光文社古典新訳文庫: 検索結果

光文社古典新訳文庫で“渋谷豊”タグの付いているブログ記事

『ドルジェル伯の舞踏会』(ラディゲ/渋谷豊 訳)

ホーム > 刊行本リスト > ドルジェル伯の舞踏会

ドルジェル伯の舞踏会

ドルジェル伯の舞踏会

  • ラディゲ/渋谷豊 訳
  • 定価(本体840円+税)
  • ISBN:75399-3
  • 発売日:2019.4.11

夭逝の天才が遺した、不滅の恋愛小説
作家自らが定めた"最終形"からの翻訳

物語

青年貴族のフランソワは、社交界の花形ドルジェル伯爵夫妻に気に入られ、彼らと頻繁に過ごすようになる。気さくだが軽薄な伯爵と、そんな夫を敬愛する貞淑な妻マオ。フランソワはマオへの恋慕を抑えきれず......それぞれの体面の下で激しく揺れ動く心の動きを繊細に描きとった、至高の恋愛小説。


内容

二十歳で早世したラディゲの遺作。実は、三島を唸らせた堀口大學の名訳をはじめ、既存の日本語訳はすべてラディゲの死後に友人のコクトーらが相当に修正を加えたテキストからの翻訳であった。今回の新訳は、作家の定めた最終形「批評校訂版」からの初の翻訳である。


解説

渋谷豊


レーモン・ラディゲ Raymond Radiguet
[1903−1923]フランスの詩人・小説家。風刺画家を父として、パリ郊外に生まれる。幼少期は成績優秀な生徒だったが、長じて、文学に傾倒。14歳で『肉体の悪魔』のモデルといわれる年上の女性と恋愛関係となり、欠席が増えて退学処分となる。退学後、詩人のジャコブやコクトーと出会い、処女長編小説の本作で文壇デビュー。ベストセラーとなる。その後もコクトーと旅をしながら『ドルジェル伯の舞踏会』を執筆するが、1923年、腸チフスにより20歳の若さで死去。
[訳者]渋谷豊 Shibuya Yutaka
1968年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1995年から8年間のパリ滞在を経て、現在、信州大学人文学部教授。パリ第四大学文学博士。訳書に『ぼくのともだち』『きみのいもうと』(ボーヴ/日仏翻訳文学賞受賞)、『鴨のプラム煮』(サトラピ)、『母の家で過ごした三日間』(ヴェイエルガンス)、『海底二万里』(ヴェルヌ)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |

渋谷 豊 Shibuya Yutaka

ホーム > 翻訳者リスト>渋谷 豊

渋谷 豊 Shibuya Yutaka
  • 人間の大地
  • ドルジェル伯の舞踏会
1968年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1995年から8年間のパリ滞在を経て、現在、信州大学人文学部教授。パリ第四大学文学博士。訳書に『ぼくのともだち』『きみのいもうと』(ボーヴ/日仏翻訳文学賞受賞)、『鴨のプラム煮』(サトラピ)、『母の家で過ごした三日間』(ヴェイエルガンス)、『海底二万里』(ヴェルヌ)など。

2015年8月 6日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『人間の大地』(サン=テグジュペリ/渋谷 豊 訳)

ホーム > 刊行本リスト >人間の大地

人間の大地

人間の大地

  • サン=テグジュペリ/渋谷 豊 訳
  • 定価(本体980円+税)
  • ISBN:75314-6
  • 発売日:2015.8.6
  • 電子書籍あり

「真の勇気」とは何か? パイロットとしての壮絶な体験から生まれた自伝的作品。

作品

本書は『ちいさな王子』や『夜間飛行』の原型となったエピソードを披瀝しながら、極限状態で発揮される人間の気高さ、強さ、意志の力を描いた希望の書である。挑戦を厭わない人々にとって道標となるのは間違いない。


内容

郵便機のパイロットとして長いキャリアを持つ著者が、駆け出しの日々、勇敢な僚友たちのこと、アフリカや南米での人々との交流、自ら体験した極限状態などについて、時に臨場感豊かに、時に哲学的に語る。人間にとって大切なものは何かを鋭く問うたサン=テグジュペリ文学の大傑作。

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
[1900−1944]フランスの作家、飛行家。兵役で航空隊に志願、除隊後は民間航空業界に入る。26歳で作家デビューし、自らの飛行体験に基づく『南方郵便機』『人間の土地』などを発表した。1931年に発表した『夜間飛行』はアンドレ・ジッドに絶賛され、またフェミナ賞を受賞。また1942年の『戦う操縦士』は、ヒトラー『我が闘争』に対する「民主主義からの返答」として高く評価される。詩情あふれる『ちいさな王子』は、子どもから大人まで今も世界中で愛され続けている。
[訳者]渋谷 豊 Shibuya Yutaka
1968年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1995年から8年間のパリ滞在を経て、現在、信州大学人文学部准教授。パリ第四大学文学博士。訳書に『ぼくのともだち』、『きみのいもうと』(ボーヴ/日仏翻訳文学賞受賞)、『鶏のプラム煮』(サトラピ)、『母の家で過ごした三日間』(ヴェイエルガンス)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年8月 6日 光文社古典新訳文庫編集部 |

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会「サン=テグジュペリ『人間の大地』が教えてくれるもの」渋谷豊さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で8月21日(金)開催

紀伊國屋書店電子書店Kinoppyとのコラボレーション企画「Readers Club読書会(Readin Session)」、第9弾はサン=テグジュペリ『人間の大地』(2015年8月の新刊)の訳者・渋谷豊さんをお迎えして開催します。

img_shibuyayutaka01.jpg

世界的名作『ちいさな王子(星の王子さま)』、『夜間飛行』の著者であり、飛行機のパイロットとして長いキャリアを持つサン=テグジュペリ。本書『人間の大地』は、彼が郵便機パイロットとしての駆け出しの日々、勇敢な僚友たちのこと、アフリカや南米での人々との交流、『ちいさな王子』などの原型となった不時着体験などについて、時に臨場感豊かに、時に哲学的に綴った作品です。極限状態から見えてくる人間の気高さ、強さ、意志の力とはいかなるものか――挑戦を厭わない人々にとって道標となるのは間違いない大傑作です。

今回の読書会では、本書を翻訳されたフランス文学者の渋谷豊さんをお迎えして、本作の読みどころや魅力、他の作品との関連、サン=テグジュペリが伝えたかったことは何なのか、新訳における工夫や苦労といったことについて、縦横無尽に語って頂きます。

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session)
「サン=テグジュペリ『人間の大地』が教えてくれるもの」渋谷豊さんを迎えて
cover214_01.jpg
《日時》2015年8月21日(金)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》45名  ※定員に達し次第、受付を終了
《参加費》無料
《参加方法》2015年8月2日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※紀伊國屋書店新宿本店の他の電話番号におかけになられても、ご予約は承れませんのでご注意下さい。
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には渋谷先生の著作・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。
 詳しくは 紀伊國屋書店新宿店ウェブサイトをご覧ください
[渋谷 豊(しぶや・ゆたか)さんプロフィール]
1968年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1995年から8年間のパリ滞在を経て、現在、信州大学人文学部准教授。パリ第四大学文学博士。訳書に『ぼくのともだち』、『きみのいもうと』(ボーヴ/日仏翻訳文学賞受賞)、『鶏のプラム煮』(サトラピ)、『母の家で過ごした三日間』(ヴェイエルガンス)など。

2015年8月 4日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト