『野性の呼び声』(ロンドン/深町眞理子 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > 野性の呼び声

野性の呼び声

野性の呼び声

  • ロンドン/深町眞理子 訳
  • 定価(本体476円+税)
  • ISBN:75138-8
  • 発売日:2007.9.6
  • 電子書籍あり

苛酷な大自然を力のかぎり生きぬく犬たちの誇り高き生命の物語

作品

20世紀初頭、アメリカで国民的な人気を博したジャック・ロンドンの出世作が新訳でよみがえった。感傷を排しドライな筆致で描かれた、犬と男たちの荒々しいドラマは、時代を超えて心を揺さぶる。


物語

ゴールドラッシュに沸くカナダ・アラスカ国境地帯。ここでは犬橇が開拓者の唯一の通信手段だった。大型犬バックは、数奇な運命のもと、この地で橇犬となる。大雪原を駆け抜け、力が支配する世界で闘い、生きのびていくうちに、やがてその血に眠っていたものが目覚めはじめるのだった。

ジャック・ロンドン
[1876−1916] アメリカの小説家。サンフランシスコで貧しい家庭に育ち、15歳の頃から牡蠣密猟、アザラシ猟船乗組員、発電所の石炭運搬など様々な職につき、各地を放浪する。1897年、クロンダイクのゴールドラッシュに参加するが壊血病にかかり帰郷。1903年、北方での見聞をもとに書いた『野性の呼び声』が大ヒットし、人気作家となる。以後、『どん底の人々』『海の狼』『ホワイト・ファング』などを精力的に発表する。40歳で死去。
[訳者]深町眞理子 
1931年生まれ。英米文学翻訳家。訳書に、『ザ・スタンド』(キング)、『ルーンの杖秘録』シリーズ(ムアコック)、『光の王』(ゼラズニイ)、『渇きの海』(クラーク)、『親指のうずき』(クリスティー)、『くじ』(ジャクスン)、『アンネの日記 増補新訂版』(フランク)ほか多数。著書に『翻訳者の仕事部屋』がある。
《関連刊行本》
『野性の呼び声』(ロンドン/深町眞理子 訳)
『白い牙』(ロンドン/深町眞理子 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト