光文社古典新訳文庫: 検索結果

光文社古典新訳文庫で“鴨長明”タグの付いているブログ記事

『方丈記』(鴨長明/蜂飼耳 訳)

ホーム > 刊行本リスト>方丈記

方丈記

方丈記

  • 鴨長明/蜂飼耳 訳
  • 定価(本体640円+税)
  • ISBN:75386-3
  • 発売日:2018.9.11

不遇の才人 心のつぶやき。
これまででいちばん親近感がわく鴨長明!

作品

限りある人間の命を見据えた鴨長明は、そんなつもりはないままに言葉による建物を 建てたのだ、といえるかもしれない。『方丈記』は鴨長明のもう一つの庵だ。その言葉の中に、いまも鴨長明は住んでいるのだ。 (解説より)


物語

災厄の数々、生のはかなさ.........。人間と、人間が暮らす建物を一つの軸として綴られた、日本中世を代表する随筆。京都郊外の日野に作られた一丈四方の草庵で、何ものにも縛られない生活を見出した鴨長明の息遣いが聞こえる瑞々しい新訳! 和歌十首と、訳者のオリジナルエッセイ付き。

目次
  • 訳者まえがき
  • 方丈記
  • エッセイ
  • 方丈記 原典
  • 付録:『新古今和歌集』所収の鴨長明の和歌
  • 付録:『発心集』巻五、一三「貧男、差図を好む事」訳と原文
  • 図版
  • 解説:蜂飼耳
  • 年譜
  • 訳者あとがき
鴨長明 Kamono Choumei
[1155-1216]  随筆家・歌人。賀茂御祖神社(下鴨神社)の禰宜・鴨長継の子として生まれる。歌人として活躍し、後鳥羽院による和歌所設置に伴い、寄人に選ばれる。琵琶の名手でもあった。1204年(50歳)、 和歌所から出奔し(河合社禰宜事件)、出家近世する(法名は「蓮胤」)。『新古今和歌集』に10首入集。幼年時には保元・平治の乱、長じてからは治承・寿永の乱が起き、また多くの飢饉や火災、地震を経験した。歌論書に『無名抄』、説話集に「発心集』がある。『方丈記』の成立は58歳ごろと考えられる。
[訳者]蜂飼耳 Hachikai Mimi
1974年神奈川県生まれ。詩人・作家。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。 詩集『いまにもうるおっていく陣地』で第5 回中原中也賞を受賞。詩のみならず、小説、エッセイ、絵本、書評などでも活躍す る。他の著書に、詩集『食うものは食われる夜』(第56回芸術選奨新人賞)、『隠す葉』 『現代詩文庫・蜂飼耳詩集』、『顔をあらう水』(第7回鮎川信夫賞)、小説『紅水晶』 『転身』、文集『孔雀の羽の目がみてる』 『空席日誌』『おいしそうな草」、訳書『虫めづる姫君 堤中納言物語』などがある。

《関連刊行本》
<$mt:PageTitle$>" />
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月11日 光文社古典新訳文庫編集部 |


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト