笑い炸裂

盗まれた細菌/初めての飛行機

盗まれた細菌/初めての飛行機

ウェルズ    
南條竹則  訳   

スラップスティックからシニカルな笑いまで「SFの父」ウェルズのユーモア小説!11篇


物語

名作『タイムマシン』を生み出したSF作家でありながら、著者ウェルズは飛び抜けたユーモア感覚の持ち主でもあった。文明批判から、最新技術、世紀末のデカダンスまで、「笑い」で包み込む傑作短篇集!


内容

細菌学者の研究室からコレラ菌を盗み出した無政府主義者は、テロを企むが......(「盗まれた細菌」)。操縦経験がないのに、最新の飛行機で無謀にも空へ飛び立った青年が村に大騒動を巻き起こす(「初めての飛行機」)。
SFだけではない、ウェルズの新たな魅力を発見できる愉快な11篇!


収録作品  1894〜97、1903、1910 刊
  • 盗まれた細菌
  • 奇妙な蘭(らん)の花が咲く
  • ハリンゲイの誘惑 ※
  • ハマーポンド邸の夜盗 ※
  • 紫の茸(きのこ)
  • パイクラフトに関する真実
  • 劇評家悲話 ※
  • 失った遺産
  • 林檎(りんご) ※
  • 初めての飛行機 ー"アラウダ・マグナ"ー
  • 小さな母、メルダーベルクに登る ※
  • ※は本邦初訳

  • 〈付録 I〉
  • マックス・ビアボウム『クリスマスの花輪』より
     パーキンズと人類 第二十章 H・G・ウ*ルズ
  • 〈付録 II〉
  • マックス・ビアボウム画「H・G・ウェルズ氏」

ハーバート・ジョージ・ウェルズ   
[ 1866 - 1946 ]    イギリスの小説家。批評家。ケント州ブラムリーで、商人の子として生まれる。生地商や薬局に徒弟奉公に出されたが、1884年よりロンドンの科学師範学校で奨学生として学ぶ。ここで進化論者である生物学者ハックスリーから影響を受ける。その後、教職に就いたが肺病にかかり、療養中に短篇小説を雑誌に寄稿する。1893年ころから執筆に専念、『タイムマシン』『モロー博士の島』『透明人間』『宇宙戦争』など、自然科学の素養を元に、SF小説のヒット作を続々と生み出す。また、ジャーナリスト、批評家、社会主義者としても旺盛な執筆活動を展開した。
[訳者] 南條竹則    Nanjo Takenori
東京生まれ。小説『酒仙』で第5回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。主な著書に小説『あくび猫』、エッセイ『恐怖の黄金時代──英国怪奇小説の巨匠たち』『ドリトル先生の英国』、『吾輩は猫画家である』、主な訳書に『ねじの回転』(ジェイムズ、共訳)、『D.G.ロセッティ作品集』(共訳)、『アーネスト・ダウスン作品集』、『新アラビア夜話』(スティーヴンスン、共訳)、『木曜日だった男 一つの悪夢』(チェスタトン)、『白魔』(マッケン)、『天来の美酒/消えちゃった』(コッパード)、『秘書綺譚』(ブラックウッド)、『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』(オブライエン)、『エリア随筆』(ラム)など。
タイムマシン
タイムマシン

ウェルズ

池 央耿 訳

怪談
怪談

ラフカディオ・ハーン

南條竹則 訳

カンタヴィルの幽霊/スフィンクス
カンタヴィルの幽霊/スフィンクス

ワイルド

南條竹則 訳

不思議屋/ダイヤモンドのレンズ
不思議屋/ダイヤモンドのレンズ

オブライエン

南條竹則 訳

人間和声
人間和声

ブラックウッド

南條竹則 訳

白魔
白魔

マッケン

南條竹則 訳

秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集
秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集

ブラックウッド

南條竹則 訳

天来の美酒/消えちゃった
天来の美酒/消えちゃった

コッパード

南條竹則 訳

木曜日だった男 一つの悪夢
木曜日だった男 一つの悪夢

チェスタトン

南條竹則 訳

新アラビア夜話
新アラビア夜話

スティーヴンスン

南條竹則 訳
坂本あおい 訳