ワニをはおった夫人、タコの言い分......
モラヴィアって、 こんなに面白かったんだ!

薔薇とハナムグリ シュルレアリスム・風刺短篇集

薔薇とハナムグリ シュルレアリスム・風刺短篇集

モラヴィア    
関口英子  訳   

本邦初訳多数を含む全15篇

作品

部屋に木は生えるわ、ワニをはおった婦人はしゃしゃり出るわ、ヘンな匂いのする病気がはびこり、タコにも言い分があるらしいし、制服?はシマモヨウが流行る気配、そして披露宴からは誰もいなくなった......。
ぶっとんだ悪夢が、あなたを根底から笑わせる。でも、これは本当に夢か?


内容

官能的な寓話「薔薇とハナムグリ」、眠り続けるモグラの怪物の夢に操られる島民の混乱を描く「夢に生きる島」。ほかに「部屋に生えた木」「ワニ」「疫病」「蛸の言い分」など、シュールで風刺のきいた世界が堪能できる20世紀を代表する作家モラヴィアの傑作短篇15作。「読まねば恥辱」級の面白さ!


解説

堤 康徳(イタリア文学者)


目次
  • 1 部屋に生えた木
  • 2 怠け者の夢
  • 3 薔薇とハナムグリ
  • 4 パパーロ
  • 5 清麗閣
  • 6 夢に生きる島
  • 7 ワニ
  • 8 疫病
  • 9 いまわのきわ
  • 10 ショーウィンドウのなかの幸せ
  • 11 二つの宝
  • 12 蛸の言い分
  • 13 春物ラインナップ
  • 14 月の〝特派員〟による初の地球からのリポート
  • 15 記念碑
アルベルト・モラヴィア    Alberto Moravia
[ 1907 - 1990 ]    イタリアの作家。ローマ生まれ。9歳で患った脊椎カリエスで自宅とサナトリウムで長い療養生活を送る。療養所を出て執筆を始めた処女作『無関心な人びと』(1929刊)が大きな話題となり、以後、多くの長短篇小説のほか、評論、戯曲、旅行記など多岐にわたるジャンルで精力的に執筆活動を行った。またイタリア共産党から欧州議会に立候補して当選するなど、積極的に社会参加を行った。主な著書に長篇『無関心な人びと』『軽蔑』『倦怠』がある。
[訳者] 関口英子    Sekiguchi Eiko
埼玉県生まれ。旧大阪外国語大学イタリア語学科卒業。翻訳家。児童書から映画字幕までイタリア語の翻訳を幅広く手掛ける。主な訳書に『マルコとミルコの悪魔なんかこわくない!』『猫とともに去りぬ』(ジャンニ・ロダーリ)、『神を見た犬』(ブッツァーティ)、『天使の蝶』(プリーモ・レーヴィ)、『羊飼いの指輪 ファンタジーの練習帳』(ロダーリ)、『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』(ピランデッロ)、『霧に消えた約束』(ジュゼッペ・ペデリアーリ)、『きっと天使だよ』(ミーノ・ミラーニ)、『イタリアの外国人労働者』(フォルトゥナート、メスナーニ)などがある。
羊飼いの指輪 ファンタジーの練習帳
羊飼いの指輪 ファンタジーの練習帳

ロダーリ

関口英子 訳

天使の蝶
天使の蝶

プリーモ・レーヴィ

関口英子 訳

神を見た犬
神を見た犬

ブッツァーティ

関口英子 訳

猫とともに去りぬ
猫とともに去りぬ

ロダーリ

関口英子 訳