2011.12.19

光文社古典新訳文庫感想文コンクール2011の入賞者決定!

第4回を迎えた光文社古典新訳文庫感想文コンクール。今年も860通を上回るご応募をいただきました。第1回では中学生だった方が、高校生になった今年まで毎年応募してくださったりと、すっかり定着した感があり、主催者として大変うれしく思います。

厳正な1次審査、2次審査を通過したのは各部門10作品(大学生・一般部門は8作品)。11月15日に光文社で開催された最終審査で、5名の審査員が、議論を重ねて選考いたしました。文章、内容ともに素晴らしいと評価が一致した作品、新たな文学の読み方を模索するような作品、古典に対する思いに満ちた作品......。2時間にわたる討議の末、各部門で「最優秀賞」「優秀賞」「審査員特別賞」が選ばれました。さらに今年は「光文文化財団特別賞」を新設。毎年レベルの高い作品を送ってくださった高校生に贈られました。 12月18日発行の「朝日中学生ウィークリー」で受賞者の一覧と中学生部門最優秀賞が発表されています。古典新訳文庫ウェブサイトでは入賞全作品をご覧いただけますので、ぜひ力作揃いの作品をご一読ください。

■ 光文社古典新訳文庫感想文コンクールウェブサイト>>

中学生部門

最優秀賞 「愛のある黒くとも美しい物語」/対象図書:『リア王』 早田佳央(東京都/大妻中学校3年) 優秀賞 「『車輪の下で』が伝えること」/対象図書:『車輪の下で』 池田直(東京都/東京大学教育学部附属中等教育学校3年) 審査員特別賞 「『飛ぶ教室』とハリー・ポッター」/対象図書:『飛ぶ教室』 原雛子(東京都/東京学芸大学附属国際中等教育学校1年) 審査員特別賞 「ハンスが教えてくれたこと」/対象図書:『車輪の下で』 下斗米志織(東京都/東京学芸大学附属国際中等教育学校1年)
高校生部門

最優秀賞 「フランケンシュタインの過ち」/対象図書:『フランケンシュタイン』 押見まり(兵庫県/小林聖心女子学院高等学校2年) 優秀賞 「『故郷』を読んで」/対象図書:『故郷/阿Q正伝』 祖父江千穂(福岡県/中村学園女子高等学校1年) 審査員特別賞 「『マクベス』を読んで」/対象図書:『マクベス』 松岡竜多(広島県/AICJ高等学校2年) 光文文化財団特別賞 「創造者の資質」/対象図書:『フランケンシュタイン』 楠真理子(兵庫県/小林聖心女子学院高等学校3年)
大学生・一般部門

最優秀賞 「すべてが壊れたあとに」/対象図書:『リア王』 両角道代 優秀賞 「F.Scott Fitzgeraldの目」/対象図書:『グレート・ギャッツビー』 中橋香織 審査員特別賞 「コンラッド『闇の奥』を読んで」/対象図書:『闇の奥』 井戸芳之
学校協力賞

中学の部 東京大学教育学部附属中等教育学校/横浜共立学園中学校/大妻中学校/香川大学教育学部附属高松中学校/筑波大学附属中学校/埼玉大学教育学部附属中学校/札幌市立山鼻中学校 高校の部 中村学園女子高等学校/AICJ高等学校/多治見西高等学校
審査員
(財)文字・活字文化推進機構調査研究委員、日本教育大学院大学客員教授 北川達夫 東京大学教授 沼野充義 出版文化産業振興財団理事長 肥田美代子 光文文化財団常務理事 古谷俊勝 光文社文芸局長 駒井稔