『鼻/外套/査察官』(ゴーゴリ/浦 雅春 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Books>鼻/外套/査察官

鼻/外套/査察官

鼻/外套/査察官

  • ゴーゴリ/浦 雅春 訳
  • 定価(本体648円+税)
  • ISBN:75116-6
  • 発売日:2006.11.9
  • 電子書籍あり

従来の深刻、生真面目な作家像を完全払拭。
「とめどなく口をついて出る言葉や頭のなかに生起するイメージ」が炸裂する新訳。
これぞゴーゴリの真骨頂。

作品

「正気の沙汰とは思えない奇妙きてれつな出来事、グロテスクな人物、爆発する哄笑、瑣末な細部への執拗なこだわりと幻想的ヴィジョンのごったまぜ」(解説より)。
増殖する妄想と虚言の世界を新しい感覚で訳出した、ゴーゴリの代表作「鼻」、「外套」、「査察官」の3編。


作品

自分の鼻が一人歩きをして物議をかもす『鼻』。貧しい官吏が思い切って新調した外套を奪われ幽霊となって徘徊する『外套』。戯曲『査察官』では、ある地方都市にお忍びの査察官がくるという噂が広まり、市長をはじめ小役人たちがあわてふためく。


訳者解説より

今回のこの三作は「落語調」に訳してある。べつだん奇をてらったつもりはない。『外套』ばかりではなく、ゴーゴリの小説では「語り」の要素がきわめて大きい。これはゴーゴリが無類の朗読の名手であったことと無縁ではない。彼は身振り手振りをまじえ、声色も変えながら巧みに語ったと言われる。


収録作品
  • 外套
  • 査察官
ニコライ・ワシーリエヴィッチ・ゴーゴリ
[1809−1852]ウクライナ出身のロシア作家。幻想と妄想に彩られた現実をグロテスクに描き出した。『死せる魂』『ネフスキー大通り』『肖像画』『狂人日記』の小説のほか、『結婚』などの戯曲がある。荒唐無稽、奇想天外、抱腹絶倒の物語を書いて、彼の右に出る作家はいない。ロシア随一の奇っ怪な想像力の持ち主。
[訳者]浦 雅春
1948年生まれ。東京大学教授。チェーホフを中心としたロシア文学、ロシア・アヴァンギャルド芸術の研究を手がける。著書『チェーホフ』のほか、『メイエルホリド・ベストセレクション』(共訳)、『牛山羊の星座』『チェゲムのサンドロおじさん』(イスカンデル)などの訳書がある。
《関連刊行本》
『鼻/外套/査察官』(ゴーゴリ/浦 雅春 訳)
『桜の園/プロポーズ/熊』(チェーホフ/浦 雅春 訳)
『ワーニャ伯父さん/三人姉妹』(チェーホフ/浦 雅春 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト