1867年、最初の単行本『キャラヴェラス郡の名高き跳び蛙』を刊行。以後、『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』『ハックルベリー・フィンの冒険』『アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』等の小説を発表するほか、『ミシシッピ河の生活』等のエッセイや評論も多数執筆。ユーモアと痛烈な文明批判を織り交ぜた作風は、後世に多大な影響を与えた。1910年、コネチカット州レディングの自宅で死去。享年74。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『マオ 誰も知らなかった毛沢東』(ユン・チアン、ジョン・ハリデイ)、『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』(ウェルズ)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『秘密の花園』(バーネット/土屋京子 訳)

ホーム > Books > 秘密の花園

秘密の花園

秘密の花園

  • バーネット/土屋京子 訳
  • 定価(本体880円+税)
  • ISBN:751288
  • 発売日:2007.5.10
  • 電子書籍あり

荒れ果てた庭園に花が甦り、子供の傷ついた心は癒される

作品

バーネットの文章はあくまでも淡々としていて、子供たちの不幸にことさら同情を寄せるふうな筆運びではない。「人間はそんなことでつぶされるほど弱くない」というメッセージを強く感じる。(訳者)


物語

インドで両親を亡くしたメアリは、英国ヨークシャーの大きな屋敷に住む叔父に引きとられ、そこで病弱な従兄弟のコリン、動物と話ができるディコンに出会う。3人は長いあいだ誰も足を踏み入れたことのなかった「秘密の庭」を見つけ、その再生に熱中していくのだった。

フランシス・ホジソン・バーネット
[1849−1924] アメリカの小説家、劇作家。イギリスに生まれたが、早くに父親を亡くし、16歳のとき一家でテネシー州へ移住。貧しい家計を助けるため、雑誌に寄稿した小説が人気に。1886年発表の『小公子』が大ヒットし、主人公のファッションが大人の間で流行するなど、一躍ベストセラー作家となる。イギリスの伝統社会の価値観と、アメリカの大衆消費文化を併せ持つ作家として、その後も『小公女』『秘密の花園』などを発表する。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『マオ 誰も知らなかった毛沢東』(ユン・チアン、ジョン・ハリデイ)、『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』(ウェルズ)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン)、『部屋』(ドナヒュー)ほか多数。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

《書評》『トム・ソーヤーの冒険』―日本経済新聞2012年7月22日

トム・ソーヤーの冒険

日本経済新聞・読書ページ「活字の海で/児童文学を新訳の文庫で 海外の名作の刊行相次ぐ」(2012年7月22日)の記事で、6月に刊行した『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン 土屋京子/訳)を取り上げていただきました。

古典新訳文庫と新潮文庫の『トム・ソーヤーの冒険』をはじめ、海外の児童文学を新訳の文庫本で刊行する動きが相次ぎ、その内容も大人が読み返しても楽しめるものになっていると詳しく紹介されています。

『トム・ソーヤーの冒険』の訳については↓

「平易な文章で読みやすいという印象を払拭するような、格調高い文体で全編が彩られている。マーク・トウェインが19世紀に執筆した原著の表現により近づけたという完訳版だ。

 翻訳した土屋京子氏は当初、現代ふうの簡潔な文に置き換えることも考えた。しかし「トムはただの無邪気でわんぱくな少年ではない。見えっぱりだったり叱られていじけたりと、子供の繊細な内面をトウェインは丁寧に描写している」と感じ、原文の硬質な言葉や入り組んだ表現を生かすことにしたという。」


また、古典新訳文庫ではこれまでも『秘密の花園』や『鹿と少年(子鹿物語)』を出していることにも触れ、編集長の駒井のコメントも紹介していただきました。

「日本では子供向けに内容を抜粋した抄訳の本が多かった。『トム・ソーヤーの冒険』でも『塀塗り』など一部の章だけが多くの人の記憶に残っている。全体像を知らないのはもったいないという気持ちが強く、手に取りやすい装丁と価格で全訳本を出したかった。」


そして、ヴィレッジブックスの「新訳"おとなの少女文学"」シリーズ、新潮文庫からは、「新訳名作コレクション」の一環で『トム・ソーヤーの冒険』、『オズの魔法使い』、『海底二万里』が3ヶ月連続で出版されるというという、まさに"相次ぐ児童文学の新訳刊行"。
いよいよ夏休みシーズン到来。大人の夏休みに、子供の頃に読んだ名作をもう一度手に取ってみてはいかがでしょうか。


『トム・ソーヤーの冒険』は光文社古典新訳文庫感想文コンクールの対象図書です。
中学生、高校生だけではなく、大学生・一般の読者のみなさんからの応募も受け付けています。ぜひ、ご応募ください。
光文社古典新訳文庫感想文コンクールの詳細は>>

cover149.jpg
『トム・ソーヤーの冒険』
トウェイン/土屋京子 訳
定価(本体933円+税)


2012年7月24日 光文社古典新訳文庫編集部 |

土屋京子 Tuchiya Kyoko

ホーム > 翻訳者リスト>土屋京子

土屋京子 Tuchiya Kyoko

  • 秘密の花園
  • トム・ソーヤーの冒険
  • 仔鹿物語(上)
  • 仔鹿物語(下)
  • ハックルベリー・フィンの冒険(上)
  • ハックルベリー・フィンの冒険(下)
  • あしながおじさん
  • ナルニア国物語1 魔術師のおい
  • ナルニア国物語2 ライオンと魔女と衣装だんす
  • ナルニア国物語3 馬と少年
『秘密の花園』(バーネット)
『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン)
『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)
『ハックルベリー・フィンの冒険(上・下)』(トウェイン)
『あしながおじさん』(ウェブスター)
『ナルニア国物語1 魔術師のおい』『ナルニア国物語2 ライオンと魔女と衣装だんす』『ナルニア国物語3 馬と少年』(C・S・ルイス)
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『あしながおじさん』(ウェブスター)、『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(トウェイン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、ほか多数。

2011年9月25日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト