光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“沼野恭子”タグの付いているブログ記事

シンポジウム「翻訳という創造空間」11月29日(水)東京外国語大学で開催

img_20171129-01.jpg

11月29日(水)に東京外国語大学で、シンポジウム「翻訳という創造空間」が開催されます。パネリストは、柴田元幸先生(東京大学名誉教授・アメリカ文学)、野崎歓先生(東京大学・フランス文学)、松永美穂先生(早稲田大学・ドイツ文学)、和田忠彦先生(東京外国語大学名誉教授・イタリア文学)、コメンテーターは沼野恭子先生(東京外国語大学・ロシア文学)、司会は山口裕之先生(東京外国語大学・ドイツ文学)です。一般公開されるシンポジウムで、無料、事前予約は不要です。

『翻訳という創造空間』
《日時》2017年11月29日(水)14:00〜 17:00
《開催場所》東京外国語大学 研究講義棟115教室
《パネリスト》
柴田元幸(東京大学名誉教授・アメリカ文学)
野崎 歓(東京大学・フランス文学)
松永美穂(早稲田大学・ドイツ文学)
和田忠彦(東京外国語大学名誉教授・イタリア文学)
《コメンテーター》 沼野恭子(東京外国語大学・ロシア文学)
《司会》 山口裕之(東京外国語大学・ドイツ文学)
《参加方法》一般公開、予約不要、無料
《主催》東京外国語大学総合文化研究所
東京外国語大学ウェブサイト シンポジウム詳細ページ
ちいさな王子

ちいさな王子

  • サン=テグジュペリ/野崎 歓 訳
  • 定価(本体560円+税)
  • ISBN:75103-6
  • 発売日:2006.9.7
  • 電子書籍あり
マルテの手記

マルテの手記

  • リルケ/松永美穂 訳
  • 定価(本体1,180円+税)
  • ISBN:75262-0
  • 発売日:2014.6.12
  • 電子書籍あり
初恋

初恋

  • トゥルゲーネフ/沼野恭子 訳
  • 定価(本体520円+税)
  • ISBN:75102-9
  • 発売日:2006.9.7
  • 電子書籍あり

2017年11月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#32 「『初恋』 トゥルゲーネフの魅力とその翻訳について」沼野恭子さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で8月28日(月)開催

img_numanokyoko01_kinokuniya.jpg

1860年に発表された『初恋』は、ドストエフスキーやトルストイが大作を次々と発表していた60年代においても際立った存在感を示していた傑作で、作者自身がもっとも愛した自伝的中編です。年上の公爵令嬢ジナイーダに一目で魅せられた16歳の少年ウラジーミル。彼の初恋の甘く切ないときめきやふるえが、主人公の回想のかたちで綴られます。今回はこの『初恋』という作品の魅力について、またトゥルゲーネフを日本で最初に紹介し、日本の近代小説の成立に大きな影響をおよぼした二葉亭四迷の翻訳について、翻訳者の沼野恭子さんに語ってもらいます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #32
『初恋』 トゥルゲーネフの魅力とその翻訳について
沼野恭子さんを迎えて
《日時》2017年8月28日(月)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》8月6日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には沼野恭子さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[沼野恭子(ぬまの・きょうこ)さんプロフィール]
東京外国語大学教授。ロシア文学研究家、翻訳家。主著に『アヴァンギャルドな女たち--ロシアの女性文化』『夢のありか-「未来の後」のロシア文学』『ロシア文学の食卓』、主訳書に『ペンギンの憂鬱』(クルコフ)、『ソーネチカ』『女が嘘をつくとき』『子供時代』『それぞれの少女時代』(ウリツカヤ)『堕ちた天使--アザゼル』(アクーニン)』ほかがある。
初恋

初恋

  • トゥルゲーネフ/沼野恭子 訳
  • 定価(本体520円+税)
  • ISBN:75102-9
  • 発売日:2006.9.7
  • 電子書籍あり

2017年8月 6日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『初恋』(トゥルゲーネフ/沼野恭子 訳)

ホーム > Booksリスト > 初恋

初恋

初恋

  • トゥルゲーネフ/沼野恭子 訳
  • 定価(本体520円+税)
  • ISBN:75102-9
  • 発売日:2006.9.7
  • 電子書籍あり

ジナイーダ。それが彼女の名前。そして少年は人生の苦しみを知った

作品

きわめて西欧的な作風で知られるトゥルゲーネフ。訳者・沼野恭子は従来の翻訳と一線を画すため、主人公の語り口を生かす会話体を採用して、年上の女性に対する少年の揺れる心情を新たな形で表現することに成功した。ロシアの自然描写も素晴らしい。訳者いわく「昔からの愛読書だった」この作品は、女性によるトゥルゲーネフの清新な翻訳として貴重であり、既訳にはない光彩を放っている。

トゥルゲーネフは、生前、自分の全著作の中でこの作品を「いちばん愛していた」と語っていたという。帝政ロシアの農奴制がいましも崩れ去ろうとする激動期は、作者を過去の郷愁の世界に誘い、甘く、憂愁に満ちた、この自伝的中編の誕生のきっかけになった。


物語

16歳の少年ウラジーミルは、ある日、隣に引っ越してきた公爵令嬢ジナイーダに一目惚れする。年上の女性への思慕の念は日増しに募り、取り巻きの青年たちと恋のさや当てが始まる。しかし、あるとき彼はジナイーダが恋に落ちたことを知る。

イワン・セルゲーエヴィチ・トゥルゲーネフ
[1818−1883]ロシアの小説家・劇作家。深い教養と冷静な観察力で、ロシア社会が抱える問題をテーマに幾多の名作を書いた。若き日に無政府主義者バクーニンとの共同生活を経験し、50代ではフローベールやゾラと交際するなど、ロシアとヨーロッパの作家、思想家との交流を通じ、両者の懸け橋となった。主作品に『貴族の巣』『ルージン』『父と子』などがある。
[訳者]沼野恭子
ロシア文学研究家、翻訳家。東京外国語大学教授。主著に『アヴァンギャルドな女たち--ロシアの女性文化』『世界の食文化〈19〉ロシア』、主訳書に『ペンギンの憂鬱』(クルコフ)、『それぞれの少女時代』(ウリツカヤ)、『堕ちた天使--アザゼル』(アクーニン)ほかがある。
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

第4回カフェ光文社古典新訳文庫 沼野恭子さんトークイベント「花かダンゴかー19世紀ロシア文学における恋と食べ物」・レポート

P1010871.jpgカフェ光文社古典新訳文庫の第4回(8月22日(土)13:00〜 青山ブックセンター本店にて開催)は、『初恋』(トゥルゲーネフ)の翻訳者・沼野恭子さんに「花かダンゴか――19世紀ロシア文学における恋と食べ物」と題して、ロシア文学の代表的作家とその作品をあげて、恋とダンゴ――精神と物質に対するそれぞれの描写についてお話いただきました。

花派のトゥルゲーネフ ――『初恋』。
恋については饒舌に語るけれど、ダンゴについてはほとんど言及されていない『初恋』。物質的なものよりも精神的なもののほうが大事、という典型的なロシア知識人であるトゥルゲーネフは、あまりにも食べ物に関しての表現が陳腐で、食べ物のことを小説に持ち込むことに抵抗感があるのではと思うほど。

P1010871.jpg一方、強力なダンゴ派はゴーゴリ
ロシア文学最高最強のグルメ文学である『死せる魂』では、食道楽小説と言えるほど、食についての描写は詳細に書き込まれ、匂いがするほどなのに、恋についての描写はあっさり。実は、ゴーゴリ自身、女性が苦手だったらしい。

トルストイ――『アンナ・カレーニナ』
アンナと恋に落ちるリョーヴィンとアンナの兄ヴロンスキーは、精神主義VS物質主義の象徴として対照的に描かれる。トルストイ自身、厳格なロシア正教信者で権力を認めず、後には肉食も絶ったことから、リョーヴィンはトルストイの分身と言われる。

"花"と"ダンゴ"を時間軸で分けて描写したのが、ゴンチャロフ――『オブローモフ』
沼野先生が傑作と絶賛された"グルメ作品"です。

P1010871.jpgそして、ダンゴが花に変化した、チェーホフ『犬をつれた奥さん』
花=精神派の存在である女性=アンナを理解できない、ダンゴ=物質派の存在としての男性だったグーロフが、40才を過ぎて初めての恋を知り、成長し変化していく。
最後二人はどうなったか、チェーホフは描かないまま、判断を読者にゆだねて終わる。

「たとえいくつになっても、恋をして人は変われる、人間的に成長できる、ということを信じられたら、それはとても素敵なこと」と、沼野先生。
チェーホフの余韻のあるラストとこの言葉を受けて終わった今回のカフェ。
じんわりあたたかい気持ちになりました。
恋と料理、どちらも人生を慈しむには欠かせないものですね。

当日、偶然このイベントを知って参加してくださった男性(30代・公務員)は、終了後早速、『初恋』と沼野先生の近著『ロシア文学の食卓』(NHKブックス)を手に取って、
「文学はちょっと敬遠していたところもあったけれど、お話を聞いて読みたくなりました。実は文学というのは俗っぽいところもあって、普段の生活の延長線上にあるものかも、と感じました。」

cover_05.gif
初恋
トゥルゲーネフ/沼野恭子 訳
定価440円

 

2009年10月 8日 光文社古典新訳文庫編集部 |

カフェ光文社古典新訳文庫 第4回 沼野恭子さんトークイベントのお知らせ

第4回カフェ光文社古典新訳文庫 
沼野恭子さん トークイベント
トゥルゲーネフ『初恋』 
「花かダンゴか----ロシア文学における恋と料理」

p_numano02.jpg光文社古典新訳文庫の翻訳者の方々に作品への想いやとっておきの裏話を語っていただき、読書の愉しみをみなさんと分かち合う場〈カフェ光文社古典新訳文庫〉。作り手と読み手の活発な情報交換の場にしていきたいと、5月より毎月開催しております。
今回は、ロシア文学のおもしろさを"花とダンゴ"の切り口から、若い読者にもわかりやすく楽しくご紹介します。トゥルゲーネフ『初恋』をはじめトルストイ『アンナ・カレーニナ』など、切ない情熱の恋はいわば花。では、ダンゴは?
実は、ロシア文学にはおいしそうな家庭料理がたくさん出てきます。"ロシアの花とダンゴ"を、どうぞ召し上がれ。

※トーク終演後には、沼野先生によるサイン会を行います。


2009年8月22日(土) 13:00~14:30(開場:12:30~)  
会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
定員:100名様
参加費:500円(税込)
参加方法:
 [1]青山ブックセンター本店店頭にてチケット引換券販売中
 [2]青山ブックセンターオンラインストアにてWEBチケット販売中
 (入場チケットは、イベント当日受付にてお渡しします。当日の入場は、先着順・自由席となります。)

《お問い合わせ電話》:青山ブックセンター本店 
 03-5485-5511(営業時間: 10:00~22:00)


cover_05.gif
初恋
トゥルゲーネフ/沼野恭子 訳
定価440円

2009年7月17日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト