光文社古典新訳文庫: 検索結果

光文社古典新訳文庫で“渡辺守章”タグの付いているブログ記事

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#44「『シラノ・ド・ベルジュラック』と『ロレンザッチョ』、2大傑作戯曲を読みくらべ、聞きくらべる」渡辺守章さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で8月30日(木)開催

img_watanabemoriaki250.jpg

ガスコンの青年隊シラノは、詩人で軍人、心優しいけれど二枚目とは言えない大鼻の持ち主。秘かに想いを寄せる従妹ロクサーヌに恋した美男の同僚クリスチャンのために、自作の恋文で代わりに告白するのですが......。 『シラノ・ド・ベルジュラック』はその「恋の言説」、長大なセリフが聞きどころのお芝居で、過去にはジャン=ポール・ベルモンド、ジェラール・ドパルデュー、平幹二朗、江守徹、仲代達矢ほか錚々たる俳優が演じるなど、世界的な人気を誇るフランスロマン派演劇の傑作(ロスタン作)です。

今回の読書会では、演出家でもある訳者の渡辺守章さんをお招きし、超絶技巧とも言われるシラノの長台詞を軸に、同じロマン派劇の『ロレンザッチョ』(ミュッセ作)もあわせて取り上げ、読みくらべ、聞きくらべてこの2大傑作の魅力について語ってもらいます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #44
『シラノ・ド・ベルジュラック』と『ロレンザッチョ』、2大傑作戯曲を読みくらべ、聞きくらべる 渡辺守章さんを迎えて
《日時》2018年8月30日(木)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
《定員》50名
《参加費》無料
《参加方法》8月1日(水)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には渡辺守章さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[渡辺守章(わたなべもりあき)さんプロフィール]
1933年生まれ。東京大学名誉教授。演出家。フランス文学・表象文化論を専攻。著書に『ポール・クローデル----劇的想像力の世界』『演劇とは何か』『越境する伝統』など。訳書に『フェードル アンドロマック』、『ブリタニキュス ベレニス』(ともにラシーヌ)、『繻子の靴』(クローデル)、『女中たち バルコン』(ジュネ)、『シラノ・ド・ベルジュラック』(ロスタン)、『アガタ/声』(デュラス、コクトー)、『マラルメ詩集』(マラルメ)、『ロレンザッチョ』(ミュッセ)など。
シラノ・ド・ベルジュラック

シラノ・ド・ベルジュラック

  • ロスタン/渡辺守章 訳
  • 定価(本体980円+税)
  • ISBN:75171-5
  • 発売日:2008.11.11
  • 電子書籍あり
ロレンザッチョ

ロレンザッチョ

  • ミュッセ/渡辺守章 訳
  • 定価(本体1,160円+税)
  • ISBN:75336-8
  • 発売日:2016.8.9
  • 電子書籍あり

2018年8月 1日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ロレンザッチョ』(ミュッセ/渡辺守章 訳)

ホーム > Booksリスト > ロレンザッチョ

ロレンザッチョ

ロレンザッチョ

  • ミュッセ/渡辺守章 訳
  • 定価(本体1,160円+税)
  • ISBN:75336-8
  • 発売日:2016.8.9
  • 電子書籍あり

「メディチ家暗殺事件」を描いた幻の傑作、67年ぶりの完全版新訳!


作品

同性愛の匂いがする暴君アレクサンドルと従弟ロレンゾの関係、「王殺し」の主題、 5幕39場という長大な構成......。本国フランスでも長らく上演されなかったなど、いわくつきの傑作を、日本で初めて上演(1993年)してから23年。満を持しての完全版での刊行!!

※1993年の日本初上演は、渡辺守章さんの演出で銀座セゾン劇場で行われた。


物語

メディチ家の暴君アレクサンドル。その放蕩の手先を務め腹心を装いつつ主君の暗殺を企てるロレンゾ。義妹チーボ侯爵夫人へのアレクサンドルの恋を利用して権力を握ろうとするチーボ枢機卿......。謎に満ちた暗殺事件を、二人の若者の間に交錯する権力とエロスを軸に描いたミュッセの代表作。


アルフレッド・ド・ミュッセ Alfred de Musset
[1810-1857] フランスの作家。パリに生まれる。9歳にならないうちから高等中学校に通い古典的教養を身につけた。19歳で最初の作品集を発表。以降、いくつかの戯曲を書くが上演での評判は芳しくなかった。23歳の時に7歳年上のジョルジュ・サンドと知り合い、愛人関係となる。後に代表作となる『マリアンヌの気紛れ』『戯れに恋はすまじ』などは20代前半に書かれた作品。健康状態が悪化し、晩年の6年間はほとんど創作活動をしなかった。1857年死去。他の作品に『ある心移り』『扉は開いているか、閉まっているか、どちらか』『世紀児の告白』など。
[訳者]渡辺守章
1933年生まれ。京都造形芸術大学教授。東京大学名誉教授。フランス文学・表象文化論を専攻。演出家。著書に『ポール・クローデル----劇的想像力の世界』『演劇とは何か』『越境する伝統』など。訳書に『フェードル アンドロマック』、『ブリタニキュス ベレニス』(ともにラシーヌ)、『繻子の靴』(クローデル)、『女中たち バルコン』(ジュネ)、『シラノ・ド・ベルジュラック』(ロスタン)、『アガタ/声』(デュラス、コクトー)、『マラルメ詩集』(マラルメ)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年8月 9日 光文社古典新訳文庫編集部 |

「マラルメ・プロジェクトⅢ ―『イジチュール』の夜へ―」上映と渡辺守章さん、浅田彰さんの対談。6月20日(土)日仏会館ホールで

『アガタ/声』(デュラス,コクトー)、『シラノ・ド・ベルジュラック』の訳者・渡辺守章さん、浅田彰さんの対談と2012年に京都芸術劇場 春秋座で公演された「マラルメ・プロジェクトⅢ ―『イジチュール』の夜へ―」の上映イベントが6月20日(土)日仏会館ホールで開催されます。

(フランス文化講演シリーズ第288回)
マラルメ・プロジェクトⅢ ―『イジチュール』の夜へ―
《日時》2015年6月20日(土)
17:00〜19:00 「マラルメ・プロジェクトⅢ――<イジチュール>の夜へ―」上映
企画:浅田彰、渡邊守章 構成・演出:渡邊守章
朗読:渡邊守章、浅田彰 音楽・音響:坂本龍一
映像・美術:高谷史郎 ダンス:白井剛、寺田みさこ
19 :00〜20 :00 渡邊守章さん、浅田彰さん対談
《会場》日仏会館ホール(渋谷区恵比寿3-9-25)
《定員》120名(要事前予約)
詳しくは日仏会館ウェブサイトをご覧ください。
日仏会館ウェブサイト
アガタ/声

アガタ/声

  • デュラス,コクトー/渡辺守章 訳
  • 定価(本体648円+税)
  • ISBN:75218-7
  • 発売日:2010.11.11
シラノ・ド・ベルジュラック

シラノ・ド・ベルジュラック

  • ロスタン/渡辺守章 訳
  • 定価(本体980円+税)
  • ISBN:75171-5
  • 発売日:2008.11.11

2015年5月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『アガタ/声』(デュラス,コクトー/渡辺守章 訳)

ホーム > Booksリスト > アガタ/声

アガタ/声

アガタ/声

  • デュラス,コクトー/渡辺守章 訳
  • 定価(本体648円+税)
  • ISBN:75218-7
  • 発売日:2010.11.11
  • 電子書籍あり

浅田彰氏絶賛!「磨き抜かれたフランス語を流麗な日本語で演じてみせる、この二重の"言葉の魔術"!」「対話」劇と「独白」劇

作品

「独白や対話の連なり、それだけがイメージを超えたリアルな世界を作り出す。コクトーとデュラスの魔法のペンだけに可能な、そして仏文学の伝統を血肉化した訳者だけに翻訳可能な、言葉の魔術である」(浅田彰)


物語

お互いに記憶の深層から紡ぎ出した欲望の言葉で、"近親相姦"を語る兄と妹(『アガタ』)。不在の男を相手に、女が電話越しに"別れ話"をひたすら語る(『声』)。男と女、すれ違う言葉と想い......。対話と独白の、抑制された動きと「語り」の濃密さが、鮮烈な印象を与える、一幕もの傑作2篇。


内容
  • 口絵に舞台写真2点
  • アガタ <青山円形劇場 1998年>
  • 作/マルグリット・デュラス 訳・演出/渡辺守章 出演/高橋由美子、渕野直幸
  • 声 <品川六行会ホール 1997年>
  • 作/コクトー 訳・演出/渡辺守章 出演/剣幸
  • 本文
  • 訳註
  • 解題   アガタ/声  渡辺守章
  • 年譜   デュラス/コクトー
  • 上演アーカイヴ   アガタ:天野道映、三浦雅士 声:清水徹、中村雄二郎
  • 訳者あとがき

  • 《解題より》

    −アガタ−
    デュラスの原文でも、台詞は突然、過去のことを今現在起きていることであるかのように語る。それに相手が乗ってくるか、こないか。そうした、記憶の時間軸を往ったり来たりしながら、妹と兄は、思春期の二人の間の、通常の兄妹の愛情とは異質の、つまり性的な倍音を担った感情を、共有すべき追憶として語る。

    −声−
    作者自身が言うように、「対話である独白」----如何にも作品は、電話のコードの先にいるはずの<不在の男>」との対話である。しかもここでは、<不在>は<沈黙>によって表される。一般には録音技術が進んでからの作品なら、受話器の向こうにいる「相手の声」を、それなりに変形して再現することが出来るから、作者も<不在>を<沈黙>で表すという選択は取りにくいかもしれない。その意味で、この<不在=沈黙>という仕掛けは、この戯曲の生命線である。

ジャン・コクトー
[1889−1963]フランスの詩人・小説家・劇作家・映画作家。パリ近郊の富裕な家に生まれ、早くから社交界に出入りし、多くの芸術家と親交を結ぶ。特にラディゲとの交友はコクトーの芸術活動を刺激し、またその死は阿片中毒に陥るほどの重大な影響を与えた。生涯にわたってジャンルの枠を超えた活動を繰り広げながら、その根源は常に「詩」にあった。
マルグリット・デュラス
[1914−1996]フランスの小説家・劇作家・映画作家。仏領インドシナのサイゴン近郊生まれ。18歳までヴェトナム、カンボジアで暮らし、帰国後、30歳で小説を発表。その後は晩年まで、映画作家としても意欲的に活動する。69歳で出した自伝的作品『愛人』がベストセラーとなり、ゴンクール賞を受賞。'96年3月死去。その他の作品に『太平洋の防波堤』(小説)、『インディア・ソング』(映画)などがある。
[訳者]渡辺守章
1933年生まれ。京都造形芸術大学教授。東京大学名誉教授。フランス文学・表象文化論を専攻。演出家。著書に『ポール・クローデル----劇的想像力の世界』『演劇とは何か』『越境する伝統』など。訳書に『シラノ・ド・ベルジュラック』『フェードル アンドロマック』、『ブリタニキュス ベレニス』(ともにラシーヌ)、『繻子の靴』(クローデル)、『女中たち』(ジュネ)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『シラノ・ド・ベルジュラック』(ロスタン/渡辺守章 訳)

ホーム > Booksリスト > シラノ・ド・ベルジュラック

シラノ・ド・ベルジュラック

シラノ・ド・ベルジュラック

  • ロスタン/渡辺守章 訳
  • 定価(本体980円+税)
  • ISBN:75171-5
  • 発売日:2008.11.11
  • 電子書籍あり

スピード、リズム、切れのよさ シラノの言葉がスイングする!

作品

シラノの「心意気」を掻き立てているのは、ロクサーヌに対する「忍ぶ恋」なのであって、 初演以来の成功も、その最も重要なファクターは、「恋の言説」の超絶技巧にあったのだ。(訳者)


物語

ガスコンの青年隊シラノは詩人で軍人、豪快にして心優しい剣士だが、二枚目とは言えない大鼻の持ち主。秘かに想いを寄せる従妹ロクサーヌに恋した美男の同僚クリスチャンのために尽くすのだが......。1世紀を経た今も世界的に上演される、最も人気の高いフランスの傑作戯曲。


エドモン・ロスタン
[1868−1918] 詩人・劇作家。マルセイユに生まれる。29歳で書いたコクラン主演の『シラノ・ド・ベルジュラック』が大当たりし、翌年レジオン・ドヌール勲章叙勲。その後、『鷲の皇子』(サラ・ベルナール主演)で再び大成功を収め、わずか33歳でアカデミー・フランセーズに選出される。第一次世界大戦で従軍を志願したが健康上の理由でかなわず、地方の前線を視察後戻ったパリでスペイン風邪をこじらせ、死去。他の作品に『サマリヤの女』『雄鶏』、詩集『ラ・マルセイエーズの飛翔』などがある。
[訳者]渡辺守章
1933年生まれ。京都造形芸術大学教授。東京大学名誉教授。演出家。フランス文学・表象文化論を専攻。著書に『ポール・クローデル−劇的想像力の世界』『哲学の舞台』(フーコーとの共著)『舞台芸術論』『越境する伝統』など。訳書に『性の歴史 I−知への意志』(フーコー)、『フェードル アンドロマック』『ブリタニキュス ベレニス』(ともにラシーヌ)、『繻子の靴』(クローデル)、『女中たち バルコン』(ジュネ)など。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月28日 光文社古典新訳文庫編集部 |

渡辺守章 Watanabe Moriaki

ホーム > 翻訳者リスト>渡辺守章

渡辺守章 Watanabe Moriaki
  • シラノ・ド・ベルジュラック
  • アガタ/声
  • ロレンザッチョ
『シラノ・ド・ベルジュラック』(ロスタン)
『アガタ/声』(デュラス、コクトー)
『ロレンザッチョ』(ミュッセ)
1933年生まれ。京都造形芸術大学教授。東京大学名誉教授。演出家。フランス文学・表象文化論を専攻。著書に『ポール・クローデル----劇的想像力の世界』『演劇とは何か』『越境する伝統』など。訳書に『フェードル アンドロマック』、『ブリタニキュス ベレニス』(ともにラシーヌ)、『繻子の靴』(クローデル)、『女中たち バルコン』(ジュネ)、『シラノ・ド・ベルジュラック』(ロスタン)、『アガタ/声』(デュラス、コクトー)、『マラルメ詩集』(マラルメ)、『ロレンザッチョ』(ミュッセ)など。

2011年9月25日 光文社古典新訳文庫編集部 |

渡辺守章さん―国際シンポジウム「観世寿夫とは何だったのか」にご登壇

9月27日(月)に早稲田大学小野記念講堂で「観世寿夫とは何だったのか」と題した国際シンポジウムが開催されます。

『シラノ・ド・ベルジュラック』の翻訳者・渡辺守章さん(京都造形芸術大学舞台芸術研究センター教授・演出家)が討議に登壇されます。

当日のプログラムは、講演・討議の他、記録映像『演劇作業の根拠』の上映もあり、"20世紀を代表する能役者―観世寿夫"を知る絶好の機会です。入場無料、事前申込も不要です(定員200名)。ぜひ、足をお運びください。

《日時》 2010年9月27日(月) 13:30~18:00 (開場 13:00)
《場所》 早稲田大学小野記念講堂(小野梓記念館地下2階)

国際シンポジウム「観世寿夫とは何だったのか」詳細はこちら>>
[早稲田大学演劇博物館グローバルCOEプログラム「演劇・映像の国際的教育研究拠点」Webサイト]


cover69.jpg

シラノ・ド・ベルジュラック
ロスタン/渡辺守章 訳
定価 (本体980円+税)

2010年9月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『シラノ・ド・ベルジュラック』今秋公演ー演劇集団キャラメルボックス

img_cyrano.jpg今秋、演劇集団キャラメルボックスが『シラノ・ド・ベルジュラック』(ロスタン/渡辺守章・訳)の公演を東京と神戸で行います。

演出の成井豊さんのコメントー
「『シラノ・ド・ベルジュラック』は1897年にパリで初演されて以来、世界中で愛されてきた傑作戯曲。僕は1990年にフランスで映画化されたものを見て、大感動! いつかはキャラメルボックスで上演したいと願い続けてきました。」

8月1日(日)からチケット前売開始です。
ぜひ劇場に足をお運びください!

演劇集団キャラメルボックスWebサイト>>



演劇集団キャラメルボックス
成井豊の世界名作劇場
『シラノ・ド・ベルジュラック』

作 :エドモン・ロスタン
翻訳:渡辺守章『シラノ・ド・ベルジュラック』(光文社古典新訳文庫刊)
演出:成井豊

《東京公演》
9月29日(水)~10月10日(日) 俳優座劇場
料金<全席指定・税込> 5,000円
前売開始 8月1日(日) 10:00

平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業
主催:社団法人日本劇団協議会
   次世代を担う演劇人育成公演(東京公演)

《神戸公演》
10月14日(木)~17日(日) 新神戸オリエンタル劇場
料金<全席指定・税込> S席(1・2階) 5,000円 A席(3階) 4,000円
前売開始 8月1日(日) 10:00


cover69.jpg

シラノ・ド・ベルジュラック
ロスタン/渡辺守章 訳
定価 (本体980円+税)

2010年6月22日 光文社古典新訳文庫編集部 |

渡辺守章さん、京都造形芸術大学 公開講座のお知らせ

『シラノ・ド・ベルジュラック』の翻訳者・渡辺守章さん(京都造形芸術大学舞台芸術研究センター教授・舞台芸術研究センター所長)の公開講座が開催されます。


京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター主催
公開講座 映像+トーク2009-2010
渡邊守章の仕事
テクストと身体 ―その演出作品を通して

日時:10月6日(火)、27日(火)、11月17日(火)、12月8日(火) 各回 18:00~
会場:映像ホール(京都造形芸術大学 人間館地下1F)
料金:無料 要事前申し込み

■申し込み:京都芸術劇場チケットセンター
      《TEL》075-791-8240(平日10:00~17:00)
■お問合せ:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
      《TEL》075-791-9437


毎回ゲストを招き、渡辺守章さんが演出された作品の記録映像を見ながら、「テクストと身体」のかかわりや「身体性のある言語」の創出のプロセスを追い、それらの議論を通じて舞台芸術の映像化の問題を考えていきます。
京都近隣の方はもちろん、遠方からでも通いたい贅沢なシリーズ企画です(受講料は無料!)。各回ごとの申し込みも可能です。


詳細は、京都芸術劇場 春秋座 studio21Webサイト>>

2009年10月 1日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『シラノ・ド・ベルジュラック』の翻訳者、渡辺守章さんの新刊ご案内

光文社古典新訳文庫『シラノ・ド・ベルジュラック』の翻訳をされた渡辺守章さんの新刊が新書館から発売されました。

1990年代に『ダンスマガジン』などに書かれた評論を再録したもので、2007年に亡くなったモーリス・ベジャールの追悼をプロローグに、バレエ、オペラ、能、歌舞伎、文楽、京劇など、舞台芸術を縦横に論じ、「友へ」と題した章には、親交の深かったジョルジュ・ドン追悼のほか 、カバー写真(「薔薇の精」)のマラーホフ讃、本木雅弘君への手紙なども収録されています。ぜひ、ご一読を!

book_watanabe_kairaku.jpg快楽と欲望〜舞台の幻想について〜』
渡邊守章
新書館/定価:¥3,570(税込み)

 

性の回転扉
性差の揺らぎ、両性具有という「演技のテクスト」ー
バレエ、オペラ、能、歌舞伎、文楽、京劇、などを横断しながら
現代における舞台芸術の可能性を問う!


《渡辺守章さんプロフィール》
1933年生まれ。京都造形芸術大学教授。東京大学名誉教授。演出家。フランス文学・表象文化論を専攻。著書に『ポール・クローデル-劇的想像力の世界』『哲学の舞台』(フーコーとの共著)『舞台芸術論』など。訳書に『性の歴史 I-知への意志』(フーコー)、『フェードル アンドロマック』『ブリタニキュス ベレニス』(ともにラシーヌ)、『繻子の靴』(クローデル)、『女中たち バルコン』(ジュネ)、『シラノ・ド・ベルジュラック』(ロスタン)など。

cover69.jpg
シラノ・ド・ベルジュラック
ロスタン/渡辺守章 訳
定価(本体980円+税)

2009年10月 1日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『シラノ・ド・ベルジュラック』翻訳者、渡辺守章氏のイベント情報

『アヴィニョン演劇祭の60年』上映会
日時:2009年6月26日(金)18:00
場所:京都造形芸術大学 映像ホール

・映画『アヴィニョン演劇祭の60年――旧法王庁中庭と戦いの場』
(2006年/75分/字幕なし/渡辺守章氏による日本語解説つき)
・ベルナール・フェーブル=ダルシエ(アヴィニョン演劇祭元芸術監督)の講演会
(日本語逐次通訳あり)

司会:渡辺守章
入場無料 *要事前申込

■詳細・お申込はこちらへ

2009年6月24日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト