光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“鈴木芳子”タグの付いているブログ記事

かわさき市民アカデミー「古典は新訳で召し上がれ! 古典新訳で楽しむ世界文学」受講申し込み受付中です。9月27日スタート。

川崎市の生涯教育講座「かわさき市民アカデミー」の2017年度後期講座で、「古典は新訳で召し上がれ! 古典新訳で楽しむ世界文学」が開講されます。

全12回の講座で、初回は古典新訳文庫の創刊編集長・駒井稔が概論を、藤井省三先生(東京大学教授)、小林章夫先生(帝京大学教授・上智大学名誉教授)、中条省平先生(学習院大学フランス語圏文化学科教授)に3回連続講義を、鈴木芳子先生(翻訳家・ドイツ文学者)には2回連続講義をしていただきます。

初回は9月27日(水)10時30分~12時です。詳しい内容・お申し込みは「かわさき市民アカデミー」のウェブサイトをご覧ください。

かわさき市民アカデミーウェブサイト
故郷/阿Q正伝

故郷/阿Q正伝

  • 魯迅/藤井省三 訳
  • 定価(本体780円+税)
  • ISBN:75179-1
  • 発売日:2009.4.9
  • 電子書籍あり
フランケンシュタイン

フランケンシュタイン

  • シェリー/小林章夫 訳
  • 定価(本体800円+税)
  • ISBN:752160
  • 発売日:2010.10.13
  • 電子書籍あり
にんじん

にんじん

  • ルナール/中条省平 訳
  • 定価(本体 760円+税)
  • ISBN:75351-1
  • 発売日:2017.4.11
  • 電子書籍あり
読書について

読書について

  • ショーペンハウアー/鈴木芳子 訳
  • 定価(本体743円+税)
  • ISBN:75271-2
  • 発売日:2013.5.14
  • 電子書籍あり

2017年7月12日 光文社古典新訳文庫編集部 |

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#15「ショーペンハウアー『読書について』はなぜ"刺さる"のか」 鈴木芳子さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で3月4日(金)開催

紀伊國屋書店電子書店Kinoppyとのコラボレーション企画「Readers Club読書会(Readin Session)」、第15弾はショーペンハウアー『読書について』の訳者・鈴木芳子さんをお迎えして、東京国際文芸フェスティバル2016記念イベントとして開催いたします。

また、紀伊國屋書店新宿本店2階催事コーナーでは『あの名作を新旧翻訳で読み尽くす』と題し、光文社古典新約文庫を中心としたブックフェアが2/21(日)から開催される予定です。ぜひお立ち寄りください。

img_20130723_suzuki01.jpg「読書とは自分の頭ではなく、他人の頭で考えること」「多読に走ると、自分の頭で考える力が失われてゆく」......。
19世紀の哲学者ショーペンハウアーはドイツ哲学界第一級の名文家といわれた人物です。その彼が読書とは何かについて率直に、ときには辛辣に、アフォリズム形式で語ったのが『読書について』です。切れ味抜群の読書論。なにを読むか? どう読むか? あるいは読まないか? ショーペンハウアーの古典の素養に裏打ちされた豊穣な比喩を味わいながら、人間味あふれる「毒(読)書」の魅力について、翻訳者の鈴木芳子さんにお話していただきます。

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session)
「ショーペンハウアー『読書について』はなぜ"刺さる"のか」
鈴木芳子さんを迎えて
《日時》2016年3月4日(金)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》45名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》2016年2月10日(水)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※紀伊國屋書店新宿本店の他の電話番号におかけになられても、ご予約は承れませんのでご注意下さい。
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には鈴木芳子さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[鈴木芳子さんプロフィール]
1987年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了(ドイツ文学専攻)。ドイツ文学者・翻訳家。『ベビュカン』にて独日翻訳賞マックス・ダウテンダイ・フェーダー・東京ドイツ文化センター賞受賞。訳書に『宮廷画家ゴヤ』(フォイヒトヴァンガー)、『ダダ大全』(ヒュルゼンベック編著)、『醜の美学』(ローゼンクランツ)、『ベビュカン』『二十世紀の芸術』(共にカール・アインシュタイン)ほか多数。
読書について

読書について

  • ショーペンハウアー/鈴木芳子 訳
  • 定価(本体743円+税)
  • ISBN:75271-2
  • 発売日:2013.5.14

2016年2月10日 光文社古典新訳文庫編集部 |

鈴木芳子さん講座「ショーペンハウアー『読書について』〜比喩の世界と翻訳の楽しみ〜」レポート

img_20130723_suzuki01.jpg

7月23日、東京ドイツ文化センターで、アルトゥール・ショーペンハウアーの哲学の世界を、翻訳家の鈴木芳子さんが、『読書について』をベースに、案内をするという講演会が開かれました。

その哲学世界は、強固に構築され、下手に触れれば、彼の痛烈かつ辛辣な言葉が返ってきそうですが、鈴木さんの原著と作者への愛情溢れる言葉に導かれて、楽しい見学ツアーとなりました。

導入部は、ショーペンハウアーと母ヨハナとのエピソード。当時の社交界の様子が生き生きと浮かび上がり、これが実に面白い!

ヨハナは、19世紀初頭のドイツの社交界では有名な婦人で、彼女が旅の思い出などを語ると、その面白さに皆が聞き入ってしまうという表現力豊かな人でした。そこで「旅行記を書けば」と薦められ、実際に本が出るとたちまち大評判に。以降、彼女は人気女流作家の地位を着々と築いていきます。

その間に、母子の対立は深まり、ヨハナは物書きとして、息子アルトゥールをライバル視するようになります。はたして軍配はどちらに?1830年ヨハナは作品集全24巻を刊行、ドイツで最も有名な女流作家として頂点を極めますが、1835年には早くも人気に陰りが見えはじめ、1838年に亡くなります。

鈴木さんはこう語ります。
「『読書について』では、ショーペンハウアーは流行作家をこっぴどくやっつけています。『書籍見本市の分厚いカタログを見て、早くも十年後にはもはやこの中の一冊も命脈を保っていないと考えると、泣きたい気持ちにならない者がいるだろうか』。この文を読むと、私はヨハナを想わずにいられません。」

こうした印象的な話を交えながら、凡百な物書きとはまったく違った天才ショーペンハウアーの人生と哲学が紹介されていきます。  

そして『読書について』。鈴木さんは、今度は自身の仕事である翻訳の話を織り込みながら、語っていきます。たとえば、この本でショーペンハウアーは「読むこと」「考えること」「書くこと」について書いていますが、翻訳とはこの3つの合わせ技なのだといいます。

img_20130723_suzuki03.jpg

この哲学者の世界を語りつつ、翻訳の技・心がまえを語る鈴木さん。 「ショーペンハウアーは、読書とは他人の思考、心の運びをなぞることなのだといっていますが、翻訳とは、作者の精神の軌跡を旅すること、書き手の精神世界を共に生きることなのです」

「翻訳は黒衣(くろこ)。原著と原作者の素晴らしさを最大限伝えたい」「ものすごくキザな言い方ですが、翻訳はオリジナル・テキストから立ち昇る原作者の思いをそのまま運ぶ透明な風でありたい。原著・原文に対して『恋愛プラス母性』の気持ちでのぞみます」「訳出作業は、原文に対して『あなたを理解させて』という気持ちで行っています。そして解説を書く頃は、ほとんど母親のような気持ちで『なにがあっても、全力であなたを守るからね〜』と思っています(笑)」

こうした発言がどんどん出てくるのですが、ここはドイツ文化センター、翻訳を勉強している方も多いので、聴衆の皆さん非常に共感をもって聞いておられました。

最後はショーペンハウアーの文章の魅力について。その一つに、「本質を鋭く抽出する能力、端正で明快な文章」があるといいます。そして「考え抜かれた明快な思想は、ふさわしい表現をたやすく見つける。人知の及ぶものは、実際つねに明快でわかりやすく、疑問の余地のない言葉で表現できるものなのだから」というショ-ペンハウアーの言葉から、鈴木さんは彼の人間の知性に寄せる希望と信頼を感じ、「これを翻訳の応援歌にしたい」と語りました。

この講演会で、私たちは、哲学者の強固かつ端正な世界を経験すると同時に、案内する人=翻訳家の気概と熱意を知ることができたのでした。
[文 : 渡邉裕之・文筆家]

読書について

読書について

  • ショーペンハウアー/鈴木芳子 訳
  • 定価(本体743円+税)
  • ISBN:75271-2
  • 発売日:2013.5.14

2013年10月29日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『読書について』(ショーペンハウアー/鈴木芳子 訳)

ホーム > Booksリスト > 読書について

読書について

読書について

  • ショーペンハウアー/鈴木芳子 訳
  • 定価(本体743円+税)
  • ISBN:75271-2
  • 発売日:2013.5.14
  • 電子書籍あり

痛烈かつ辛辣なアフォリズム!
「読書とは自分の頭ではなく、他人の頭で考えること」
「多読に走ると、自分の頭で考える力が失われてゆく」

内容

「読書は自分で考えることの代わりにしかならない。自分の思索の手綱を他人にゆだねることだ」「多読に走ると、自分の頭で考える力が失われてゆく」......。
読書好きのみなさんには、ドキっとする、耳の痛い話ではありませんか? なにを、どう読むか。あるいは読まずにすませるか。読書の達人であり一流の文章家だったショーペンハウアーが放つアフォリズムの数々。率直さゆえに辛辣に響く言葉の奥底には、哲学者ならではの人生哲学と深いヒューマニズムがあります。それが本書の最大の魅力です。読書について書かれた本は世にたくさんありますが、本書を抜きには語ることはできません。


●悪書は知性を毒し、精神をそこなう。良書を読むための条件は、悪書を読まないことだ。
●本を買うとき、それを読む時間も一緒に買えたら、すばらしいことだろう。だがたいてい本を買うと、その内容までわがものとしたような錯覚におちいる。
●読書しているとき、私たちの頭は他人の思想が駆けめぐる運動場にすぎない。 読書をやめて、他人の思想が私たちの頭から引き揚げていったら、いったい何が残るだろう。
●かれら(学者)は多読のために、愚かになっている。
●ひっきりなしに次々と本を読み、後から考えずにいると、せっかく読んだものもしっかり根を下ろさず、ほとんどが失われてしまう。
[書評]
アルトゥール・ショーペンハウアー
[1788-1860]ダンツィヒ生まれのドイツの哲学者。「生の哲学」の祖。主意主義とペシミズムの代表者。ゲッティンゲン大学で自然科学・歴史・哲学を学び、プラトンとカント、インド哲学を研究する。イェーナ大学で論文「充足理由律の四根について」によりドクトルの学位取得後、1820年ベルリン大学講師となったが、当時ヘーゲル哲学が全ドイツを席巻、人気絶頂のヘーゲル正教授に圧倒され辞任し、在野の学者となる。主著である『意志と表象としての世界』(1819-1844)を敷衍したエッセイ『余録と補遺』(1851)がベストセラーになると、彼の思想全体も一躍注目を集め、晩年になってから名声を博した。フランクフルトにて没。ニーチェやヴァーグナーをはじめ、哲学・文学・芸術の分野で後世に大きな影響をおよぼした。
[訳者]鈴木芳子
1987年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了(ドイツ文学専攻)。ドイツ文学者・翻訳家。『ベビュカン』にて独日翻訳賞マックス・ダウテンダイ・フェーダー・東京ドイツ文化センター賞受賞。訳書に『宮廷画家ゴヤ』(フォイヒトヴァンガー)、『ダダ大全』(ヒュルゼンベック編著)、『醜の美学』(ローゼンクランツ)、『ベビュカン』『二十世紀の芸術』(共にカール・アインシュタイン)ほか多数。
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年5月14日 光文社古典新訳文庫編集部 |

鈴木芳子 Suzuki Yoshiko

ホーム > 翻訳者リスト>鈴木芳子

鈴木芳子 Suzuki Yoshiko
  • 読書について
1987年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了(ドイツ文学専攻)。ドイツ文学者・翻訳家。『ベビュカン』にて独日翻訳賞マックス・ダウテンダイ・フェーダー・東京ドイツ文化センター賞受賞。訳書に『宮廷画家ゴヤ』(フォイヒトヴァンガー)、『ダダ大全』(ヒュルゼンベック編著)、『醜の美学』(ローゼンクランツ)、『ベビュカン』『二十世紀の芸術』(共にカール・アインシュタイン)ほか多数。

2013年5月13日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト