『宝石/遺産 モーパッサン傑作選』(モーパッサン/太田浩一 訳) - 光文社古典新訳文庫

ホーム > 刊行本リスト>宝石/遺産 モーパッサン傑作選

宝石/遺産 モーパッサン傑作選

宝石/遺産 モーパッサン傑作選

  • モーパッサン/太田浩一 訳
  • 定価(本体960円+税)
  • ISBN:75389-4
  • 発売日:2018.11.8

夫は妻の秘密を知らない。
絶頂期の筆が冴える傑作6篇!

作品

やりくり上手の妻に先立たれ、失意の日々を過ごしていたランタン氏。妻が遺したイミテーションの宝石類を店に持って行ったところ、じつは......(「宝石」)。叔母の莫大な遺産相続の条件である子どもになかなか恵まれず焦る親子と夫婦を描く「遺産」など6篇を収録。魅力再発見の第2弾。


物語

『脂肪の塊』の成功、『女の一生』の驚異的な売れ行きと絶頂期にあったモーパッサン。今回の中短篇集は、夫婦のあいだに横たわる不気味な深淵、下級役人の虚栄心と金銭にたいする執着、女性の無節操、ブルジョワの偽善など、モーパッサン好みのテーマが盛り込まれた、いずれも力作と呼ぶにふさわしいものと言える。(訳者)

収録作品
  • 宝石
  • 遺産
  • 車中にて
  • 難破船
  • パラン氏
  • 悪魔
解説

太田浩一

ギィ・ド・モーパッサン Guy de Maupassant
[1850−1893] 1850年ノルマンディ生まれ。パリ大学在学中に普仏戦争に遊撃隊員として従軍。職場での苛烈な体験が、のちの厭世的な作風に大きな影響を与えたといわれる。その後海軍省に勤務。母の紹介でフローベールと知り合い、作品指導を受ける。30歳の時に発表した「脂肪の塊」が絶賛され、作家専業となり、33歳の時に発表した本作はベストセラーになった。旺盛な著作活動を続けたが、神経系の発作に襲われ、苦痛から逃れるために薬物に溺れた末、自殺未遂事件を起こしパリの精神病院にて死去。主要な作品に『ベラミ』『ピエールとジャン』など。また300を超える短篇を残した。その作品群は日本の近代文学者たちに大きな影響を与えた。
[訳者]太田浩一 Kouichi Ota
フランス文学翻訳家。中央大学兼任講師。訳書に『感情教育』『三つの物語』(ともにフローベール)、『モーパッサン傑作選』『ロックの娘』(ともにモーパッサン)『ルルージュ事件』(ガボリオ)、『ミステリ文学』(ヴァノンシニ)などがある。

《関連刊行本》
『脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選』(モーパッサン/太田浩一 訳)
『感情教育(下)』(フローベール/太田浩一 訳)
『感情教育(上)』(フローベール/太田浩一 訳)
『宝石/遺産 モーパッサン傑作選』(モーパッサン/太田浩一 訳)
『女の一生』(モーパッサン/永田千奈 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト