『怪談』(ラフカディオ・ハーン/南條竹則 訳) - 光文社古典新訳文庫

ホーム > Booksリスト > 怪談

怪談

怪談

  • ラフカディオ・ハーン/南條竹則 訳
  • 定価(本体820円+税)
  • ISBN:75380-1
  • 発売日:2018.7.11

日本名小泉八雲
日本を愛する異人が見つけた和の怪異!
耳なし芳一、雪女、むじな、ろくろ首......

作品

「ここには、年来の怪奇趣味と再話文学に於ける円熟した技倆、そして日本文化への共感・理解といった諸要素が結晶しているのです」(解説)。日本名小泉八雲。日本を愛したハーンが、古来の文献や伝承をもとに創作した傑作怪奇短篇集。


物語

「耳なし芳一の話」「むじな」「ろくろ首」「雪女」.........。日本をこよなく愛したハーンが、古来の文献や伝承をもとに 流麗な文章で創作した怪奇短篇集。日本の文化、伝統、習慣を世界に紹介し、いまや「日本文学の古典」とも言える」 ハーンの代表作。昆虫エッセイ「虫の研究」も収録。


目次
  • 怪談
  • 耳なし芳一の話
  • おしどり
  • お貞の話
  • 乳母桜
  • かけひき
  • 鏡と鐘
  • 食人鬼
  • むじな
  • ろくろ首
  • 葬られた秘密
  • 雪女
  • 青柳の物語
  •  
  • 十六桜
  • 安芸之介の夢
  • 力ばか
  • ひまわり
  • 蓬萊
  • 虫の研究
解説

南條竹則


ラフカディオ・ハーン Lafcadio Hearn
[1850-1904] 作家。ギリシア生まれでイギリス育ち。アメリカに渡って新聞・雑誌の記者として働く。ピエール・ロティの作品から日本への関心を持つようになり1890年来日。島根県の松江に英語教師として赴任。その後東京帝国大学の講師として英語を教える傍ら、日本文化についての数々のエッセイ、小説を著す。1896年帰化、日本名は小泉八雲。『知られぬ日本の面影』『東の国より』『骨董』『天の川綺譚』ほか著書多数。
[訳者]南條竹則
東京生まれ。小説『酒仙』で第5回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。主な著書に小説『あくび猫』、エッセイ『恐怖の黄金時代──英国怪奇小説の巨匠たち』『ドリトル先生の英国』、『吾輩は猫画家である』、主な訳書に『ねじの回転』(ジェイムズ、共訳)、『D.G.ロセッティ作品集』(共訳)、『アーネスト・ダウスン作品集』、『新アラビア夜話』(スティーヴンスン、共訳)、『木曜日だった男 一つの悪夢』(チェスタトン)、『白魔』(マッケン)、『天来の美酒/消えちゃった』(コッパード)、『秘書綺譚』(ブラックウッド)、『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』(オブライエン)、『カンタヴィルの幽霊/スフィンクス』(ワイルド)、『エリア随筆』(ラム)など。
《関連刊行本》
『秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集』(ブラックウッド/南條竹則 訳)
『盗まれた細菌/初めての飛行機』(ウェルズ/南條竹則 訳)
『白魔』(マッケン/南條竹則 訳)
『木曜日だった男 一つの悪夢』(チェスタトン/南條竹則 訳)
『新アラビア夜話』(スティーヴンスン/南條竹則・坂本あおい 訳)
『怪談』(ラフカディオ・ハーン/南條竹則 訳)
『天来の美酒/消えちゃった』(コッパード/南條竹則 訳)
『人間和声』(ブラックウッド/南條竹則 訳)
『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』(オブライエン/南條竹則 訳)
『ケンジントン公園のピーター・パン』(バリー/南條竹則 訳)
『カンタヴィルの幽霊/スフィンクス』(ワイルド/南條竹則 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト