『ジーキル博士とハイド氏』(スティーヴンスン/村上博基 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > ジーキル博士とハイド氏

ジーキル博士とハイド氏

ジーキル博士とハイド氏

  • スティーヴンスン/村上博基 訳
  • 定価(本体533円+税)
  • ISBN:75195-1
  • 発売日:2009.11.10
  • 電子書籍あり

山崎ナオコーラ氏推薦!「なぜ、悪には快楽が添えられているのか? 人間は、最終的にハイド氏を選ぶことを運命づけられているのかもしれない......」

作品

高潔温厚な紳士と、邪悪な冷血漢。善と悪に分離する人間の二面性を追求した怪奇小説の傑作といわれる本作は、同時に「悪になることの心の解放」をも描いた画期的心理小説だった。待望の新訳!


内容

街中で少女を踏みつけ、平然としている凶悪な男ハイド。彼は高潔な紳士として名高いジーキル博士の家に出入りするようになった。二人にどんな関係が? 弁護士アタスンは好奇心から調査を開始するが、そんな折、ついにハイドによる殺人事件が引き起こされる!


ロバート・ルイス・スティーヴンスン
[1850−1894] イギリスの詩人・小説家・随筆家。エディンバラに生まれ、病弱の身ながら、ヨーロッパ、アメリカ西部、南太平洋の島々を渡り歩き、サモア島で没。冒険小説『宝島』や、二重人格小説『ジーキル博士とハイド氏』で大評判を博した。ほかにも歴史ロマン『バラントレーの若殿』や、詩集『子供の詩の園』など。
[訳者]村上博基
1936年生まれ。東京外国語大学独語科卒。英米文学翻訳家。訳書に『スマイリーと仲間たち』(ル・カレ)、『女王陛下のユリシーズ号』(マクリーン)、『瞬きよりも速く』(ブラッドベリ、共訳)、『レインボー・シックス』(クランシー)、『勇魚(いさな)』(ニコル)『宝島』(スティーヴンスン)ほか多数。
《関連刊行本》
『新アラビア夜話』(スティーヴンスン/南條竹則・坂本あおい 訳)
『宝島』(スティーヴンスン/村上博基 訳)
『ジーキル博士とハイド氏』(スティーヴンスン/村上博基 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト