『ガラスの鍵』(ハメット/池田真紀子 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > ガラスの鍵

ガラスの鍵

ガラスの鍵

  • ハメット/池田真紀子 訳
  • 定価(本体838円+税)
  • ISBN:75210-1
  • 発売日:2010.8.10

チャンドラーを凌ぐ面白さ 伝説の作家・ハメットの最高傑作、待望の新訳!


物語

「ハメットの小説は、一般に流通しているハードボイルド探偵小説のイメージから逸脱する何かを持っている。その『何か』を『文学性』と呼ぶことも可能だろう」(解説)。
アメリカ文学史に屹立する不滅の名作。


内容

賭博師ボーモントは友人の実業家であり、市政の黒幕・マドヴィッグに、次の選挙で地元の上院議員を後押しすると打ち明けられる。その矢先、上院議員の息子が殺され、マドヴィッグの犯行を匂わせる手紙が関係者に届けられる。友人を窮地から救うためにボーモントは事件の解明に乗り出す。


ダシール・ハメット
[1894−1961]アメリカの小説家。メリーランド州生まれ。幼いころから貧窮の生活を送り、20歳までは職を転々とする。1915年にピンカートン探偵社に入社、調査員となる。第一次大戦中には陸軍に入隊するも肺結核のため除隊。28歳ころから雑誌に短篇小説を投稿し、1922年のデビュー以来、パルプ・マガジンで活躍する。1929年、「コンチネンタル・オプ」シリーズの長編『赤い収穫』『デイン家の呪い』が立て続けに刊行され、一躍人気作家に。その後も探偵サム・スペードの『マルタの鷹』などを生み出すが、第5長編『影なき男』の刊行後は、創作は事実上停止。1937年には共産党に入党、「赤狩り」の時代には裁判所に召喚されるが証言を拒否、法廷侮辱罪で入獄する。1961年、肺癌により死去。
[訳者]池田真紀子
上智大学法学部卒業。翻訳家。訳書に『ボーン・コレクター』『コフィン・ダンサー』など"リンカーン・ライム"シリーズ(ディーヴァー)、『トム・ゴードンに恋した少女』(キング)、『フロイトの雨』(マドセン)、『ファイト・クラブ』(パラニューク)、『雨の掟』(アイスラー)『幼年期の終わり』(クラーク)ほか多数。
《関連刊行本》
『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(ケイン/池田真紀子 訳)
『幼年期の終わり』(クラーク/池田真紀子 訳)
『ガラスの鍵』(ハメット/池田真紀子 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト