グリニッジ天文台を爆破せよ!

シークレット・エージェント

シークレット・エージェント

コンラッド    
高橋和久  訳   
一つの誤算から事件は思わぬ方向に……
サスペンスフルな展開のコンラッドの傑作。
作品
『闇の奥』が西欧の理性的人間の終末を予告する「現代の黙示録」なら、『シークレット・エージェント』は現代という「テロの時代」の予言書として、特に英米の研究者及びメディアの関心を惹きつけ、早くも「テロリズムの古典」とさえ呼ばれるほどになった。 (解説より)
物語
ロンドンの片隅で雑貨店を営むヴァーロックは、某国大使館に長年雇われたシークレット・エージェントである。彼はその怠惰を雇い主に咎められ、グリニッジ天文台の爆破事件を起こすよう命じられるのだが……陰鬱な社会とアナキストたちをめぐる人間模様を皮肉な筆致で描いた小説。
目次
シークレット・エージェント ある単純な物語
作者のノート
 解説 山本 薫
 年譜
 訳者あとがき
ジョセフ・コンラッド    Joseph Conrad
[ 1857 - 1924 ]    ロシア占領下のポーランドで没落貴族の家に生まれる。父が独立運動に関与したため一家は流刑、両親を早くに亡くす。16歳で船乗りをめざし、仏英の商船で世界各地を航海する。このときの見聞が、後の創作活動に大きな影響を及ぼす。ポーランド語、フランス語を操り、小説は英語で書いた。1886年イギリスに帰化。1895年『オルメイヤーの阿房宮』で文壇にデビュー。他の代表作に、『シークレット・エージェント』『ロード・ジム』など。晩年は痛風と鬱病に悩まされた。1924年、ナイト爵叙勲を辞退。同年、心臓発作のため自宅にて死去。
[訳者] 高橋和久    Takahashi Kazuhisa
1950年生まれ。立正大学教授、フェリス女学院大学客員教授、東京大学名誉教授。著書に『エトリックの羊飼い、或いは、羊飼いのレトリック』、共編著に『一九世紀 「英国」小説の展開』、『ラドヤード・キプリング作品と批評』、主な訳書に『一九八四年』(オーウェル)、『悪の誘惑』(ホッグ)、 『果てしなき旅』(フォースター)など。
闇の奥
闇の奥

コンラッド

黒原敏行 訳