今月の新刊

賢者ナータン

レッシング  /  丘沢静也 訳  
  • 定価(本体960 円+税)
  • ISBN:75434-1
  • 発売日:2020.11.10

存在と時間8

ハイデガー  /  中山 元 訳  
  • 定価(本体1,240 円+税)
  • ISBN:75435-8
  • 発売日:2020.11.10

イベントのお知らせ

短編フェス

全国書店で「短編フェス」開催中!

『文学こそ最高の教養である』駒井稔+「光文社古典新訳文庫」編集部編著

光文社新書『文学こそ最高の教養である』
(駒井稔+「光文社古典新訳文庫」編集部編著)
発売中!

光文社新書『文学こそ最高の教養である』
出版記念Zoom講演会 アーカイブ映像
『「愛読書は古典です」と言える人になる…!』
〈ゲスト〉野崎歓さん×〈著者〉駒井稔
YouTube 紀伊國屋書店チャンネル
(2020年8月21日収録)

コラム/インタビュー

吉岡芳子さん

字幕マジックの女たち
映像×多言語×翻訳 吉岡芳子さん〈イタリア語〉
Episodio1 とにかく“外国へ行きたい!”が子どもの頃の望みだった
2020.11.06
「"不実な美女"たち」深町眞理子さん

”不実な美女”たち──女性翻訳家の人生をたずねて Vol.3 深町眞理子さんに聞く
1回 父の転勤で転校4回、本が最高の友だちだった
2015.10.01

〈あとがきのあとがき〉
「ああ、あの守銭奴の話」という思い込みから解放されるために
『サイラス・マーナー』の訳者・小尾芙佐さんに聞く
2020.2.17

 

 

〈あとがきのあとがき〉
わたしは自由に死ぬ!人生は自分で決める女と真面目青年の恋
『カルメン/タマンゴ』の訳者・工藤庸子さんに聞く
2019.10.25
『大尉の娘』プーシキン/坂庭淳史訳

〈あとがきのあとがき〉
17歳の「僕」を大人にした愛と名誉を貫く大冒険
『大尉の娘』訳者・坂庭淳史さんに聞く
2019.06.06