今後の刊行予定 - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 今後の刊行予定

今後の刊行予定

『傾城の恋/封鎖』(張愛玲/藤井省三・訳)《2018年5月刊》

離婚後、没落した実家に戻っていた白流蘇。異母姉妹の見合いに同行したところ、英国育ちの華僑の青年実業家にひと目惚れされてしまう……。被占領下の上海と香港を舞台にした「傾城の恋」など5篇からなる傑作短篇集。

point01.jpg

『八月の光』(フォークナー/黒原敏行・訳)《2018年5月刊》

お腹の子の父親を探して旅する女、出生の秘密を抱えた労働者、社会から疎外された牧師、各々の人生が絡み合うように語られ、一つの物語に収斂していく。孤独、 人種差別、愛と暴力が渦巻く、20世紀アメリカ文学の傑作。

point01.jpg

『奪われた家/天国の扉 動物寓話集』(コルタサル/寺尾隆吉・訳)《2018年6月刊》

古い大きな家にひっそりと住む兄妹をある日何者かの物音が襲い、二人の生活が侵食されていく「奪われた家」。盛り場のキャバレーで死んだ恋人の幻を追う「天国の扉」。ボルヘスと並ぶアルゼンチン幻想文学の代表的作家コルタサルの傑作短篇集。

point01.jpg

『モーリス』(フォースター/加賀山卓朗・訳)《2018年6月刊》


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト