寺尾隆吉 Terao Ryukichi

1971年生まれ。フェリス女学院大学教授。ラテンアメリカ文学研究者、翻訳家。著書に『ラテンアメリカ文学入門』『魔術的リアリズム』、訳書に『対岸』『八面体』(コルタサル)、『水を得た魚』『嘘から出たまこと』(バルガス・ジョサ)『ガラスの国境』(フエンテス)ほか多数。