光文社古典新訳文庫感想文コンクール2009
入賞者決定!

今年で第2回となる「光文社古典新訳文庫感想文コンクール」には、昨年を大きく上回る1600通以上の応募をいただきました。多くの方々のご要望で、年齢制限をなくした結果、今年は特に、一般の方からの応募が増加。下は中学1年生から、上は70代の方まで、幅広い年齢層に光文社古典新訳文庫が支持されていることが感じられました。
 寄せられた全作品は、まず読解力、表現力、独創性、日本語力、理解度などの項目を採点。さらに、点数だけでは判断しにくい意欲作のために特別推薦枠も設けました。その後、光文社内の審査で高得点と特別推薦を受けた作品を精査し、各部門10作品を目安に選出。その中から入賞者を、11月5日に光文社で開催した最終審査会にて決定しました。
 どの応募作品も、新鮮な言語感覚に溢れ、自分の考えを自分の言葉で伝えようという熱意がひしひしと伝わってきました。また、作品のテーマを身近な生活や現代社会に置き換えて書いた鋭い考察には、スタッフも目を見開かされました。

Topics
古典新訳文庫のメールマガジンを発行しています。<br>ご希望の方はこちらからご登録ください。