『アドルフ』(コンスタン/中村佳子 ) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > アドルフ

アドルフ

アドルフ

  • コンスタン/中村佳子 訳
  • 定価(本体880円+税)
  • ISBN:75287-3
  • 発売日:2014.3.12
  • 電子書籍あり

どうしても別れられない女がいる...... 
男女の葛藤を心理描写のみでリアルに描いたフランス恋愛小説の最高峰!

作品

将来を嘱望された青年アドルフは、P伯爵の愛人エレノールに執拗に言い寄り、ついに彼女の心を勝ち取る。だが、密かな逢瀬を愉しむうちに、裕福な生活や子供たちを捨ててまでも一緒に暮らしたいと願うエレノールがだんだんと重荷となり、アドルフは自由を得ようと画策するが......。


内容

もはや愛していない女から離れられない男、人生のすべてをなげうって男を束縛する女。誰もが身につまされる恋愛の葛藤でありながら、ここまで男女の心の動きを緻密に描いた作品は他に類をみない。これは人々に愛された政治家でありながら、自らも人妻たちとの不倫で浮き名を流した作家コンスタンのみが書きえた傑作だ。

バンジャマン・コンスタン Benjamin Constant
[1767-1830] フランスの作家、政治家、思想家。スイス・ローザンヌ生まれ。『征服の精神と簒奪について』『立憲政治講義』『百日天下についての回想』など、数多くの政治的論文のほか、『宗教について』などを出版。小説は『アドルフ』、翻訳戯曲にシラーの『ヴァレンシュタイン』がある。職業軍人だった父とともに、幼少期からヨーロッパ各地を転々とし、イギリス、ドイツの大学に学ぶ。1785年に初のパリ滞在。1797年にフランス国籍取得。生涯、数多くの人妻たちと恋愛を繰り返し、なかでも作家、批評家として高名であったスタール夫人との交際は有名で、夫人がナポレオンから国外追放になった際には、ともに逗留したドイツでゲーテやシラー、シュレーゲルらと交流した。政治家としては変節の連続で、浮き沈みも激しかったが、晩年は王政復古を支持して人気を博し、死去の際には国葬が行われた。
[訳者]中村佳子 Nakamura Yoshiko
1967年広島県生まれ。フランス文学翻訳家。広島大学文学部哲学科卒。訳書にモーパッサン『ベラミ』、ウエルベック『ある島の可能性』がある。
『ゴリオ爺さん』(バルザック/中村佳子 )
『アドルフ』(コンスタン/中村佳子 )
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト