水の精が「いまの言葉」で生き生きと語りだす

オンディーヌ

オンディーヌ

ジロドゥ    
二木麻里  訳   

躍動感に満ちた20世紀フランス演劇の頂点


作品

観客は、笑っているうちに、ぬきさしならないところへ連れていかれる。「真実という恐怖」をくるんでいた冗談の衣が、最後にざっと落ちたときの衝撃が、大詰めでは待ち受けているのである。


物語

森のなかの湖畔近くで暮らす漁師の養女オンディーヌ。ある日、騎士ハンスと出会い、恋に落ちる。ハンスも美しい彼女に魅かれ、ともに城での生活を始める。ただ、彼女は人間ではなく、水の精だった----。「究極の愛」を描いたジロドゥ演劇の最高作。


ジャン・ジロドゥ    Jean Giraudoux
[ 1882 - 1944 ]    フランスの作家。エリート校の高等師範学校を卒業したが、大学教授資格試験に落第して外務省に転じる。22歳のときに短編小説を発表し、以後外交官として勤務しながら地味な創作活動をつつけた。45歳で最初の戯曲を手がけて大成功をおさめ、『オンディーヌ』を含む一連の戯曲を通して国民的作家になる。他の作品に『トロイ戦争は起こらない』など。
[訳者] 二木麻里    Futaki Mari
上智大学外国語学部フランス語学科卒、東京大学大学院学際情報学府博士課程在。和光大学芸術学科非常勤講師。翻訳家。訳書に『死を生きながら イスラエル 1993-2003』(グロスマン)、『ポパーとウィトゲンシュタインとのあいだで交わされた世上名高い一〇分間の大激論の謎』(エドモンズ&エーディナウ)、『オンディーヌ』(ジロドゥ)など多数。
夜間飛行
夜間飛行

サン=テグジュペリ

二木麻里 訳