『幼年期の終わり』(クラーク/池田真紀子 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > 幼年期の終わり

幼年期の終わり

幼年期の終わり

  • クラーク/池田真紀子 訳
  • 定価(本体760円+税)
  • ISBN:75144-9
  • 発売日:2007.11.8
  • 電子書籍あり

初版から36年後に書き直された新版、初の邦訳! SFを超えた「哲学小説」!

作品

この改稿版には、時代の趨勢にかんがみ作品の再調整をして、そのつど人類の平和のありかたを考え直す、クラークならではの未来のヴィジョンが貫かれている。(解説より)


物語

地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。彼らの真の目的はなにか? 異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿を哲学的に描いた傑作SF。


解説

巽孝之(慶應義塾大学文学部教授・英米文学専攻)


アーサー・C・クラーク
[1917−2008] イギリス生まれ。子供のころから熱烈なSFマニアだった。公務員、空軍士官を経て、1946年、短編小説「太陽系最後の日」で作家デビュー。その後『銀河帝国の崩壊』『幼年期の終わり』などの長編作を発表し、科学に関する豊富な知識を駆使したハードな作風でSF界の第一人者となる。スタンリー・キューブリックと一緒に構想した『2001年宇宙の旅』で、その名声は世界的なものに。晩年はスリランカに在住した。
[訳者]池田真紀子
上智大学法学部卒業。翻訳家。訳書に『ボーン・コレクター』『コフィン・ダンサー』など"リンカーン・ライム"シリーズ(ディーヴァー)、『トム・ゴードンに恋した少女』(キング)、『フロイトの函』(マドセン)、『ファイト・クラブ』(パラニューク)、『雨の掟』(アイスラー)ほか多数。
《関連刊行本》
『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(ケイン/池田真紀子 訳)
『幼年期の終わり』(クラーク/池田真紀子 訳)
『ガラスの鍵』(ハメット/池田真紀子 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト