人生は生きるに値するのか?

女の一生

女の一生

モーパッサン    
永田千奈  訳   

モーパッサン文学の真髄、待望の新訳!

作品

モーパッサンは感情移入を抑え、「見る」ことと「伝える」ことに徹しようとした。現実を美化せず、ありのままの自然な状態を見たとおりに描くことで自然主義文学の真髄ともいえる作品を創りだしたのだ。


内容

男爵家の一人娘に生まれ何不自由なく育ったジャンヌ。彼女にとって、夢が次々と実現していくのが人生であるはずだった。しかし現実はジャンヌを翻弄し続ける。乳姉妹(ちきょうだい)だった女中のロザリが妊娠し、その相手が自分の夫であることを知った時、彼女は過酷な現実を生き始めた----。


ギィ・ド・モーパッサン    Guy de Maupassant
[ 1850 - 1893 ]    1850年ノルマンディ生まれ。パリ大学在学中に普仏戦争に遊撃隊員として従軍。職場での苛烈な体験が、のちの厭世的な作風に大きな影響を与えたといわれる。その後海軍省に勤務。母の紹介でフローベールと知り合い、作品指導を受ける。30歳の時に発表した「脂肪の塊」が絶賛され、作家専業となり、33歳の時に発表した本作はベストセラーになった。旺盛な著作活動を続けたが、神経系の発作に襲われ、苦痛から逃れるために薬物に溺れた末、自殺未遂事件を起こしパリの精神病院にて死去。主要な作品に『ベラミ』『ピエールとジャン』など。また300を超える短篇を残した。その作品群は日本の近代文学者たちに大きな影響を与えた。
[訳者] 永田千奈    Nagata China
東京生まれ。翻訳家。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒。主な訳書に『海に住む少女』『ひとさらい』(シュペルヴィエル)、『女の一生』(モーパッサン)、『孤独な散歩者の夢想』(ルソー)、『ある父親』(シビル・ラカン)、『それでも私は腐敗と闘う』(イングリッド・ベタンクール)、『サーカスの犬』(リュドヴィック・ルーボディ)、『印象派のミューズ』(ドミニク・ボナ)などがある。
宝石/遺産 モーパッサン傑作選
宝石/遺産 モーパッサン傑作選

モーパッサン

太田浩一 訳

椿姫
椿姫

デュマ・フィス

永田千奈 訳

クレーヴの奥方
クレーヴの奥方

ラファイエット夫人

永田千奈 訳

ひとさらい
ひとさらい

シュペルヴィエル

永田千奈 訳

孤独な散歩者の夢想
孤独な散歩者の夢想

ルソー

永田千奈 訳

海に住む少女
海に住む少女

シュペルヴィエル

永田千奈 訳