『天使の蝶』(プリーモ・レーヴィ/関口英子 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > 天使の蝶

天使の蝶

天使の蝶

  • プリーモ・レーヴィ/関口英子 訳
  • 定価(本体880円+税)
  • ISBN:75166-1
  • 発売日:2008.9.9
  • 電子書籍あり

廃墟で見た美しい悪夢 化学、マシン、そして人間の神秘をつづった珠玉の15編

作品

アウシュヴィッツ体験を核に問題作を書き続け、ついに自死に至った作家の、「本当に描きたかったもうひとつの世界」。傑作「ケンタウロス論」をはじめ「転換剤」「完全雇用」など、奇怪で優しい短編集!


内容

「先史時代の鳥類」のような奇怪な骨を見つけたのは、廃墟と化した大戦後のベルリンのアパートの一室......。表題作「天使の蝶」には、化学者でもあったプリーモ・レーヴィの世界観が凝縮されている。人間の夢と悪夢が交錯する、本邦初訳を多数収録した傑作短編集。


収録作品
  • ビテュニアの検閲制度
  • 記憶喚起剤(ムネマゴギー)
  • 詩歌作成機
  • 天使の蝶
  • 《猛成苔(クラドニア・ラピダ)》
  • 低コストの秩序
  • 人間の友
  • 《ミメーシン》の使用例
  • 転換剤(ヴェルサミン)
  • 眠れる冷蔵庫の美女
     --冬の物語--
  • 美の尺度
  • ケンタウロス論
  • 完全雇用
  • 創世記 第六日
  • 退職扱い
プリーモ・レーヴィ
[1919-1987] イタリアの化学者・作家。トリノのユダヤ系の家庭に生まれる。1943年、ドイツ軍のトリノ占領に伴い、レジスタンスに参加するが、捕らえられアウシュヴィッツ強制収容所に送られる。1945年、ソ連軍により解放され、奇跡の生還を果たす。帰国後、化学塗料工場に勤めながら、自らの体験を書いた『アウシュヴィッツは終わらない』を刊行し、高い評価を得る。その後、独特の視座で現代社会や人間を諷刺した幻想小説なども発表。1979年には、『星型レンチ』でストレーガ賞を受賞する。ほかに代表作は、『休戦』、『溺れるものと救われるもの』など。
[訳者]関口英子
埼玉県生まれ。旧大阪外国語大学イタリア語学科卒業。翻訳家。児童書から映画字幕までイタリア語の翻訳を幅広く手掛ける。主な訳書に『マルコとミルコの悪魔なんかこわくない!』『猫とともに去りぬ』(以上、ロダーリ)、『神を見た犬』(ブッツァーティ)、『イタリアの外国人労働者』(フォルトゥナート他)など。
《関連刊行本》
『薔薇とハナムグリ シュルレアリスム・風刺短篇集』(モラヴィア/関口英子 訳)
『羊飼いの指輪 ファンタジーの練習帳』(ロダーリ/関口英子 訳)
『神を見た犬』(ブッツァーティ/関口英子 訳)
『猫とともに去りぬ』(ロダーリ/関口英子 訳)
『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』(ピランデッロ/関口英子 訳)
『天使の蝶』(プリーモ・レーヴィ/関口英子 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト