光文社古典新訳文庫: 検索結果


光文社古典新訳文庫で“飯野友幸”タグの付いているブログ記事

紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#35 「ホイットマン『草の葉』を通してみる現代アメリカ―ボブ・ディランからトランプまで」飯野友幸さんを迎えて 紀伊國屋書店新宿本店で11月29日(水)開催

img_iinotomoyuki01_kinokuniya.jpg

アメリカの文学史にひときわ輝く詩人ウォルト・ホイットマン。自身の感情を書き付け、民衆に訴えかけ、民衆と一体化しようとした代表作『草の葉』は、まさに「アメリカの魂」と言っても過言ではありません。それから100年以上が経ち、9.11同時多発テロを経て、「アメリカ・ファースト」を掲げたトランプ政権が誕生した現代、ホイットマンの詩からわれわれは何を汲み取り、何を学ぶべきなのでしょうか。

また、ホイットマン以降、アメリカの詩人たちはアメリカをどのようにとらえてきたのでしょうか。昨年のノーベル文学賞を受賞し、ある意味「現代のホイットマン」とも呼ばれるボブ・ディランに至るまで、アメリカ詩に通底する魂、その読みどころ、楽しみ方などを、『おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄)』を新訳された飯野友幸さんにたっぷりと語っていただきます。

(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)


紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫
Readers Club読書会(Readin Session) #35
ホイットマン『草の葉』を通してみる現代アメリカ―ボブ・ディランからトランプまで
飯野友幸さんを迎えて
《日時》2017年11月29日(水)18:30開演 (18:15 開場)
《会場》紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
《定員》50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
《参加費》無料
《参加方法》11月4日(土)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
《ご予約・問い合わせ》 TEL:紀伊國屋書店新宿本店2階直通 03-3354-5702 (10:00〜21:00)
※イベントは90分〜2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には飯野友幸さんの著書・翻訳書にサインをお入れします。
※19:30以降の入場はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳しくは 紀伊國屋書店新宿本店ウェブサイトをご覧ください
[飯野友幸(いいの・ともゆき)さんプロフィール]
1955年生まれ。上智大学文学部教授。アメリカ文学専攻。著書に『ジョン・アシュベリー―「可能性への賛歌」の詩』など。訳書に、『消失 ポール・オースター詩集』、『壁の文字 ポール・オースター全詩集』、『ジョン・アッシュベリー詩集』(共訳)、リロイ・ジョーンズ『ブルース・ピープル』、F・O・マシーセン『アメリカン・ルネサンス エマソンとホイットマンの時代の芸術と表現』(共訳)、メルヴィル 『ビリー・バッド』、オブレヒト 『ロバート・ジョンソンより前にブルース・ギターを物にした9人のギタリスト』など。
おれにはアメリカの歌声が聴こえる──草の葉(抄)

おれにはアメリカの歌声が聴こえる──草の葉(抄)

  • ホイットマン/飯野友幸 訳
  • 定価(本体438円+税)
  • ISBN:75131-9
  • 発売日:2007.6.12
  • 電子書籍あり

2017年11月 4日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『ビリー・バッド』(メルヴィル/飯野友幸 訳)

ホーム > Booksリスト > ビリー・バッド

ビリー・バッド

ビリー・バッド

  • メルヴィル/飯野友幸 訳
  • 定価(本体876円+税)
  • ISBN:75263-7
  • 発売日:2012.12.6
  • 電子書籍あり

近代海洋文学の決定版!

『白鯨』ばかりがメルヴィルではない。文豪の遺作にして最大の問題作が、いま21世紀文学の扉を開ける。──巽孝之(慶應義塾大学文学部教授)

作品

18世紀末、商船から英国軍艦ベリポテント号に強制徴用された若きビリー・バッド。新米水兵ながら誰からも愛される存在だった彼を待ち受けていたのは、邪悪な謀略のような運命の罠だった......。アメリカ最大の作家メルヴィル(『白鯨』)の遺作にして最大の問題作が、鮮烈な新訳で甦る。解説は大塚寿郎さん(上智大学教授)


内容

メルヴィルのエッセンスが凝縮した、美しく、かつ残酷な物語である本書は、『白鯨』同様に海を舞台にした小説だ。緊張感みなぎるストーリー展開と哲学的な考察につらぬかれた、現代性のある傑作である。


「新・古典座」通い -- vol.15 2012年12月
ハーマン・メルヴィル
[1819-1891]アメリカの小説家。マンハッタンの商家に生まれる。銀行員、小学校教師などを経て、1841年に捕鯨船アクシュネット号に乗り込み、太平洋でも捕鯨に従事する。翌年にマルケサス諸島で船から逃亡し、タイピー渓谷に滞在。その後も捕鯨船や軍艦を乗り継ぎ、1844年に帰国。続く数年間に、船員時代の体験を元に小説『タイピー』『オムー』などを執筆。1851年には『白鯨』を発表し名声を博す。その後も『イズラエル・ポッター』『書記バートルビー』『ベニト・セレーノ』などを書き継ぐも生活に困り、1866年から20年ほどは税関に勤務する。1891年死去。遺稿『ビリー・バッド』は生誕100年を機に研究者によってまとめられ1924年に初めて刊行された。
[訳者]飯野友幸
1955年生まれ。上智大学文学部教授。アメリカ文学専攻。著書に『ジョン・アッシュベリー----「可能性への賛歌」の詩』、訳書に『おれにはアメリカの歌声が聴こえる--草の葉(抄)』(ホイットマン)、『壁の文字----ポール・オースター全詩集』、『ブルース・ピープル』(ジョーンズ)などがある。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月31日 光文社古典新訳文庫編集部 |

『おれにはアメリカの歌声が聴こえる──草の葉(抄)』(ホイットマン/飯野友幸 訳)

ホーム > Books > おれにはアメリカの歌声が聴こえる--草の葉(抄)

おれにはアメリカの歌声が聴こえる──草の葉(抄)

おれにはアメリカの歌声が聴こえる──草の葉(抄)

  • ホイットマン/飯野友幸 訳
  • 定価(本体438円+税)
  • ISBN:75131-9
  • 発売日:2007.6.12
  • 電子書籍あり

本当のアメリカはこの詩篇のなかに生きている!自由と民主主義を謳った魂の叫び

作品

「おれはおれを祝福し、おれのことを歌う」
若きアメリカを代表する偉大な詩人・ホイットマン。
その豪放かつおおらかな官能性に満ちた詩篇は、アメリカという国家のあるべき姿を力強く謳っている。


物語

街のざわめきをそのまま伝えようとしたのだろうか、ホイットマンの詩は、元気で、おおらかで、気宇壮大、自由で、あけっぴろげで、しばしば野卑でさえある。当時としてはわいせつと見なされる詩句も多く、批判を浴びることも少なくなかった。(解説より)

ウォルト・ホイットマン
[1819−1892] アメリカの詩人。ニューヨークのロングアイランドに生まれ、十代からジャーナリストとして活動したのち、詩人に転じる。1855年に発表した詩集『草の葉』を、生涯にわたって改訂、増幅させた。自由詩のリズムを全面的に使い、おおらかで気宇壮大な詩風をうちだした。また、アメリカを賛美するとともに、民主主義も唱導し、評論『民主主義展望』を著わした。アメリカ現代詩の父と呼ぶにふさわしい存在。
[訳者]飯野友幸
1955年生まれ。上智大学文学部教授。アメリカ文学専攻。著書に『ジョン・アッシュベリー----「可能性への賛歌」の詩』、訳書に『壁の文字----ポール・オースター全詩集』、『ブルース・ピープル』(ジョーンズ)などがある。
《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月27日 光文社古典新訳文庫編集部 |

中高生のための読書講座 <新・世界文学>入門 第2回講座のお知らせ

大人の方もご一緒に!
中高生のための読書講座 <新・世界文学>入門

沼野教授と読む世界の日本、日本の世界。
――越境する文学の冒険者たち。言葉の息吹、その快楽と困難を巡って。


国境を超える文学についても多くの著作を持つ、東京大学教授沼野充義先生をホストに、10代の若者たちを対象に、〈世界文学〉の視点で新しい読書の提案を行うトークイベント。
第2回は、文学・音楽などアメリカ文化全般に造詣の深い上智大学の飯野友幸先生をゲストにお招きして、新しい文学の可能性を探ります。 10代の方だけではなく、大人のみなさんもご参加いただけます。

第2回 《詩》と《散文》と――翻訳を通して考える文学の様々なあり方
――村上春樹、ポール・オースター、ジョン・アッシュベリー、ヘンリー・ミラーなどを巡って

ゲスト: 飯野友幸 ( 現代アメリカ文学、上智大学教授)

日 時:11月28日(土) 16時~18時
会 場:東京大学本郷キャンパス 法文2号館 2階2番大教室
交 通:地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」
    南北線「東大前」いずれも下車、徒歩10分
参加費:無料
※中高生から一般の方まで、どなたでも参加可能です


《会場案内図》
hongo_map.gif

《参加方法》
「中高生のための読書講座 第2回11月28日」と明記し、応募者の氏名(ふりがな)、年齢、学年、郵便番号、住所、電話番号をご記入の上、出版文化産業振興財団(JPIC)までインターネット、ハガキ、またはファックスでお申し込みください。
お申し込みの上、当日は直接会場へお越し下さい。

 インターネット: http://www.jpic.or.jp/
 FAX:03-5211-7285
 ハガキ:〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-12-3 JPIC
 ※先着順:定員に達し次第、締め切らせていただきます。

《問い合わせ先》出版文化産業振興財団(JPIC) TEL:03-5211-7282

主催:財団法人出版文化産業振興財団(JPIC)
共催:東京大学現代文芸論研究室
共催:株式会社光文社

●第3回以降の内容・詳細は特設ホームページをご覧ください。

2009年11月13日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト